みんなのインタビュー注目の記事

元先物取引業者がFXデビューした結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先物取引を取り扱っていた証券会社の元スタッフが行っているFX投資のインタビューです。なぜ株や先物ではなくFXをおすすめするのか?証券会社時代に見た勝つ人、負ける人、そして勝ち続ける人たちの共通点とは?おすすめのトレードスタイルや考え方についても色々とお伺いしました。


レバレッジが効いて取引量があるFX!株は殆どやっていません!

投資をはじめたきっかけを教えて頂けますか?

仕事が投資関係で先物を扱っていたので、自然と自分でもやるようになって馴染めてしまいました。

自分では先物はもちろんFX、株式など色々やりますね。今、その中でも特に力を入れているのはFXです。

理由は取引量のボリュームがあるからですね。レバレッジが効いて取引量があるといえばFXが一番です。

株は資金的な問題や、レバレッジが効かない部分がありますから今はあまりやってませんね。信用取引をやれば良いのかもしれませんが、それにはある程度資金が必要になってきます。

自分が今どれ位の資金を目標に運用していくのかを考え、それなりの資金を投入してそれなりの利益を上げるのであれば、レバレッジの効くもので利益を上げていった方がいいんですね。

先物や株は怖いというイメージを持たれている方が多いですが、実際のところどうなのでしょうか?

株も先物もFXも同じです。怖いというイメージから入ってしまって、取引の内容がわかっていないのではないでしょうか。

世間的には先物が一番怖いイメージでしょうけど、よほどFXの方が怖いですね。

先物の場合、戦後に誕生して先物会社が発展したんですが、取引所はちゃんとあっても証券会社の次の位置で、グレーな部分の取引をしてました。

その点FXはIT関連の人達がみんな食いついてきて流行らせたのでイメージがクリーンですよね。業界・業種・会社などの戦略的な部分が上手だったんでしょう。宣伝の方法が全然違ったんですね。

しかし、取引の仕方は証拠金取引なのでほとんど一緒です。

レバレッジの大きさで言うと今FXは25倍になりましたけれども、商品の場合だと30倍位までなので、今まで100倍、10000倍など平気で出来ていたFXの方がよっぽど怖いです。

それでもFXを選んでいる理由は、証拠金自体FXの方が安くなっているからです。

先物ですと、1万円あたり最低でも倍率10倍位のものなら2万円前後になりますが、FXは1枚1万円、2万円などで出来ますから安いですよね。

初心者がFX、先物、株などを勉強するなら業者に聞くのが一番!

FX、先物、株などを勉強する為に、初心者へお勧めの書籍などありますか?

僕は本を読んで取引をした事があまりないので、初心者の方に向けてお勧めの本は特にないですね。

取引内容でしたら業者にちゃんと聞いた方がいいです。ただし、先物でもそうですけど対面取引で聞いてしまうと業者がしつこく営業してくる事になります。

その点ネット取引でやるなら、FXにしても先物にしてもオンライントレードをやっている所に直接電話をして、「どういうような取引なのですか?」と聞くと丁寧に教えてくれますよ。最近のやり方や具体的なものも含めて生で聞けます。

あとはその業者のサイトにいけば取引の仕方が全部載っていますので、それを見るのが一番ですね。

また、よくトレーダーの方が開催しているセミナーで話を聞くのも為になりますよ。

その場に行って雰囲気を味わうだけでも良いですが、有名な経済評論家の話を聞いてどこまで自分に落とし込めるかが勝負です。聞くだけじゃ時間の無駄になってしまうので、落とし込む事が出来るのならどんな方の話を聞いても有効なんです。

投資系のブログなども数多く存在していますけど、お勧めのブログや参考になるサイトはありますか?

ロイターや日経など情報を得る為の無料サイトは見ていますが、個人の方のサイトは見ていないですね。

無料といっても反映時間が少し遅い位なので、デイトレで瞬間の動きだけを見てやるのでなければ大きな問題もないです。無料のロイターや日経でも十分ですよ。

でも、投資関連の必勝法や、こうしたら絶対に勝てるなど、インターネットで販売されている有料サイトを見ても勝てるんじゃないでしょうか。

僕は有料で買った事がないので詳しくはわからないですが、勝てた実績を商材にして売っているので、その時のタイミングで流れに合えば勝てるはずです。

投資の指標などと一緒でみんながそれを使うと曲がりますし、みんなが使っていない必勝法に相場の流れが合った時には勝てるんです。

ただし瞬間的に勝つ事は出来るでしょうが、勝ち続ける、取り続けるとなるとちょっと難しいかもしれないですね。

その必勝法がトレンドにのった必勝法なのか、それとも逆バリ系の必勝法なのか、それによってまた変わってきますしね。

サイトなどを見ていて、全く参考にならないものはありますか?

たまに見かけますが「こうやって勝った」など、勝った成功例ばかりを載せて煽っている個人のサイトは見ていてもあまり参考にならないでしょうね。

その人と同じようなモチベーションと資金量、同じ時間の投資がこれから先ずっと出来るのであれば勝てるかもしれないですが、みんな感情が違うのでそれはあんまり参考にならないです。

それよりも、少ないとは思いますが失敗例を多く載せてくれているサイトの方が参考になりますね。

みんなほとんど同じ失敗をしますから、失敗をしなければ自然と負けは排除できますので勝てる確率は高くなってくるんです。

負けない方法を洗い出していって、勝つ方法だけを残す方が有効なんですね。

最初の資金は100万円─短期に損をするのは当然!先物はドットコモディティ・FXはインヴァスト証券!

トレードを開始した時、最初の資金はいくら位からスタートされましたか?

最初は100万円からスタートしました。

不安はありませんでしたね。お客さんをずっと見ていましたから、「こうやったら負けないだろうな」と予想がつきましたしね。

負け続けなければ良いだけで、短期的に負けて損をするのはしょうがないものだと思っていました。

取引をする上で、どの業者がいいか。どの口座がいいか。それぞれ教えていただけますか?

理由は特にないのですが、先物だとドットコモディティ。FXだと今はインヴァスト証券です。

ドットコモディティは先物でネット取引量が一番だったので選びました。ボリュームがあるのが理由ですね。

インヴァスト証券の方は去年まで税制が「クリック365」だと20%だったので、「クリック365」の中で手数料の安いところといったらインヴァスト証券でした。特にこだわりはないですね。

何社も取引していると管理が大変なようにも見えますが、アプリケーションを立ち上げると全部一緒になりますからね。

一社で先物とFXと株を全部やっている所はあるのかもしれないですが、とにかく手数料の安いところが一番いいです。

「こういうシステムがあります」など、色々サービスがありますが、個人的には重要視していないですね。罫線を見る事が出来ればいいんです。

チャート画面がそれなりに安くて、手数料も安ければそれでいいんですね。

ただしお金を預ける訳ですから、資本力などを見てある程度信用がある所の方がいいですね。

トレードのスタイルなどみなさん色々あると思うのですが、どういったスタイルで取引されているのか教えていただけますでしょうか?

デイトレはあまりやらないです。主にポジショントレードになりますね。

デイトレードになるとその日のうちに決済をしますが、ポジショントレードだと何日間か保有して売り買いするだけなんです。何日間か持って決済するのが、ポジショントレードやスイングトレードといいます。

基本的には相場の流れによって取引していて、落ちあいに入った時は日計りをする事も多々あります。

売り買いを年中繰り返すと手数料ばかりが嵩んでいってしまいます。ネットなのでそれほど高くはないですが、1日5~6回もやっているとそれなりにかかるんです。

するとちょっと負けただけでも利益を全部吹っ飛ばしてしまうんですね。

よくネットで個人の人が20回トレードしたなど見ると、1回500円だとしても1万円位手数料がかかりますからね。相当な量をこなしていかないと利益になっていかないでしょう。そして、それだけの時間を費やせるかどうかですね。

僕の場合1週間程度じっくり持ってのトレードを心掛けています。1か月や2か月間、長期的に持つ事はしないんですね。あまりリスクを背負いたくないですから。

ポジショントレードは、リスクという面では一番少ないと感じますか?

いえ、一番少ないのは、デイトレなどでしょう。持てば持った分だけリスクは嵩んでいくんです。一番リスクが少ないのはデイトレやスキャルピングなど、短い取引です。

長く持てば持ち続けるほどリスクはありますので、基本的にはその日のうちに決済するのは良い事なんです。

夜中の内に何があるかわからないですから、長期保有をすると損切りがうまく出来なくなってしまう事があります。損切りが出来る範囲内での負けしかしたくないですからね。

あとは手数料との兼ね合いですね。トレードに向かえる時間を考えると、僕の場合少しの期間保有して次の相場が出てくるまで休むやり方になるんですね。

勝ち続けるのは損切りができる人

証券会社で働いていて、どういうタイプのお客様が一番多かったですか?

タイプ的には損をしたくない人、損切りが出来ない人が多かったです。

損をすれば損切りできないのでずるずる持ってしまうんですね。

先物をされる方は40後半~上の方が多いんですね。流れとしては株式をやった後、もうちょっと刺激が強い取引をしたくなって先物に来る感じですね。

一発逆転は先物なんです。

株で一発逆転も可能でしょうけど、時間の問題がありますよね。短期間でそれだけのものが出来るのか。株だと投資した金額に対して10倍や20倍にするのは企業の業績次第ですから、何年というスパンがかかってしまいます。

先物ですと、物の値段でレバレッジが効いているものであれば数か月で投資資金の5倍や10倍になります。刺激的な方と考えれば先物ですね。

実際お客様の勝率はどれ位あるのでしょうか?

勝ち続けて残っている人は1割弱じゃないですかね。1割もいないかもしれないですね。逆に言えば1割弱の方達はずっと勝ち続けていて、資産を増やしているわけですね。

負けても前年や前々年にプラスだったので大丈夫など、減らしてはいないからやり続けられるんです。

勝ち続けている人達の特徴は、損切りが出来ている事ですね。

自分の張ったポジションに対して曲がったとなれば、持ち続けないで切ってしまう事が出来るのです。そういう人は勝っていますね。

必勝法ではないですけど、自分なりのものを持ってそれに忠実に動いている人は勝っているんです。

損切りとはそれだけ難しい事なんですね。減ってくるとみんな手放せない気持ちになってくるので非常に難しいんです。

ですから今は自分の感情が入らないように、OCOというシステムで自分のポジションから逆にいくと勝手に落ちるようにしています。これだけ曲がったら損切りすると、システムに入れていますので大丈夫です。

実際に見ながら売り買いを自分でやって損切りするとなると、利が乗ってくればもう少し伸ばしたくなるし、損が出てくれば損を少なくしたい気持ちになってくるんです。

自動売買についても必勝法と同じで、流れに沿っていれば勝てます。

自動売買のシステムがトレンドフォロー系なのかヨコバイ系なのかによって変わるんです。その流れに乗っていれば勝てますし、絶対取れないものでもないんです。

最近流行っていてFXなんかでも見かけるメタトレーダーも、自動売買なので損切りは勝手にしてくれますからね。

それがたぶん一番楽ですよ。そうでなければ、自分で統計をとって考えればいいわけですが、損切りが出来るか出来ないかが重要ですからね。

毎日トレードにはどれ位の時間を費やしますか?

トレード自体は毎日やりません。チャートを見る作業だけは、最低でも毎日30分位はしています。

トレーダーはへばり付いているようなイメージがありますよね。取引はしないとしても、しょっちゅうチャートを見ているイメージです。

でもそうなってしまうと、何も見えなくなってしまうんです。目先の5分や10分を追って、為替だと5銭や10銭を取りに行くような取引しか出来なくなり、手数料でザックリ持っていかれて終わってしまいます。

そこはその人その人のやり方によりますが、個人的にはへばり付くよりも全体を眺めて落とし込んでいく方がいいですね。

また、基本的に株は現在取引していませんが、株の方は価格を細かくチェックするより日経平均やニューヨークのダウ、エスアンドピーなどの指標・罫線の流れを見ていれば、上昇トレンドなのか下降トレンドなのかが掴めるじゃないですか。

そこから日本の日経平均などを見て、下降トレンド上昇トレンドを見て、商品だと個々の銘柄の大まかな予想だけを立てて為替にいきますので大変ではないです。昔からそんな流れでやっています。

トレードを初めて15~16年!月に利益が出ると、50万円残して全部使ってしまいます-口座はピークでも120~130万円!

何年位トレードを続けられているのですか?

トレード自体は十数年ですね。毎日ではないですけど、もう15~16年になるのかな。最初に始めたのは業界に入って2~3年目の時です。

必ずみんな手を出しますから。やっては駄目なので自分の名義ではないですけど、親名義なら大丈夫です。

今はネット登録になっていて、極端な事を言えば僕が全然知らない会社に口座申し込みをして、違う職業を書いて提出してしまえば通ってしまいます。そうすると全然平気ですよね。

年間利益目標はどれ位に設定していらっしゃいますか?

年初に預けた金額の倍です。1か月1割です。

最初の頃は7.2%の福利と考えていました。それでいくと10か月で倍になるのですが、最後に苦しくなってくる事がやっている途中で判明したので、1か月1割に変えました。

それでもクリアはなかなか出来ないです。そんな簡単ではないですね。

去年は20万円まで利益が上がらなかったので、税金を払うまではいっていないですから駄目でした。

もともと100万円でスタートをしましたけど、口座に残しているのは現在で50万円位かな。月に利益が出たら50万円以外は全部口座から抜きます。

昔から調子に乗って、全部使ってしまうのです。口座に残っているお金は、ピークでも120~130万円位です。

負けても口座にお金は入れないんです。基本的に負けたとしたら、「入れているお金の1割だけ今月取ろう」というやり方です。

仮に100万円が70万円になったとしたら、7万円の利益を上げるトレードを今月やるわけです。

1割ずつ利益がちゃんと上がっていけば、スタートから1年間で資金が倍になりますよね。70万円スタートから月々7万入れていけば10か月で70万円になります。

最後の月に「今年の目標まで50万円足りないから」といって、無理な取引をする事はないです。「最終的にこうなった」って考えますから。年間で倍に出来れば苦しくないですからね。

ただ、このやり方で大きくマイナスになった事もないですが、勝ったとしても目標通りに行く程度です。

「もう少しお金を増やしたらどうか」「200万円にした方がいいのではないか」と思われるかもしれませんが、それをしてしまうと調子に乗ったり損切りが出来なくなったりするので、自分の器の範囲内ではないですね。

自分で失敗した事はないですけど、お客さんを見ていると分かりますよね。相場をちょっとでも取ると、人って天下取ったような気分になります。それをずっと戒めていないと勝てないです。

トレードを主としてトレードで生活しているわけではないんですから「ぼろ儲けしよう」「億万長者になろう」なんていう取引は必要ありません。

「この利益が年間にこれ位になればいいな」という事からスタートして逆算しているので、そのために必要な程度の金額を口座に入れておくだけです。

まずはしっかりとした利益として年間100万円位増やす事が目標ですね。100万円は大きいです。税金抜いても80万円なので大きいですよね。自営業だと4割位持っていかれますもんね。

税率からいったらトレードや投資って非常においしいですけど、そこまで張り付いて出来るだけの精神力が自分にあるかとなると、ないですね。

そうやって自分を割り切って見られるのはお客さんを相当見ているからですね。損をする人の姿を見ていれば参考になるんです。

最初の方に仰っていた個人のサイトの話でもそうですが、失敗例を見た方が参考になるんですね。

トレーディングの必勝法は負けない方法を見つけること!

元業者側からの視点というのは、お客さんの失敗を見てきている点が大きいのですね。

非常に大きいですね。給料や歩合を貰って、いい参考書を目の前に用意して貰っている状態ですよね。

必勝法は、「負けない方法を見つける」という事に辿り着きました。

みんな最初はおとなしくやっているけど、勝つとどんどん調子に乗ってお金を増やしていき、最後はパンクしてしまうんです。

100万円があっという間に200万円や500万円になったのなら、今度は500万円をそのまま注ぎ込めば、簡単に1億や2億に出来るのではないかと思ってしまいますよね。

理論上ではそうなるのですが、精神状態が追い付かないですよね。ぱっと張って100万円だったら無くなっても平気だけど、500万円になったものが250万円まで減った時に、損切りが出来るかとなると、最初のスタートが100万円なのだからいいじゃないかという割り切りが出来ないですよね。

損切りが出来なくてゼロになってマイナスになっていくパターンになってしまいます。

口座には自分で綺麗に責任が持てるお金しか入れておかずに、それを計画通りに回していくのがいいんですね。

今までトレードをやっていて一番損した時というのも、しれている金額なのでしょうか?

負け続けても1か月で20万円位ですかね。

それぐらいの金額でもやっぱり凹みます。ちゃんと損切りをやっていてですからね。

その時は相場が曲がってしまって、自分のトレード方式が相場に合っていないのに意地になって同じやり方をしていました。

ポジショントレードなど、今の流れに合っていない逆ばりの相場の中でも意地になってやっていた部分がありましたね。相場の流れに素直になっていなかったのでしょう。自分を中心に考えていたんです。

ここのところの相場もそうなのですけど、持ち合いに入れられると、僕のやり方だと弱いです。持ち合いで同じ値幅のところを行ったり来たりされてしまうと、全然利が出ないで損切りばかりになります。

以前リーマン・ショックなどもありましたが、それとは関係なく普通に何もない状態の時にやられますね。

そう考えると完璧な必勝法は無いんですね。昔の渋沢倉庫の渋沢栄一さんという方も相場をやった時に、「最初に仕掛けた玉が曲がったら本当の仕掛けにいく」って言っていました。

完璧な方法は無いので、みんな試しながらやっているんですね。

僕の知り合いは、単純にリーマン・ショックの時にパンクしたという人が多かったです。

あそこは意地になってしまうかどうかだけでした。駄目だと思えば売りに回れば良かったんです。

意地になって突っ込んでパンクするんですね。損切りが出来なかったんです。

リーマン・ショック以前は買っていればなんでも儲かった時代でしたので、どんどん注ぎ込んでいって、資産が10倍になったとしても一発でという人が結構いたみたいです。

それだけ悪い相場を作って、あそこまでぐちゃぐちゃになってしまったのでしょうね。

リーマン・ショックは1年前から警告が出ていた!これから日本の景気は良くなる-為替が円安の方向に向くと予測!

リーマン・ショックみたいな事はあそこまでの規模じゃないとしても結構ありますか?

リーマン・ショックは大きかったですけど、小規模なものは年中ありますね。

リーマン・ショックにしても、その1年前位から世界銀行が警告は出していましたね。「やばいな」と考えていれば別に意地になるものでもないです。

ニューヨークダウの方が先物コモディティよりも先に崩れていましたから、「コモディティも近いうち来るな」と警戒は出来ました。

1点だけ見てやっているのではなくて、経済の流れを把握しながら考えていれば別に怖くはないですよ。

今後についても、僕は今後景気は良くなると思っているんですよ。為替が円安の方向に向くと見ています。

ドル円なんかですと、週刊アス75円ドルというのはもういい形になって、そこから上に76円から頭84円まで、今ちょうど半落ちで日柄的にも上昇日柄と下落の日柄が一緒になってきていますから、この辺から戻ってくるのだったらいい形になるはずです。

それと日銀が本腰入れましたよね。そこまでやらなかった金融緩和をやったので、円安方向でしょう。

だまってドルを買っていればいい時代も来そうですね。しかし、年中波は打ちますから長期的なものですけどね。

これから先も100万円でやっていくとなると、そこまで怖い事ではないですよね。

もう十数年とトレードしてきて、最初からそんなにお金があったわけではないので、儲かったからと口座から抜いてしまえば5万や10万円のお金なんて自分で使ってしまいますね。

なので、お金が貯まる事はないですね。生活自体に何か小さいものが買えた程度です。お小遣いを毎月もらえればいい程度の感覚です。

怖いこともないですし、やめたいと思った事もありませんね。

勝って1番残ったとしても倍に出来た位ですし、合計で勝っている金額くらい簡単に吹き飛びますから。同じ調子でやっているとすぐに持っていかれてしまいます。

ただ大負けしても1か月で20万円位までしかなかったですし、調子に乗っていたからだと、気持ちの整理もつきました。

謙虚に、少しだけでも頂ければ有難いです。後は楽しませて頂ければそれでいいですね。

勝ち続けている人は素直で信念を持っている人!-大きな金額の取引は、精神力の強い人に向いている!

FXや先物や株が向いている人とは、どんな人だと思いますか?

勝ち続けている人は、我は強いのですが相場に素直な人です。相場の流れに素直で、自分の相場観で意地を張らない方すね。

自分の意見を押し通さない人と言ってもいいです。もちろん自分の信念はあるんですよ。でもある程度相場には逆らわない。

ある意味機械的ではあるのですけど、相当精神力が強いのでしょうね。

ことわざにも「柳に風」というのがありますけど、自然体で相場の流れに乗っている感じですね。

そうなるためには本人がすってもいいような金額でやる事が第一でしょうけど、金額が大きくなっていっても出来る人は出来ますね。

自分の収入ベースが年間3000万円、5000万円とある中で、1000万円や2000万円位なら平気な人もいますが、100万円飛ばされるのも嫌な人もいますよね。

反対に5000万円しかなくても1億円の取引をする人もいます。そこはその人の精神力ですね。いかに相場に自然に乗っていられるかです。

逆に意地になっている人はすぐやられちゃいますね。

実際まぐれで勝って、その後すぱっと止められた人なんか見た事はないです。

営業の立場からすれば手数料収入ですし、勝ったら調子に乗せてもっとやってもらいたいので止めさせないですよね。

ただ、勝ち逃げした人はいますよ。何年もやっていて、勝ち逃げというより色々な事情があって止めた状態ですけどね。

勝っている人は相当な理由がないと止めないですよね。やっている人間は相場に詳しいし、楽しみを取られるのと一緒なので止められないですね。

トレードに関する日記などはつけていますか?

他の人にオープンにするわけではないのでメモ帳に日記をつけています。

内容は「どうしてトレードを立てたのか」などの気持ちについてですね。どういう指標を基に立てたのかを書いて、後で反省をする為の材料としています。

日記をつけると、自分を客観的に見る事ができます。すると事後検証で反省できるんです。

投資で勝ち続けるには自分と相場を客観的に見て、感情を捨てるのが一番なんですね。

損をしたくない感情、利益を伸ばす時の欲、一発逆転を狙ってしまう感情によって相当いらいらしてきますので、どれだけ冷静にいられるか。精神力になってきますよね。

トレードをしている上で、常に気を付けている事は冷静でいる事と、感情に流されない事と、相場の流れに乗る事ですね。後は、反省はするけど、後悔はしない事です。

後悔すると、ネガティブになっていくだけですからね。自分で決めて売り買いしているにもかかわらず、他のもののせいにしていたのでは自分の成長はないですから。

「誰が何をしたから」「誰が何を言っていた」など、流されて売り買いしてしまっても、反省してどうすればいいのか考える事です。人のせいにして後悔だけをしているのでは意味がないです。

天才的な人は感覚が違う!

ご自身は相場が上手い方だと思いますか?

下手ですよ。天才的な人達は感覚が全然違います。感覚で相場が張れるのでしょう。

僕のやり方だと、トレンドフォローに乗っていったり持ち合いに入ったりが全部数字で表れてきてからじゃないと判断が出来ないのですけど、天才的な人はもう、嗅覚で読み取ってしまうのでしょうね。

お客さんでは見た事がありませんが、企業に属しているトレーダーなどの話を聞いたり見ていたりすると「この人は感覚でやっているな」と感じる事はありますね。天才なのでしょうね。

「なんでそんなので勝てるの?」と思えるのは、僕が凡人の目だから天才の人達がやっている事が理解できないのでしょうね。

普通の人が相場に勝つには、毎日努力する事です。他の人と同じ視点だと同じものを見てしまうので無理ですが、少し違う角度で見ると相場の景色はがらっと変わってきます。

そういう癖をつければ相場に勝てますね。それでも天才に勝つ事は無理ですけどね。天才は凄いですから。

「相場に勝つ」とは「天才に勝つ」事ではないです。

これも見方の違いだけなのですけど、天才以外の人達は、天才に巻き上げられるお金の一部だけを頂戴することは可能なんです。それを目指していけばいいんです。

これから投資を始めたいと思っている方にアドバイスをお願いします。

投資は損切りの出来ない人はやらない方がいいです。しかし、そういう人がいなかったら勝つ事が出来ないので、「止めた方がいいよ」とは大きな声では言えないですけどね。

とにかくみんな損切りが出来ないので、損切りが出来るようになればそれだけでスタートラインが全然違います。

「どうやって勝てばいいのだろう」と考えると大変遠回りになります。

「100万円だったらなくなってもいいや」という事でスタートすれば誰にも出来るでしょうし、損切りが上手くなってしまえば利益は自然と後からついてきます。

まずは個人個人の損切りのパターンを作る事です。

自分の場合は「何万円負けたら」あるいは「何十万負けたら損切る」などですね。

また、これから始めるなら日記をつけるのも重要です。「相場の罫線の形がこうなったら損切る」「この形になったらこの流れを止める」「この形になったから買った、または売った」など、後で見直せますからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

住宅ローンについて地銀の担当者に聞きました

夢のマイホームを建てるためには、ほとんどの方が住宅ローンを必要としています。しかしいざ組むとなるとこれがけっこう難しい。...

遺産相続について税理士へインタビュー

相続税の大増税が決まった中、相続への注目度が高まっています。親族での相続トラブルを避けるにはどうする?遺言書の必要性と手...

元先物取引業者がFXデビューした結果

先物取引を取り扱っていた証券会社の元スタッフが行っているFX投資のインタビューです。なぜ株や先物ではなくFXをおすすめす...

電気屋さんが教える電気の節電対策

大震災をキッカケとして日々、当たり前のように使っていた電気について、誰もが色々と見直さないといけなくなりました。今より少...

投資信託を2万円からスタート!気長に待って10%の儲けが出ました

投資信託ってなんだか難しいイメージがありますよね。今回は投資を2万円から始めた方にインタビューしています。最近ニュースで...

お金カテゴリ 最新記事

ID2153

自己破産をした元会社経営者へインタビュー

会社を経営していた時、ヤクザがらみのトラブルで1000万円の借金を背負わされました。会社を閉める際に個人としても自己破産す…
ID847

友達にお金を250万円貸して返済が無くて辛いというお話

お友達に最終的には250万円ほどお金を貸してしまった方のお話です。借用書も無く、お友達が自己破産をしてしまったうえ、家庭の…
ID1169

割安商品を見極めて100円ショップを上手に活用

最近の100円ショップは、以前に比べて品質が上がり品数も増えてきました。お得な商品もあれば、スーパーなどでもっと安く売られ…
ID1168

使い捨てペーパーを安く使い分ける方法

タオルの雑菌が気になり、使い捨てペーパーを使っていた方にインタビューしました。ティッシュ・キッチンペーパー・トイレット…
ID1111

郵便局のゆうぱっくとゆうちょをお得に利用

郵便局のお得な利用方法は意外と知られていないと思います。そこで今回は郵便局をよく利用されている方にインタビューを行いま…