みんなのインタビュー注目の記事

骨盤矯正に効果的なストレッチについて聞きました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨盤がゆがむと体にさまざまな症状が出てきますが、簡単なストレッチで矯正することができます。整体やエステ、アロマテラピーに詳しい方に、女性だけでなく男性にも効果があるストレッチ方法やケア方法をわかりやすく教えていただきました。

自己紹介をお願いします。

34歳女性です。エステティシャンと整体とアロマセラピストとして勤務経験があります。

最近は骨盤の歪みを調整するメニューというのが流行っていて求められているので、そういったケアをお客様にしてきました。

骨盤は、姿勢の悪さやストレスもありますし、人の体は右が開きやすく左が閉じやすいという性質を持っているので、普通に心がけて生活をしていても歪みやすいという性質を持っています。

日常生活の癖などで歪む方はかなり多いです。足を組んだり、歩き方の重心の置き方もそうですし、勤務している時の姿勢などで、今は座りっぱなしの方が結構多いので、座りっぱなしだと骨盤に力がかかって歪みやすくなったりします。

逆に立ちっぱなしの方も、立っている時の姿勢によって、どちらかに重心をかけてしまったりということで、かなり歪んでしまうという原因になっています。

骨盤が歪むと、冷えや不眠、腰痛、肩こり、頭痛、膝の痛みといった体の不調全般に影響が出てきます。

女性に多いのが生理不順であったり、妊娠しづらい体になったり、情緒不安定になったりイライラしたりという影響が出てきます。

骨盤の歪みで体の不調が出るというのは、なかなか気付いていない人が多いんです。不調の原因が分からない人に、骨盤の歪みが原因かもしれませんよとアドバイスしたこともあります。

実際私はセラピストとかマッサージをする立場としてベッドの上に寝たお客様に接することができるので、本当に見て確かめて「歪んでいます」とお伝えすることはできます。

ベッドの上に寝転がらなくても、立っている姿勢で骨盤の右側がちょっと上がっていたり、普通に立った時の体重のかけ方によって歪んでいるので、その歪みが不調の原因じゃないかということをアドバイスさせていただくことはできます。

自分でできる骨盤矯正、骨盤で∞マークを描こう

自分で歪みをチェックすることはできますか。

一番簡単なのは、硬めの床に仰向けに寝てみた時に自分のかかとをぴたっとくっつけて、それからちょっと脱力した時の足の角度で、歪みをチェックすることができます。

右と左の足の開き具合の角度が一緒だったらいいのですが、同じ具合に開いていない場合は歪んでいるということです。特に開き具合が床に近ければ近いほど開きすぎてしまっています。

逆に全然開かずに指が天井の方に向いてしまっていると、閉じすぎてしまっているということをチェックすることができます。開きすぎても閉じすぎても良くないです。

例えば骨盤の歪みを治してくれる整体とかカイロプラクティックも、骨盤の歪みが得意な分野ではありますが、そういうところに通っても、最長で48時間しか歪みを調整した後の骨盤はキープできないんです。

2日に1回通うのは時間的にも経済的にも難しいと思うので、やはり毎日自分でケアすることが大切になってきます。

一番簡単なのが、肩幅ぐらいに立って、横8の字に骨盤を回します。無限マークというか、メビウスの輪の形を骨盤で大きめに描いていくんです。

その時に右は綺麗にくるっと円を描けるけど左は描けないとか、その逆だったりとか、人によって違ってくるのですが、それを綺麗に一定の速度で回せるように近づけていくようにします。

そうすると自然に骨盤の歪みも取れて必要な筋肉も付いてくるので、その方法が一番お薦めです。3分から5分くらい、朝起きた時と夜寝る前の2回で大丈夫だと思います。

産後の骨盤ケアはしっかり休むこと

妊娠すると骨盤って開いてしまいますよね。開いたままだとやはり体に悪影響ありますよね。

そうですね。それでみなさん必死に閉じよう閉じようとして頑張っていらっしゃる方が多いですね。

赤ちゃんを産む時、人間の体って最大に骨盤が開いて、産後最大に開いている状態なんですけど、閉じていないと老廃物が溜まりやすくなって代謝も落ちて、太りやすい体質になってしまうので、しっかり戻してあげることが大切です。

ただ、早く戻すということも大切ですが、3週間は身体を休ませてあげないと、戻る力も戻ってこないんです。

産んですぐ妊婦帯という紐でぐるっと巻いたり骨盤のコルセットみたいなもので骨盤をキュッと締めるんですが、それをしつつ、しっかり休むということが産後の骨盤ケアに重要です。

産後開きっぱなしになることを恐れて、24時間いつも骨盤を締めるケアをする方が非常に多いんですけど、骨盤って1日の間でも開いたり閉じたりを繰り返しているんです。

だから閉じっぱなしだと逆に体にすごく不調が出てきて、眠れなかったりイライラしてしまったりというトラブルが出てくるので、締める時と開く時のメリハリを付けてケアすることが大事になってきます。

骨盤ベルトとかも夜は着けない方がいいですね。夜は骨盤が開いて、血液の循環を良くして全ての老廃物を取り去って、朝に出すという準備をするんです。

そこで骨盤を締めてしまうと脳もリラックスできませんし体もリラックスできず、常に体が緊張している状態になってしまうので、夜は締めない方がいいです。

帝王切開で赤ちゃんを産んだ人も、基本的に3週間ぐらいで体が回復してくるので、普通の方と一緒で大丈夫です。

帝王切開だからといって骨盤がそんなに開いていないかというとそうではなくて、やはり産後に向けていっぱい開いている状態なので、傷が治れば普通の方と同じケアをした方がいいです。

一番開きやすくなるのが、女性でいうと更年期の始まりですね。50代前後から骨盤が開きっぱなしになりやすいので、この時にちゃんと閉じるケアをすることも必要です。

しかし産後のケアと一緒で、更年期というのは身体が休みたいというサインを出している時期なので、その時に激しく働いたり激しく動いたりしながら骨盤を締めると、さらに不調がすごく噴出してしまいます。

だからしっかり体を休ませつつ、骨盤を開きっぱなしにさせないというのが大事になってきます。

女性は生理があるので、生理の時にマックスに開いて、排卵の時に一番縮むというリズムが、男性に比べると激しいのです。男性ももちろんそういうリズムはありますが、女性と比べれば少ないかも知れません。

ただ男性も、男性の更年期というのが今問題になっているので、50歳ぐらいになると急に怒りっぽくなったりイライラしたり眠れないという方が増えていて、そういう方は骨盤のケアをする必要があります。

整体院に来てくれる方は男性と女性と半々ぐらいなんです。

そういう時、男性は骨盤のケアをしに来ましたとは言わないですけど、体を診てこの人もうガチガチに閉まりっぱなしだというのが分かるので、プロであれば骨盤を中心にほぐしてあげたりします。

だからきちんとしたところに行けば体のメンテナンスの一環で骨盤をケアしてくれるので大丈夫かなと思いますが、自分では気付きにくいかも知れないですね。

骨盤は閉じるばかりでなく開くことも大事

骨盤を開閉する方法ってあるんですか。

口で言うのが難しいんですけど、日中は閉じていた方が頭の回転を良くしてしっかり動けるので、朝起きた時に、仰向けで30センチぐらい足を持ち上げて、一気に下にバタンと下ろし、かかとに刺激を与えてあげると骨盤が締まるんです。

また頭がい骨と骨盤ってつながっているので、頭がい骨の首と頭の境目に熱いシャワーをかけてあげたりすると、刺激が伝わって骨盤が締まりやすくなるので、朝熱いシャワーを浴びるということも骨盤を閉じるという処方ではいいと思います。

ゆるめる方法ですが、リラックスすると骨盤はゆるむので、ぬるめのお風呂に入るとか、ゆっくりとしたストレッチとかヨガなどをすると骨盤がゆるんできます。

またもっと簡単な方法で、骨盤の歪みチェックをした時に、例えば片方が開きすぎということが分かったとすると、仰向けになった状態で、股関節を内側にグルグルと回すんです。それだけで骨盤が閉じる方向に向かっていきます。

逆に閉じすぎている時は、股関節を外側に回すと開きやすい状態に持っていくことができます。

骨盤が閉じると代謝が上がりますし、痩せやすい体になります。あと動きやすいし、頭の回転もしっかりできるということで、シャキシャキとした動きで生活を送れるというメリットがあります。

閉じることだけが今注目されていますけど、体を見ると実は緊張で閉じている人の方が多いんです。

心からリラックスできていなくて、ちゃんと開くことができていないので、夜になるとダーッと全部開いてあげるぐらいの勢いで開かないと、眠りの質に関わってきたり、体が休めなかったりします。

開いた時に老廃物、尿とか便とか排出できるので、そういう老廃物が溜まりっぱなしになったり便秘になったり、そういうトラブルも出てくるので、メリハリを付けて、開く時は開くということが必要です。

女性を中心に、美しくありたいということで、痩せたい=骨盤が閉じていた方がいいという図式ができてしまっていると思います。

特に生理前とかに骨盤が閉じちゃうと、非常に生理が重くなってしまったり、体調が悪くなってしまったりします。

閉じることがお薦めでない時期もありますので、開く時と閉じる時の時期と時間を使い分けしていった方がいいと思います。

骨盤の歪み矯正は筋肉作りから

骨盤の歪みを矯正するのにかかる期間は?

カイロや整体に行くとすぐに治っちゃうんですよ。

一瞬で治るんですけど、48時間以内にすぐまた歪んでしまうので、治していくのにはやはり毎日のケアが必要で、特に姿勢をきちんと保てるようにすることが骨盤を歪ませないポイントになります。

姿勢を保つためには腹筋と背筋がすごく必要になってくるのと、立っている方は特に、足の内側の筋肉が弱いと外側に重心が出てしまって歪むという図式が生まれやすいんです。

だから腹筋・背筋と足の内側の筋肉を鍛えていくのが、綺麗な姿勢を保つ、歪みにくいポイントになるということで、筋肉をちゃんと整えていくということでは1ヶ月から3ヶ月ぐらいかかると思います。

整体で歪みを直しても、それをキープできる筋力を自分で付けていくということが大切です。

私は特にグッズを使ったことがなくて、全部お風呂とかストレッチとかでセルフケアをしてきたので、お薦めできるというものはありません。

座り仕事の人は、骨盤に体重が乗ってしまっている状態で、血流も悪くなって骨盤が歪みやすくなるので、お手洗いに立ったときにはいつもストレッチをして血液の循環を良くすることが大切になってきます。

座っている時の姿勢も、トレーニングだと思って腹筋と背筋を鍛えつつ、背もたれを使わずにきちんとした姿勢を保っているかというのを自分でたまにチェックしながら座ることがいいと思います。

あと足を組まないことです。どうしても組んでしまうということであれば、どちらかをいつも組んでしまうというパターンが多いので、むしろ逆に組みにくい方の足を組んでみるとか、そういう工夫をすることでも骨盤のケアにはなってきます。

立ち仕事の人は、片方に重心をかけて立っている方って結構いるんです。なので自分の重心を片方にかけないということをいつもチェックすることと、外側じゃなくて内側、お尻の穴を閉じるようなイメージの立ち方をするといいと思います。

それを意識するだけでも筋力も付いてくるので、歪みにくい姿勢をキープできて、どんどん歪みにくい体になってきます。

歪みと言ってもどんなふうに歪んでいるかってかなり人によって違うので、本当に自分は治すんだと決めた時には、1回プロの整体院とかカイロプラクティックに行ってみることをお薦めします。

そこでどんなふうに歪んでいるかというのを1度把握した上で、自分に合った方法で歪みを治していくというのが最短ルートだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

針とお灸の効果は?よく通っている女性へインタビュー

鍼灸によく通っている女性にインタビューをさせて頂きました。鍼灸の考え方や効果から、施術方法やお店の選び方、そして気になる...

骨盤矯正に効果的なストレッチについて聞きました

骨盤がゆがむと体にさまざまな症状が出てきますが、簡単なストレッチで矯正することができます。整体やエステ、アロマテラピーに...

ホットストーンセラピーのマッサージ効果で脱冷え性

石の力で体を温めほぐし、癒し効果もあるホットストーンセラピーについて、お店の選び方や施術の内容をお聞きしています。痛みが...

針治療とお灸は心身ともに効果がありました

体の中に流れる気を見極め、バランスを整える針治療とお灸は、赤ちゃんから施術できるんです。痛くない針もありますし、副作用も...

リフレクソロジーで下半身の冷えとむくみを解消

リンパや血液の流れを促進する効果があるリフレクソロジーは、免疫力のアップや下半身の冷えやむくみなどに効果があると言われて...

整体・マッサージカテゴリ 最新記事

ID796

赤ちゃんをベビー整体体験談

赤ちゃんの体や生活のリズムを整える、ベビー整体についてお聞きしました。お母さんと赤ちゃんのスキンシップを図ることができ…
ID540

針治療とお灸は心身ともに効果がありました

体の中に流れる気を見極め、バランスを整える針治療とお灸は、赤ちゃんから施術できるんです。痛くない針もありますし、副作用…
m143

整体マッサージに通うことで猫背が治りました

整体店に通われている方からお話を聞かせていただきました。整体とはどのようなことをする場所なのか、通うことで体はどう変わ…
m136

リフレクソロジーで下半身の冷えとむくみを解消

リンパや血液の流れを促進する効果があるリフレクソロジーは、免疫力のアップや下半身の冷えやむくみなどに効果があると言われ…
772

針とお灸の効果は?よく通っている女性へインタビュー

鍼灸によく通っている女性にインタビューをさせて頂きました。鍼灸の考え方や効果から、施術方法やお店の選び方、そして気にな…