みんなのインタビュー注目の記事

投資信託を2万円からスタート!気長に待って10%の儲けが出ました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資信託ってなんだか難しいイメージがありますよね。今回は投資を2万円から始めた方にインタビューしています。最近ニュースで話題になった「NISA」にも触れながら、投資信託とはどんなものなのか、注意点は何なのかなど、詳しく解説していただきました。


初心者は投資信託窓口での取引が安心

投資信託とは何ですか?

ある一定のお金を証券会社などに預けて、そのお金で証券会社の専門家が投資を行うというものです。

株式の場合は自分で決めた会社にお金を投資して株価の変動を見ていかないといけないんですけど、投資信託の場合は預けた証券会社の専門家が投資を行うので、専門的な知識や管理の必要がないという違いがあります。

5年ぐらい前に始めました。

理由は2つありまして、自分の給料が安かったので収入を上げる為に何か出来ないかなと考えていたら、投資をやってみようと思いついたことが1つです。

もう1つは、当時介護の仕事をしていたんですけど、若干介護業界に飽きてきて他の業界に行ってみたいと思った時に、自分が1番興味を持って見る事が出来るものは何だろうと思ったら、やはりお金だと思ったんです。

その為、お金を通じて他の業界を見てみようと考えたので、投資信託をやってみようかなと思いました。

私は色々な問い合わせをする時に1番行きやすい場所がいいなと思ったので、自分の家から1番近い証券会社を選びました。

今はネット上での株式や投資信託が主流だと思うんですけど、私は直接会社に行って色々相談をしながらやってみたいと思っていたので、そういう基準で決めました。

慣れてくれば自分1人でもやれるんでしょうけど、やはり怖いという気持ちが強かったです。

直接担当者と話を聞きながら一緒にやっていかないと不安ですし、自分でやって失敗するのも嫌だったので、窓口を選びました。

私にとってはよかったです。やはりネットで見ていくよりも凄く色々な提案をしてくれました。

まあ言い方を変えると色々なセールスをされたことになるんですけど、自分で金額を決めた上でやっているので、その範囲でしかやらないことを担当者に伝えて相談していました。

ですから担当者もそれに合わせて対応してくれましたので、少なくとも最初は窓口にしてよかったなと私は思いました。

最初に口座に入れたのは2万円

初めて口座に入れた金額はいくらでしたか?

凄く恥ずかしいんですけど、最初は2万円です。

株式と違ってたくさんの投資家からお金を集めて運用する形なので、少額の投資から始められます。会社によっては5000円ぐらいから始められる所もあるみたいです。

私の目的はお金を増やすことなんですけど、正直失敗してお金を失うのも嫌だったので、最初は恥をしのんで2万円から始めることにしました。

最初の1年は2万円だけで運用していたんですけれども、1年ぐらい経った時に違うことをやってみようと考えるようになったので、私の場合は慣れるのに1年ぐらいかかりました。

今は全部で50万円ぐらいです。降りる予定は、今のところ特に決めていません。

実は今まで私は1度も売った事がないんです。理由は3つあります。

勉強の為に株価の変動をもう少し見ておきたいと思っていることと、売ろうと思った時に株価が下がってしまってタイミングを逸してしまったこと、後、今私は海外在住という扱いなので口座が凍結してしまって売買出来ないことです。

そういう理由で、現在は売れない状況です。まあ今は様子を見ている状態なので、別に構わないです。

投資信託をする為に求められる事はありますか?

私は全然出来てないんですけど、やる気と専門的な知識が求められますね。

こまめに株価の変動をチェックして売り買いのタイミングをしっかり見極めていかないといけない、かなりハードルの高いものなので、上手く運用していくことは中々出来ないと思います。

それから私の周りで投資信託をやっているのは、主人以外いないんですよ。ですから友達とそういう話をする事が出来ないので、情報交換も出来ません。

専門家に任せているとはいえ、やはり投資に関する情報を仕入れることは重要だと思います。

一方で、少し放っておく気持ちも必要だと思います。

私はお金を増やしたいなという気持ちで始めたんですけど、株価は常に変動しますので一喜一憂しないでのんびり推移を見守る事も必要かなと思うようになりました。

後、これは重要な事なんですけど、投資信託に使うお金は絶対に生活費じゃないお金にしておかないとダメですね。

生活費をつぎ込むと本当に生活に支障が出てしまうので、私も最初のお金はボーナスから出しました。

ですからそういった線引きがきちんと自分で出来るかどうかが、投資信託をやる上で重要な要素になると思います。

自分が興味のある投資商品を選ぶのがポイント

投資信託を選ぶポイントは何ですか?

凄く難しいんですけど、私の選んだポイントは、自分が興味を持っている業界であること、自分が興味を持てるような商品であることが8割ぐらいを占めました。

後の2割は、窓口の担当者から薦められた商品から選びました。

投資信託には色々な商品がありまして、例えばアジアに進出している会社に投資をして運用していく商品もあれば、ヨーロッパの会社に投資をするという商品もあります。

他にも日本の自動車関連の会社に投資するという風に、商品によって色々な投資先があるんです。

ちなみに私はアジアに進出している会社に投資をする商品を選びました。

これからアジアは成長していくだろうと自分で思っていましたし、アジアの成長に関して自分の中で興味がありましたので、そこをポイントにして選びました。

そういう意味では自分が興味のあるものを選ぶというのは、やはり商品を選ぶ際の重要なポイントになると思います。

また、儲からなくても仕方がないという心構えが必要です。たとえ損をしたとしてもきっぱり諦められないとお金をつぎ込んでしまっては、かえって泥沼に陥ってしまいます。

私も最初はお金を増やしたいと思って始めたんですけど、現実はそんなに甘いものではなく、凄く損している所もあります。

けど、まあそれでもいいかなと思った方が気が楽ですし、そういう心構えでいないと長く続かないと思います。

今は結果的にプラスになっているんですけど、やはり凄く損していた時期もありますので、あまり神経質にならない方がいいのかなという風に思いました。

特にトラブルというものは今のところなかったです。

ただ、投資信託に直接関係があるのかどうかは分からないんですけど、自分が引越しをすると転居先の支店に変更するように証券会社から言われるんです。その手続きが若干面倒なのが困りましたね。

投資信託は気長に構えた方がいい

大体何年のスパンで取引をされているんですか?

私は自分の商品を完全に理解し切れていないので、よく分からないんです。証券会社からは「売りたい時に売っていいですよ」と言われているので、定期預金みたいに満期が来るという訳ではないです。

例えば銀行の定期であれば1年定期とか10年定期とかありますけど、投資信託はそういうものがないので、極端な話、今買った商品をその日のうちに売ることも可能です。

私は正直勉強不足なのであまりよく違いが分からないんですけど、私達お金を預ける側、いわゆる投資家がどういうスタイルで取引をしていくかという考え方の違いで変わってくると思います。

1日で買った商品を売買して利益を上げる人もいますし、何十年も保有して株価の変動を見極める人もいますから、後はその人のスタイル次第という事になります。

私の場合は、今のところどっちつかずで、強いて言えば中期ということになるのかもしれません。

まだ売った事がないので何ともいえないのですが、お話を聞いていると、1年とか2年ぐらいで売っている人が多いみたいです。

窓口で聞いた話では、株式の場合は株価の変動が激しいので短期で売った方がいいみたいですけど、投資信託の場合は結果が出るまでに少し時間がかかるので、割と長い期間様子をうかがった方がいいという事でした。

後は年に数回配当金が入ってきます。会社が自分のお金を投資に運用している訳ですけど、それによって利益が出た場合、配当という形で少しお金が入ってくるんです。

当然ですけど、商品を保有している期間や回数で金額が変わってくると思います。

ファイナンシャルプランナーの無料セミナーも受講しました

投資信託を始める上で必要な勉強などはありますか?

私はどこで買えるのかということを勉強しました。最初、投資信託をやろうと思った時に、これってどこで買えるんだろうと疑問に思ったんですよ。本当にそこから分からなかったので、本屋で投資信託に関する本を読んだりしました。

後は証券会社が主催する無料のセミナーにも出席しました。「女性の為のマネー活用術」という触れ込みのセミナーが今でも盛んに行なわれていると思うんですけど、私もそういったセミナーに行ったことがありました。

ファイナンシャルプランナーの女の人の話を1時間半ぐらい聞いたんですけど、「女の人がこれから生きていく為にお金をどういう風に活用したらいいのか」というテーマで、株式や各種預金、投資信託の説明とその違いについてお話しされていました。

そうやって私は投資信託の基礎知識を得て、どこで買えばいいのかを知ることができました。

凄くびっくりしたのが、セミナーの開始が平日の夜7時半からだったのですが、会場は100人ぐらいの女性でいっぱいになったんです。

年齢層的には私と同年代ぐらいの人が多かったんですけど、正直皆凄い関心が高いんだなと思いました。

株とか投資信託って何となくおじさんがやっているイメージが私には凄くあったんですけど、こんなにやっている人がいるんだなというのは、凄く衝撃的でした。

皆さんブランドのバッグとかスーツに身を固めて凄くおしゃれでいかにもキャリアウーマンという感じでしたけど、必死にメモを取ったりして話に耳を傾けていましたね。

そんな光景を目の当たりにして、私も肩を押されて、やってみようと思いました。

そして証券会社に行ったんですけど、ここでも窓口に出て来たのは私と同年代ぐらいの女の人だったんですよ。

正直おじさんが出てくると思っていたのでこれもびっくりしましたし、詳しく説明してくれて丁寧に対応してもらったので、凄く身近なものの様に感じました。

私が女性だからかもしれませんけど、どこの支店に行っても窓口は女性でした。そういう中で私が思ったのは、本を読んで勉強するよりも人から話を聞いた方が、よりリアルで分かりやすいという事でした。

今は無料のセミナーもたくさん開催されているので、もし今から投資信託を始めるのであれば、勇気を持って参加された方が分かりやすいと思います。私は凄くよかったです。

投資信託で世界の情勢が見える

投資信託で楽しいと思えることは何ですか?

これは基本なんですけど、自分が買った商品の株価が上がった時ですね。やはり価格が上がるとテンションが上がりますね。

株価のチェックは、私は1番細かくやっていた時でも1ヵ月に1回ぐらいでした。

今は3つの商品を持っていますが、4ヶ月に1回、会社が自分のお金をどのように使ったのかを示す運用実績報告書という書類が送られて来るので、それをチェックするぐらいですね。

その書類は細かいことがたくさん書いてあるので非常にややこしいんですけど、私は価格がどうなったのかというところしか見ていません。

今は、商品によっては半分ぐらいに減っているものもあるので、全部合わせて10%ぐらいのプラスですね。金額的には50万円預けているので、配当金も含めて5万円ぐらいは儲けていると思います。

実は窓口で「日本の会社だから大丈夫」と言われて買った商品が半分ぐらいになって「どういう事?」と思ったりしました。

これなら銀行に預けた方がよかったなと思いましたけど、まあそれも勉強だと思って気にしていません。

それに2万円で買った商品なので1万円の損しかしておらず、そんなに大きな損害にはなっていません。

これとは別に金額の大きいものを持っていまして、それがプラスになっているので、総合的にプラス10%となっています。

1つの銘柄では、50万円かけて6万円ぐらいの収支が出たことがあります。ただ書面上での収支だったので、結局損失でトントンになってしまいました。

損失は、全体的に見たら先ほどの1万円ぐらいですね。

投資信託を始めてよかった事、いまいちだなと思う事はありますか?

世の中の事に関心を持つようになりました。株価の変動は経済の状況や世間の情勢によって左右されます。

今まで他人事だと思っていた事が自分に関係してくるようになったので、以前よりも関心を持って見られるようになったのはよかったかなと思います。

単純に利益が出ているのでそれはよかったなと思いますし、始める前は遠い存在だった投資信託が実際に始めてみると「ああ、こんな感じなんだ」という事が分かったので、凄く面白くなったなと思います。

たまに芸能人がバラエティ番組などで投資の話をしているんですけど、そういう事も凄く身近な事として見られるようになって、楽しくなりましたね。

いまいちなのは、お金を損した時に悔しくなったり、腹がたったりする事と、たまに証券会社で話を聞きに行くとやはりおじさんが多いんですよ。

先日久しぶりに証券会社のセミナーに行ったんですけど、女性は2人しかいませんでした。

しかも多くの人は定年退職して退職金をどうやって運用しようかという人たちばかりだったので、そういう所で疎外感を感じる事があるのがいまいちですね。

やはりもうちょっと自分と同年代の人と話が出来る環境が作れると面白いだろうなと思います。

自分が働くのではなく、お金に働いてもらう

投資信託で注意するポイントはありますか?

先ほどもお話しましたけど、生活費で運用するのは止めた方がいいです。基本的に投資信託は儲かるとは限りません。むしろ損する事が多いと思います。

私の場合は2万円が半分になって1万円の損で済みましたが、これがもし10倍、100倍の金額ならかなり大きな損失になってしまいます。

要するに金額が大きければ大きいほどダメージも大きくなります。

ですから生活費やローンを組んでまで運用するのは極めて危険です。あくまでもなくなってもいい余剰金でやるようにしないとダメだと思います。

ちなみに今私は50万円運用しているんですけど、これは毎月引き落としで一定の金額が口座から引き落としされるようにしたからです。

私が昇進して給料が上がった時に、預金するぐらいなら少し投資信託の方で貯めようと思って、上がった分を回す事にしたんです。

ですから別に生活に困るような事はありませんし、結果的に2年ぐらい運用を続けた結果50万円になっただけです。ギャンブルのように1発当てようと思ってやるものではないなと私は思います。

興味があっても自分にはハードルが高いと思っている人も多いと思いますけど、自分の勉強として始めてみるのもいいと思います。

ある本の中に「自分が働くのではなく、お金に働いてもらう」という言葉があって、自分が一生懸命稼いだお金にも頑張ってもらおうという考え方をその本で学んだんです。

それで収入を少しでも上げたいと思って投資信託を始めたという面もあります。

今年からは「NISA」というより手軽に投資信託を始められるシステムも始まりました。

色々な所で無料のセミナーをやっていたり、本もたくさん出ているので、少しでも興味があれば勇気をもって飛び込んでみるのもいいかと思います。

私はお金がたくさんあるからではなく、少しでもお金を増やしたいと思って始めているので、お金がなきゃ出来ないという考えではなく、少しでもお金を有効に活用してみようという考えで始めてみるのもいいと思います。

そうするとお金の価値も分かるし、世の中の動きも分かるようになりますので、そういう意味でもより幅広く関心を持てるようになります。

経済関係のニュースや番組を見るようになりますし、情報も集めるようになっていくと思います。それが自分を高めていく事にも繋がると思います。

確かに損をすると腹が立ったりしますけど、最初は少ない金額でも構わないので、投資信託を始めてみるのもいいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

住宅ローンについて地銀の担当者に聞きました

夢のマイホームを建てるためには、ほとんどの方が住宅ローンを必要としています。しかしいざ組むとなるとこれがけっこう難しい。...

遺産相続について税理士へインタビュー

相続税の大増税が決まった中、相続への注目度が高まっています。親族での相続トラブルを避けるにはどうする?遺言書の必要性と手...

元先物取引業者がFXデビューした結果

先物取引を取り扱っていた証券会社の元スタッフが行っているFX投資のインタビューです。なぜ株や先物ではなくFXをおすすめす...

電気屋さんが教える電気の節電対策

大震災をキッカケとして日々、当たり前のように使っていた電気について、誰もが色々と見直さないといけなくなりました。今より少...

投資信託を2万円からスタート!気長に待って10%の儲けが出ました

投資信託ってなんだか難しいイメージがありますよね。今回は投資を2万円から始めた方にインタビューしています。最近ニュースで...

お金カテゴリ 最新記事

ID2153

自己破産をした元会社経営者へインタビュー

会社を経営していた時、ヤクザがらみのトラブルで1000万円の借金を背負わされました。会社を閉める際に個人としても自己破産す…
ID847

友達にお金を250万円貸して返済が無くて辛いというお話

お友達に最終的には250万円ほどお金を貸してしまった方のお話です。借用書も無く、お友達が自己破産をしてしまったうえ、家庭の…
ID1169

割安商品を見極めて100円ショップを上手に活用

最近の100円ショップは、以前に比べて品質が上がり品数も増えてきました。お得な商品もあれば、スーパーなどでもっと安く売られ…
ID1168

使い捨てペーパーを安く使い分ける方法

タオルの雑菌が気になり、使い捨てペーパーを使っていた方にインタビューしました。ティッシュ・キッチンペーパー・トイレット…
ID1111

郵便局のゆうぱっくとゆうちょをお得に利用

郵便局のお得な利用方法は意外と知られていないと思います。そこで今回は郵便局をよく利用されている方にインタビューを行いま…