みんなのインタビュー注目の記事

ストリートダンスって素敵!子供に習わせているママにインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

授業でも取り入れられることが決まったダンス。中でもストリートダンスは人気が高い。だけどイメージもちゃらちゃらしているようだしなんとなくこどもに習わせるのって気が引ける・・・というお母様!実際に習わせているお母様に話を伺いました。ぜひ参考にしてみてくださいね!


子供が「SMAPやEXILEみたいなダンスがしたい」と

お子さんは何歳からダンスを習い始めましたか?

小学2年になってすぐ、7歳の時から始めました。

元々私の中で「音楽が出来て踊れたら人生楽しいだろうな」という思いがあり、自分自身も独身時代は歌やエレクトーン、そしてダンスを習ったりしました。

自分に子供が出来たらその子も自分と同じように楽しい事をさせてあげたいと思って、ある日「ダンスをしてみない」と話してみたら「うん、したい」と言ったので、させようと思いました。

でもダンスにも色々な種類がありますので、何をしたらいいのかが分からなかったのですが、丁度近くのカルチャーセンターでミュージカルの体験教室があったので行ってみることにしました。

その時子供は楽しそうにしていたんですけど、終わってから「これやってみる?」と尋ねてみたら「何かちょっと違う」と言うんです。「何か違うの」と聞いたら「SMAPやEXILEみたいなダンスがしたい」と言いました。

どうやらミュージカルの教室に行くまでは子供も何をしたらいいのか分からなかったみたいですけど、この体験によってやりたい事が分かったみたいで、今度はそれに合う教室を探しました。

そうしたら同じカルチャーセンターにストリートダンスの教室があったので、体験に行ってみたのです。体験が終わった後「どうする?」って聞いたら「うん、やる」と即答したので、これがやりたかったんだということが分かりました。

新しい曲に合わせて振り付けの練習

レッスンの様子などを詳しく教えてください。

習っていたのはカルチャーセンターなので、他にもお花の教室やお料理の教室が開かれているような場所です。

その中にダンススタジオが3つぐらいありまして、それ以外にも座学用の部屋とか楽器教室用の部屋など、用途に応じていくつかの種類の部屋が用意されていました。

レッスンの時間は60分です。月謝は、月によって3回だったり4回だったりするので回数によってお値段が変わるのですけど、大体5000円前後ぐらいです。

教えてくれている先生が他にたくさん教室を持っていらっしゃる訳ではないので、休む場合に他の日に振り替えることは基本的には出来ません。ただ、先生の都合でレッスンが休みになった場合の振替えはありました。

先生は若い男の方なんですけど、現役のダンサーもされている方で、過去には有名なアーティストさんのバックダンサーも務められた経験があるそうです。

指導方法としては、どんどん色んな曲や振り付けを取り入れてくれて、子供が飽きないようにしてくれていました。

まずはストレッチから始まって、その後ステップやアップダウンといった基本的なリズムを音楽に合わせて体に叩き込む練習が必ずあります。これは毎回準備体操として取り入れられているものです。

それが一通り終わった後に、新しい曲に合わせて振り付けの練習をしていくという流れです。

1曲に対して4回から6回ぐらいで振り付けが全部終わってしまうので、4回であれば1週間で4分の1ずつに分けて練習していって、1ヵ月後全部を通すという形で練習します。

振り付けの練習は、最初に先生が前で踊るんですけど、それを最終的に子供達だけで踊れるような形に仕上げていきます。

レッスンの服装は自由で、うちの子は学校の服装のまま踊っています。冬場はトレーナーで踊るのは暑いので、Tシャツに着替えてレッスンを受ける感じです。

中にはちゃんとしたダンスの服装をしている子もいますけど、基本的に服装は自由だと思います。ジャズダンスをしそうな感じのタンクトップにスパッツみたいな感じの格好の子もいます。でも大半は普段着でやっています。

用意するのは上履きというか、室内で履けるダンスに適した運動靴を買うぐらいです。学校で履いているのと同じものを、ダンス教室専用に1足買って使っています。

最初は全く踊れなかったが、発表会に出てから積極的に

ダンスを習ってから、踊れるようになったと感じるようになったのはいつぐらいからでしたか。

最初は全く踊れませんでした。こちらが見ていてつい笑ってしまうような感じで、右に行ったから慌てて右に行って、行った時にはもう先生は左に行ってしまったりして、見ている分には面白かったです。面白くて可愛いですね。

始めて半年ぐらい経ってから、大分ましになってきたかなと思うようになりました。

本人は多分最初から踊れると思っていて、ずっと踊れていると思ってやっているので、ずっと楽しいままだと思います。だから「上手になったね」と言っても「え、何の事、俺前から上手いよ」という感じの返事をしますね。

練習風景のビデオを撮って家でそれを流してあげると合わせて一緒に踊ったり、どうやら体が勝手に動くみたいで、何もない所でステップの練習をしたりしています。

ただ私も含めて無理やり練習しなければいけないとは思っていないので、その辺りは本人の自由にしています。

発表会の時は先生から練習曲を渡されるというのがありましたけど、普段そういうのはないですね。ダンスの曲は洋楽が多いんですけど、たまに邦楽もあります。先生に曲名を聞けば教えてくれるので、後は自分で探す感じです。

ちょうど1年後に近くの小さいホールで発表会があったんですけど、その発表会に向けて練習をしていって、発表会が終わった後ぐらいからまたさらに一皮むけたかなと思うようになりました。

私の場合は曜日の違う2つのクラスの合同で発表させてもらったんですけど、皆で同じ踊りをする事がメインで、誰かがソロで踊ったりする事はありませんでした。

観に来た親に配慮して、最初の列から動きを変えていく事で皆が前列に来るように、先生がちゃんとプログラムを作って下さいました。

その時だけは2ヵ月ぐらい前から片方の曜日のクラスに集まるようにして練習をしていました。そこで列の切り替えのタイミングを合わせたり、隊形移動の練習を実際にした訳です。

費用は、カルチャーセンター全体の発表会だったので出る人も多い事から、7000円ぐらいだったと思います。発表会の中では安い方だと思います。

衣装は先生が上に羽織る服とスカーフと帽子を1000円ぐらいで用意して下さいました。恐らく私達親にあまり負担を掛けないように安いものを見つけてきてくれたんだと思います。黒いズボンだけ家で用意するように言われました。

ほかに用意したものとしては、発表会には直接関係するものではないんですけど、待ち時間が結構長いので子供達が楽屋で退屈しないように、お菓子や飲み物を用意しました。

私は自分の子どもの分しか用意しなかったんですが、周りの親御さんは皆で食べられるようにたくさん用意していた方も多くて、結局もらってばかりでした。来年は皆で食べられるおやつを用意しようと思いました。

子どもは発表会を経験して、やはり多くのお客さんの前で発表したという事で心が強くなったような気がします。元々すごく緊張する子だったんですけど、何となく積極的になったような感じは受けました。

ストリートダンスを軽薄と思っていた祖父も、実際見てから「すごいな」と

ストリートダンスの魅力とはどんなことでしょうか?

子供達が踊っているのを見ていると、すごいという感じよりも可愛いなと感じます。

でも現役ダンサーでもある先生の踊りを見るとかっこいいし迫力があって、ストリートダンスが踊れるという事がすごい事なんだなということを、先生が生で見せてくれます。

ダンスが踊れるという事が最大の魅力です。ストリートダンスと言うと何となくチャラチャラしていて軽薄なイメージがあるように考える人も多いと思います。

実際、私の祖父もそういうイメージで考えていたんですけど、実際に踊っているのを見てから「あんな難しいダンスを踊るなんてすごいな」という風に見方が変わったんです。

ストリートダンスを踊る為には高い技術力が必要で、踊れる事は大変素晴らしいことだと思います。私は今、ストリートダンスそのものに魅力を感じます。

子どもも今ダンスが1番楽しいと言っているんですけど、踊ること自体が楽しいんだろうなと思います。音楽に合わせて体を動かすことがきっと好きなんですね。

本人もダンスが踊れていると思っているようですし、自分でステップの練習をしたりしています。

後は、先生との相性がよかったことも影響していると思います。先生は努力や上達をきちんと認めてくれる先生なので、よく褒めてくれるんですよ。

苦手なところもしっかり指導してくれるし、とても優しい先生なので子供も慕っていて、ダンスを楽しめるきっかけの1つになっていると思います。

やはり子供が楽しく習いに行ってるという事が1番よかったと思います。あとは徐々にかっこよく踊れるようになってきたので、それを見ているだけで嬉しく思えます。

私自身、音楽が出来て踊れたら幸せだなと考えていましたので、その道を少しずつですが歩んでくれている子供を見ているだけで、私は満足です。

ちょっと残念なのは、大した事ではないんですけど、先程も言ったストリートダンスのイメージが軽薄な感じに受け止められていることです。

決してそういう訳ではないんですけど、ストリートダンスを学んでいると言うと中には「チャラチャラしてよくないよ」と言われたりする事があるかもしれません。

でも私は本人が楽しくやっていれば別に問題にはならないと思っています。

教室探しのポイントは通うのに便利であること

ストリートダンスをやりたいと思ったら、どうしたらいいのでしょうか?

うちの子どもが通う教室は、下は5歳で上は11歳ぐらいの子達が一緒にダンスを学んでいるので、結構幅広く通っている感じです。多分3~4歳から習う事は出来ると思います。

ストリートダンスに限らず習い事をさせる時に重要なのは、通うのに時間がかからないという事だと思います。

出来るだけ近くの教室にしないと続けて通うのが難しくなりますので、まずは地元で自分が通いたいジャンルの教室がないか調べる事が大切です。

大抵地元でカルチャー教室のようなものがありますので、そこで教室を探してみたらいいと思います。そこでよさそうなものを見つけたら、まずは見学や体験教室に行って自分に合うかどうかを確認する事も忘れずに行って下さい。

うちの子も別のダンス教室に体験入学した事があったんですけど、そこは1時間ステップの練習だけで終わってしまったんですよ。

子供はそれなりに楽しんでいたんですけど、私が見ていたら面白みがなくて「これでダンスが上達するのかな」と疑問に思ったので、結局そこには行きませんでした。

私は練習内容について、たとえ完璧に出来なくても次から次にどんどん色々な事をやらせてくれる教室を探していたので、今の教室を選びました。

学び方については人によって考えが違うと思いますので、練習内容を確認して自分のやり方に合った教室を選ぶのも、1つのポイントだと思います。

踊るという事はとても楽しい事だと思いますので、お子さんがストリートダンスをしたいと思っているなら、ぜひさせてあげて欲しいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

新宿の速読教室に通った感想まとめ

速読って気にはなるけど、本当にできるようになるの?速読教室に通った男性に、そんな速読に関する疑問にお答えいただきました。...

ストリートダンスって素敵!子供に習わせているママにインタビュー

授業でも取り入れられることが決まったダンス。中でもストリートダンスは人気が高い。だけどイメージもちゃらちゃらしているよう...

子どもの時からピアノを習っていた女性へインタビュー

小さな子供のころからピアノを習っていたままそのまま大人になっても続けています。それだけ楽しくて魅力のあるピアノについて語...

エレクトーンの教室で10年以上レッスンした感想

ピアノじゃなくてエレクトーン?って思うかたもいらっしゃるかたも多いかと思いますが、エレクトーンを10年学んで、よかったこ...

ギター初心者が上手くなりたいと思いギター教室へ通った感想

ギターを演奏している姿は、かっこいいものです。今回は自分の好きなアーティストに憧れて、ギター教室に通われた方にお話を伺い...

お稽古・習い事カテゴリ 最新記事

ID911

ギター初心者が上手くなりたいと思いギター教室へ通った感想

ギターを演奏している姿は、かっこいいものです。今回は自分の好きなアーティストに憧れて、ギター教室に通われた方にお話を伺…
ID742

小学生のころ書道教室に7年通った感想を聞きました

7年間書道教室に通った方にインタビューしました。楷書から始め、行書・草書を習ったほか、つけペンを使った硬筆も習ったそうで…
ID577

小学生からトロンボーンを初めて10年になります

吹奏楽部でトロンボーンを担当していた方にインタビュー。腕が長いからという理由で担当に決まり、最初はガッカリ…でもどんどん…
ID361

吹奏楽部でフルートを演奏!県大会に3回出場しました

美しい音色のフルートは誰もを魅了します。中学の吹奏楽部でフルートを担当していたという方に話を聞きました。持ち運びも簡単…
ID630

理科嫌いの人に教えたい理科の魅力

理科嫌いな人は普段の生活こそ科学と密接に結びついていることを認識し、生活の中でものに触れ疑問を自分で考え調べてみること…