みんなのインタビュー注目の記事

アメリカで子育て中のママさんへ日本との違いを聞きました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカで子育て中のママさんに日本との違いについてインタビューをさせて頂きました。アメリカと日本で共通していることや全く異なることなど、普段は聞くことができないような興味深い話をたくさん聞かせて頂きました。


アメリカでの予防接種

赤ちゃんのワクチン接種について教えて下さい

出産時にワクチン接種の概要リストのようなものがありまして、その時は初回検診の分だけを聞いて後は小児科に行くたびに連絡してもらうという形になります。

日本ですと1種類ずつワクチンを打っていきますが、アメリカでは1度に4種類接種する事もあります。

最初の検診が出産から2週間目だったのですが、その時は2種類の接種でした。

副作用として発熱などの風邪に近い症状が出たり、出産直後は足が腫れたりする事があるようです。

ただ先生は1日で治るし長引いても風邪薬を飲ませておけば大丈夫と言っていました。

日本とは全然違うのでびっくりしましたが、アメリカでは誰でもそうやっているので私も納得するしかありませんでした。

アメリカの赤ちゃん用品いろいろ

アメリカのベビーカーは日本のものとは違うのですか?

それほど変わらないと思います。

3輪のものもあれば4輪のものもあります。

日本でも、チャイルドシートとベビーカーを合わせたタイプのものが最近になって見かけますが、アメリカではそれが主流です。

トラベルシステムと言われるもので車用のシートとしてもすぐに付けられるし、ベビーカーとしてもすぐ取り付けられるタイプので、結構ありました。

赤ちゃんはシートを移す時に泣いてしまうのでトラベルシステムを使うと移す手間が省けて便利です。

アメリカにもおんぶ紐はあるんですか?

あります。

基本的に3wayになっていて抱っこもおんぶも横抱きも可能なタイプが販売されていますし、私も3wayのものを使用していました。

アメリカにも布オムツはあるんですか?

布オムツも有りますが、紙オムツの方が処理が楽ですし、私は紙オムツを使っています。

産後の入院期間の2日分のオムツは病院で準備されていましたけど、特にどこのオムツが良いとかお勧めされることはなかったです。

母乳を出すためのマッサージはアメリカにも

母乳とミルク、どちらを与えていますか?

生まれてから3ヶ月ぐらいまでは半分ずつぐらいの割合で与えていました。

でも、私の赤ちゃんは母乳の吸い方が下手で手こずっていましたし、私自身も3ヶ月ぐらいで母乳の出が悪くなったので、3ヶ月を過ぎてからは日本と同じような粉ミルクだけになりました。

日本ではすごく痛い事で有名なおっぱいマッサージというものがあるんですけど、アメリカでも同じようなものがありましたか?

同じようなマッサージがあって、私もしましたし、搾乳機も使っていました。

マッサージは本当に痛かったです。

最近は賛否両論ありますが、おしゃぶりはつけていますか?

最初の頃泣き止まない時に使っていた事がありましたが、3ヵ月頃から私達が取らなくても自分で勝手におしゃぶりを外すようになりました。

ちなみに病院では、赤ちゃんの年齢や性質に合わせた段階別の特殊なおしゃぶりをお勧めされたりしました。

形と素材が違っていたようで、これを使うともう市販のものを受け付けなくなる赤ちゃんが結構いました。

離乳おやつの定番卵ボーロがアメリカでは売ってない!アジア系食品店で購入

今は離乳食を食べさせていますか?

離乳食を食べさせています。

最初は手作りでしようと思いましたが、お店の方が種類も豊富で質も高いものがたくさんあったので、今は市販のものを食べさせています。

それは、もう出来上がっていて、そのまま食べられるタイプのものです。

離乳食の中にはシリアルやオートミールの中に果物が入っている甘いものもあるので、今はそれをおやつと見立てて与えています。

歯は生えてきましたか?

2本生えています。

そろそろ固形物とかも取れる頃ですし、今のところは卵ボーロのようなものがあれば良いなと思っています。

卵ボーロはアジア系の食材店で購入が可能だと思います。

アメリカにいた時は、シリアルがすごく柔らかくなっている赤ちゃん用の食材があったのを覚えています。

あやし方は万国共通?

赤ちゃんのお部屋はどんな感じなんですか?

普通にベビーベッドが置いてある1人部屋です。

モニターが取り付けてあって、私達はSkypeを使ってパソコンのモニターで映像と音声が見えるようにしていました。

朝起きた時などは、基本的にずっとそばにいて遊ばせたりしていたので、昼と夜の寝る時だけ1人部屋に置いていました。

寝る時は自分のベッドで寝るように習慣付けようと思っているのでそういう風にしていました。

日本に戻ってからも同じように1人部屋にしているんですか?

日本に戻ってからは住宅事情が変わって中々1人部屋には出来ないんです。

後、一緒にいた方がすぐ寝てくれて世話が楽なのでそうしています。

でも、アメリカでは家族が同じ部屋で寝るという感覚がないので夫はそれが理解できないですし「プラバシーを守ろうとしなくていいの」と聞いてくるぐらいなので、1人部屋で育てたいみたいです。

でも日本では皆同じ部屋で寝ることが普通で、私もその感覚はあります。

でも、ずっと一緒に寝るのはどうかなと思う事はあります。

ずっと一緒だと私達が寝るまで子供が寝なくなったりするので、やはり決まった時間に寝かせる為に寝る場所を分けた方がいいかなという結論に落ち着きました。

では子供の為に部屋を用意したんですか?

それは難しいので、今は寝かせる為に一緒に寝床に行くんです。

それから横になって先に寝かしつけてから私は起きて出て行くようにしています。

ですから子供が寝るまで私は寝たふりをしたりしています。

アメリカと日本で赤ちゃんのあやし方に違いはあるんですか?

基本的に抱っこして話しかけてゆすったりするというのは万国共通だと思います。

「いないいないばあ」とか「高い高い」とかもやっていました。

それから、ガラガラみたいな定番のおもちゃにも色んな種類があって、音が出るやつやゴムのような柔らかい感触のものなど色々売っていましたね。

アメリカにもお宮参りのような風習があるのですか?

赤ちゃんの行事ごとというのは、基本的にありません。

赤ちゃんが生まれる時に、周りのみんながお祝いとして、手作りのブランケットや手袋のような品物を送る習慣はありますが、それ以外に行事はありませんし、多分次の誕生日までは何もしないと思います。

誕生日のお祝いの時も、ベビー服や涎掛けを送る事が多いです。

赤ちゃん連れに優しいアメリカ

今は日本で子育てされていらっしゃるんですけど、日本とアメリカで子育てしやすいのはどちらだと思いますか?

アメリカだと思います。

周りの人の受け入れの仕方が違っていまして、例えば公共交通機関でもベビーカーを引いているお母さんが優先的に扱われるのが暗黙の了解になっていました。

日本だと狭い道路を通る時に気を使ったりする必要がありますが、アメリカだとどこへ行ってもベビーカーを引いているお母さんが周りに気を使う必要がないですし、堂々と歩く事が出来ます。

特に日本だと電車やバスにベビーカーを引いたまま乗る事はよくない事のように思われがちなんですけど、アメリカではそういうのがないので子育ての環境は楽だと思います。

アメリカのレストランとかで子供が騒いで注意される事はありましたか?

アメリカでは子供が騒いでいるのを見ると皆「ああ、可愛いね」「元気だね」と言ってくれるんですよ。

そういう所も日本とは違うんだなと思いました。

チャイルドシートで入店しても大人と同じ目線で座れるような台を店が用意してくれたりするので、子供がどこにでも行けるような環境や設備がアメリカでは整っていましたね。

ですから日本はそういう意味では遅れているのかなと思います。

アメリカでは赤ちゃんを第1に考えてくれるような感じですね。

アメリカで子育てをする方へアドバイスをお願いします

言語が1番大きな問題になるかと思いますが、小さいうちは何も分からないので周りの人に可愛がってもらって家で子育てをしていけばいいと思います。

しかし保育園など外の社会に出ると子ども自身が家との違いを感じるようになるので、そこに行くまでにどういうルールや方針で育てていくのかをあらかじめ準備しておいた方がいいかなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

乳児を連れて国際線の飛行機に乗りました

赤ちゃん連れで国際線に搭乗した方にインタビュー!赤ちゃんと一緒に飛行機に乗る時の必需品や、フライト中に赤ちゃんに機嫌よく...

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない時のママの7つの心得

離乳食インストラクター協会の代表理事であると同時に、総レシピメニュー数が1500を超える人気の離乳食レシピブログの運営者...

歌敷山保育園は1歳から小学校まで利用する予定

歌敷山保育園の特徴はアットホームな雰囲気で清潔感があります。共働きの方が生後6ヵ月~小学校前のお子さんを預けています。お...

一人目の妊娠・出産はトラブル続きで切迫早産でした

赤ちゃんもお母さんも命がけの大仕事である出産。悪阻との戦い、職場の無理解、切迫早産で入院…。陣痛が始まってからも一筋縄で...

2人目の子供を不妊治療で授かりました

不妊治療で子供を授かることに成功したママさんへインタビューしました。体外受精じゃないといけないのか?不妊治療にかかる時間...

出産・育児カテゴリ 最新記事

中田馨さん

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない時のママの7つの心得

離乳食インストラクター協会の代表理事であると同時に、総レシピメニュー数が1500を超える人気の離乳食レシピブログの運営者の…
ID1137

歌敷山保育園は1歳から小学校まで利用する予定

歌敷山保育園の特徴はアットホームな雰囲気で清潔感があります。共働きの方が生後6ヵ月~小学校前のお子さんを預けています。…
ID697

一人目の妊娠・出産はトラブル続きで切迫早産でした

赤ちゃんもお母さんも命がけの大仕事である出産。悪阻との戦い、職場の無理解、切迫早産で入院…。陣痛が始まってからも一筋縄で…
ID679

チリで海外出産!無痛分娩で無事出産しました

国際結婚をして、海外で出産した方の体験談です。チリの私立病院で無痛分娩・旦那さんの立会いのもと出産したそうです。病院の…
ID511

小児はりに通って赤ちゃんが寝てくれるようになりました

赤ちゃんがしっかり寝てくれない…昼間たっぷり遊ばせたり、色々試してもどれも効かず、最後に辿り着いたのが小児はりだったとい…