みんなのインタビュー注目の記事

婦人服販売店「組曲」の派遣のお仕事体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

組曲などのブランドで有名なオンワード樫山のお店で、販売の仕事をしていた女性の体験談。大変なこともありますが、好きな服に囲まれて自分のセンスも磨かれるという、ファッション好きにはたまらない環境だそうです。服の販売に興味がある方の参考に!


ファッション好きなら注目!有名ブランド店でのお仕事

婦人服販売店で働こうと思った理由は?

単純に自分がファッションが好きだったんで、身近な世界で一番入りやすかった洋服屋さんの仕事を始めました。

求人は、フリーペーパーで人材派遣会社が「婦人服の販売のお仕事」と出していたのを見つけて応募しました。

その時点ではどんなお店かということは分からないんですが、「大体20代の女性向けの婦人服販売店」と広告は出ていたので、なんとなく「自分の年代にも合ってる洋服屋さんの仕事かな」と想像はつきました。

実際に教えてもらえたのは派遣会社に登録して面接した時です。

ブランド名でいうと「組曲」等がある会社、「オンワード樫山」が取り扱っている有名なブランドの店で、10代後半から20代、ちょっと30代前半の方も来られるかなというくらいの客層でした。

仕事内容は?

基本的にはお客様の洋服選びをお手伝いする接客が一番です。

お客様がお店に来られたら、「いかがですか」と声をかけて、何かで迷ってらっしゃったら私達もアドバイスをします。

事前研修などはなく、特に「こうしてください」とは言われなかったので、自分の感性と、周りの先輩スタッフがするのを見て真似るなど、見よう見まねでしたね。

ノルマはありませんでしたが、店自体の予算は決められていたので、「売り上げは今日はここぐらいまで行ってください」と、スタッフ全員で達成できるように頑張っていました。

「組曲」の社販は4割引きでも結構高い?でもモノは良いので納得

どんな年代の方が働いていましたか。

お客様と同じ年代で、10代後半から20代ぐらいです。シフト制で常に3人ぐらいはお店にいました。

社員の方は「マネージャー」と呼ばれる方だけで、あとは全員アルバイトでした。

マネージャーは何個かお店を掛け持ちしていたので毎日居るわけではなく、日によって一緒にお店に入ったり、違う日は近所にある他の店舗に行ってたりしてました。

商品の価格帯は高めですか。

安くはなかったですね。本当に単純なTシャツでも3千円ぐらいはしました。

高級ブランドほど高くはなかったですけど、それなりにいい生地を使っていたりもしたので、コートであれば最低でも2~3万はします。

スタッフの着る服については、「できればお店の物を着てください」ぐらいの感じで強制ではなかったですけど、自分がおすすめする上でお店のブランドの服を着てる方がお客様にも安心してもらえますので、みんなお店の服を着用してましたね。

社員割引で買えますか。

社員割引はありました。

ただ新作の物が入ってきたら、お店に出して2週間は買っちゃいけないルールがあって、2週間経ってもまだ売れ残っていたら社員割引を使って買っても良くなります。私のいたところは4割引きで買えました。

4割引きでも、量が多いと高くつくので、そこがちょっとファッションの世界で働く時の辛いところでもありますね。

ただ、40%オフと考えるとお得な感じもしましたし、何より自分が欲しいと思ったものしか買わないので、「可愛いな」と思ったものを4割引きで買えるのは良かったです。

もちろん普段でも使えるものなので、納得して買ってました。

ヒールで歩き回る婦人服販売の仕事は外反母趾の人も多い

この仕事で求められることは?

接客する時に一生懸命お客様のことを考えて対応できる能力が求められます。

あと笑顔で明るいこと。本当に基本的なものだと思うんですけど、人と接する仕事なので、相手に嫌な思いをさせない対応力が求められますね。

また、体力もある程度必要です。

1日ヒールで立ってないといけないし、走ったりするような事はないですけど、商品を出したりウロウロ動いたりしていることが多いです。

私は以前にも別の所で販売の仕事をしていたこともあって、2週間ぐらいで慣れましたけどね。

ヒールは絶対履かないといけないんですか。

絶対ではないですけど、履いた方が見た目的に綺麗なのでヒールを履いてるスタッフが多かったです。

私は背が低いのがコンプレックスなので、10㎝以上のヒールを履いて頑張っていました。

だから、ヒールに慣れてきたころには足の指の付け根の所が「人と比べて分厚さが違うかな」というぐらい厚く硬くなってました。

外反母趾に悩んでいるスタッフもいましたね。

アルバイトと派遣で違う条件

1日の勤務時間と週の勤務日数は?

1日8時間勤務の7時間労働で、週4日5日ぐらいの勤務でした。

仕事や学校帰りに来られる方が多かったので平日は夕方4時以降になると少し忙しかったですし、週末は絶対に忙しくなりましたね。

他のスタッフも派遣の方ですか。

直接雇用のアルバイトの人もいましたし、私と同じように派遣で来ている人もいました。

派遣社員は時給1100円で、派遣会社の方からお給料が出ました。

アルバイトの方が時給は少し低くなって、850円か900円ぐらいでした。学生さんが多かったんですけど、その代り時間の融通がきき、入る時間も短かったりしました。

時給の違いは気になるところですが、「お給料については話さないでほしい」と仕事を始める前に言われていたので具体的に話すことはなく、わだかまりもありませんでした。

自分のセンスがすごく磨かれるお仕事

トラブルなどはありましたか。

お客様に頼まれて、「この日までにどうしても欲しいんです」という注文をお受けした時に商品がなかなか入ってこないで大変だったことはありました。

本当だったら本社やメーカーから入ってくるのを待つんですけど、他の店舗に連絡をしまくって、商品を持ってないか聞いてなんとか手配はできたのでお客様に迷惑をかけることはなかったんですけど、本当に大変でしたね。

婦人服のお店で働いていて良かったことは?

ずっと服に囲まれて仕事をするので、自分のセンスがすごく磨かれたことです。

お客様に対しておすすめするためには、今何が流行っているのか、情報をいち早く知らないといけません。

「こんなファッションが今の人気」と知っていくうちに、自分のセンスも同時に磨かれていきましたね。

ただ、さっきもお話ししたように、ヒールで1日中立って仕事をするというのは慣れるまでは辛かったです。

みんなよくやるんですけど、レジのカウンターの後ろに入った時は靴を脱いでちょっと休憩して、売り場に出る時はまた靴を履いて行ったりしてました。

ファッション誌のチェックは欠かさない

流行とかを勉強するためにファッション誌を買ったりしていましたか。

雑誌は毎回チェックしてましたね。「CanCam」や「Vivi」など10代20代の方に人気のあるファッション雑誌は必ず見てました。

お店の商品が雑誌に載っている場合は、本部から「商品と一緒にお店に出してください」と雑誌が届いてました。

それでお客様の興味を引くように置いてました。

「雑誌で見たのを探しに来ました」という方もいらっしゃいましたね。

店舗として基本的にそこまで在庫を抱えていないこともあり、人気のある商品はサイズがなかったりでお取り寄せになったりするんですけど、そこでまた先ほどお話ししたトラブルにつながったりもするんです(笑)

婦人服販売は自分の好きなブランドで働くのがおすすめ

この仕事に向いている人、向いてない人は?

ファッションに興味があり、尚且つ話すのが好きな方には向いている仕事です。

「どんなファッションが今流行ってるんだろうか」という情報もキャッチしやすくなるので、服が好きな方には本当に向いてますよ。

向いてない方は人と話すのが苦手な方です。

ファッションが好きな事は基本で、そこから更に物を売っていく仕事なのでセールス力も求められてきます。

ただファッションが好きなだけではちょっと務まらないですね。

婦人服の販売をしたいという方にアドバイスをお願いします。

お仕事をするなら、自分の好きなブランドを取り扱っているお店を選ぶことが大事です。

というのも、自分の好きな物じゃないとお客様におすすめするにも説得力に欠けますし、働いていてもモチベーションが上がらなかったりします。

しかも身に着けないといけないことが多いので、好きなブランドじゃないとそこで葛藤が生まれてしまいます。

お店選びは慎重にしてほしいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

読売旅行の派遣会社で添乗員をしていた方へインタビュー

添乗員と言えばハードな体力仕事と言われ、さらに柔軟性、コミュニケーション能力も求められます。収入はハードな仕事に見合わな...

NTTのコールセンターで契約社員として働いています

NTTコールセンターで契約社員として5年間働いている方にインタビューしました。業務内容のほか、職場の雰囲気やクレーマー対...

派遣で東京海上バンコク支店の営業をしてました

タイのバンコクで、やったことのない保険の営業職を紹介され働くことになった女性の体験談。タイで営業をするということの面白さ...

婦人服販売店「組曲」の派遣のお仕事体験談

組曲などのブランドで有名なオンワード樫山のお店で、販売の仕事をしていた女性の体験談。大変なこともありますが、好きな服に囲...

派遣で日本通運の引越しの仕事をしています

体力勝負の引っ越し作業。もちろん体が基本なので初めは不安もあるかと思います。でもそれ以上に、得られることも多くありやりが...

人材派遣会社カテゴリ 最新記事

ID700

ブラジル・サンパウロで新聞記者の契約社員で働きました

ブラジル・サンパウロで1年間の契約社員で新聞記者の経験をした方のお話。ブラジルで新聞記者になるきっかけから必要な能力、ブ…
ID572

結婚式場のアルバイト体験談

結婚式にはたくさんの人の仕事が関わっています。披露宴のサービングなどもその一つ。体力と笑顔が求められるハードな仕事です…
ID759

IT業界で派遣社員として5年間お仕事していました

IT業界で5年間派遣のお仕事をされた方にお話を聞きました。パソコンが好きで、論理的な思考が出来る方におすすめの仕事です。…
ID817

派遣で日本通運の引越しの仕事をしています

体力勝負の引っ越し作業。もちろん体が基本なので初めは不安もあるかと思います。でもそれ以上に、得られることも多くありやり…
ID607

読売旅行の派遣会社で添乗員をしていた方へインタビュー

添乗員と言えばハードな体力仕事と言われ、さらに柔軟性、コミュニケーション能力も求められます。収入はハードな仕事に見合わ…