みんなのインタビュー注目の記事

エレクトーンの教室で10年以上レッスンした感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピアノじゃなくてエレクトーン?って思うかたもいらっしゃるかたも多いかと思いますが、エレクトーンを10年学んで、よかったこと、悪かったこと。そして、これから習ってみたい方への機材の選び方から、教室の通い方までご紹介いたしております。

エレクトーンを始めたきっかけはなんですか?

姉がエレクトーンを習っていたので、私も習ってみたいなと思ったのがきっかけです。

小学校2年生の7歳から高校3年生まで10年近く習いました。

その教室は個人教室ですか?それとも大きな教室ですか?

個人教室です。

ヤマハの教室だったんですけど、そこはちょっと変わったシステムを取っていましたね。生徒さんのお家に先生が出張でやってきて、その1人の生徒さんのお家に他の生徒さん達が代わる代わるやってくる形でした。

私の家に先生が来る時もありましたし、他の生徒さんのお家に行って習わせてもらった時もありました。

先生はとっても優しくてゆるい感じの先生でしたね。今から思うと上達するためにはもう少し厳しい先生の方が良かったです。

それは私の母も感じていて、優しい先生だったのは良かったんですけど、「もうちょっと先生選びをしてからエレクトーンを習わせたら良かったかなー」と心残りみたいです。

ただ、長く続けられたのもその先生だったおかげでしょうし、厳しかったら早くに辞めてたかも知れません。どっちが良かったかは良し悪しありますね。

レッスンの流れ

レッスンはどんな感じですすみますか?

レッスンは、前回のレッスンの時に先生から課題曲をもらうので、その課題を練習してきたのをまず先生に見せます。それが合格したら、次の曲に進んでいく感じです。

すごく簡単な曲だったら課題が2曲出ることもあったんですけど、大体1曲でした。

練習するときはまず右手を弾いて、次に左手とベースを弾いて、という風に片方ずつ練習して、それができたら少しずつの小節に分けて両手を合わせて弾いていきました。

どうしても弾いているうちに苦手な小節が出てくるので、そこは何回も何回もしつこいくらい繰り返し練習しましたね。

小節ごとに弾けるようになったらまた最初から通してやって、という感じです。

それで小学生の頃は1週間ごとに仕上げて繰り返し行ってたんですけど、中学生、高校生になるにつれ課題がだんだん難しくなってきて、長い曲だったら1ヶ月くらいかかってました。

普通の歌謡曲なんかを弾いてたんですけど、3分だったり4分くらいの長さでしたね。

ワンレッスンはどれくらいの時間ですか?

ワンレッスンはちょっと短めで20分でした。月謝は確か7千円代だったので、今から思うと時間の割に高かったですね。

1台で様々な音色やリズム、1人でバンド感覚のエレクトーン

10年間続けられた秘訣はありますか?

さっきちょっとお話しましたが、先生が優しかったのが10年間続けられた理由の1つですね。

例えばエレクトーンだったら級を受けたりすることもあるんですが、それも強制じゃなかったので自分に無理せずレッスンを受けることができました。

私は最初の9級を受けただけで、それ止まりでしたね。

なぜピアノではなくエレクトーンを選んだのですか?

姉がエレクトーンを弾く姿を見て大きくなっていったので、その影響が大きかったです。最初からピアノは頭の中になく、「エレクトーンを習いたい」と思いました。

エレクトーンとピアノの1番大きな違いは鍵盤の軽さと重たさですね。エレクトーンは本当に鍵盤が軽いので、エレクトーンを弾いてる人からみるとピアノの鍵盤はすごく重たいです。

あとは、1列に並んだ鍵盤を弾くのがピアノですが、エレクトーンは鍵盤が上下の2段になっていて、右手は上の鍵盤を弾く、左手は下の鍵盤を弾く、さらにベースがあるので左足で押す鍵盤もある訳ですね。

電子ピアノだったら同じような機能もあるんですけど、エレクトーン1つで色んなリズムの音が出るので、リズムに乗りながらメロディを弾けるのも大きな違いです。

1人でバンドを組んでいるような感覚で1曲仕上がるのが魅力なんですね。

ただ、エレクトーンのリズムはボタンを押して変わっていくんですけど、今のエレクトーンはちょっと覚えられないくらい多くのボタンとリズムがあります。

私が習い始めた小学生の頃は簡単に覚えられる程度のボタンしかなかったんですけどね。

でも先生はどのボタンを押せばどんなリズムが出るか完璧に覚えていたので、結局そこは先生任せでした。

リズムについては楽譜にも書いてないので、先生オリジナルで設定してくれた音に私が乗っかって弾かせてもらっていました。

その操作だけでも難しそうなんですけど、両手と足も使うというのは難しくないですか?

意外に難しくないですね。

「足も使うのは大変だね」ってよくピアノを習ってる人に言われますが、ピアノを弾くよりずっと簡単です。

大体、左手と足は音がセットになっていて、「この押し方だったら足はどう押す」と決まっているので、その決まりを覚えてしまえば簡単なんです。

あとはメロディーを弾くだけなんですね。

発表会は出たことありますか?

何回か出たことがあります。

他のクラスの子達も出る合同のエレクトーン発表会で、ヤマハの持ってた小さなホールですることが多かったです。

発表会では1人で曲を弾いたり、その教室の子供たちとのアンサンブルで、それぞれのパートに分かれて弾いたりしました。

衣装は母の手作りの衣装みたいな、普段着よりはちょっとかわいい衣装着せてもらったりしましたけど、ドレスみたいに派手な感じではなかったです。

エレクトーンの教室選び―まずは見学を

上手なエレクトーン教室選びのポイントはありますか?

自分はどういうところを目指しているか、お子さんにどういう感じでエレクトーンをしてほしいかを明確にして見学したりお話しを聞いたりするのが大切です。

例えば「楽譜を読めるようになって音楽を楽しんでほしいな」というような気軽な感じだったら、ゆっくりと優しく教えてくれる先生でもいいですが、「本格的になってほしい」と考えているのなら、毎日「5分、10分でも練習するのよ」とお尻を叩いてくれるような、ちょっと厳しい先生がいいですね。

エレクトーンを始めるときに必要なものはありますか?

最初はエレクトーン本体じゃなくていいと思うんですけど、キーボードなどの鍵盤は必要ですね。でもやっぱりキーボードにはベースがないので、できることならエレクトーンがあるといいです。

エレクトーンってすごく高価なイメージですが、もうピンキリなんですよ。

一番安い値段ははっきりとは知らないんですけど、3~40万円で売ってるんじゃないでしょうか。高いものだと100万円超えるものもありますけどね。

エレクトーン以外にはヘッドフォンがあると便利ですね。ヘッドフォンがあれば近所迷惑にならずに夜遅いときでも練習できるので良いです。

私自身、高校生くらいになるとクラブが終わってご飯食べて、それから練習をしていましたので、どうしても夜8時、9時の時間になっていました。ヘッドフォンがあると助かりましたね。

エレクトーンを習うならヤマハがおすすめ

エレクトーンを習っていて良かったことはありますか?

学校の音楽の授業がすごく簡単だったのが良かったです。

テストでも小さい頃から知ってた事なのでスラスラと書けましたし、何か音楽でみんなの前に出なければいけない時も、ある程度自信を持って演奏できました。

学校で何か鍵盤を弾かなきゃいけない時やリコーダーをやる時も楽譜が読めるので取っ掛かりやすく、音楽の授業で苦労しなくてすんだのは本当に習っていて良かった事ですね。

あとは自分の子供が生まれて、子供に簡単な童謡なんかを弾いてあげた時「お母さんこんな曲弾けるの、すごい」と言われたのもちょっと嬉しかったです。

ただ、ピアノを習っている人と比べると左手の「ヘ音記号」の楽譜を見るのがとても苦手なんです、私。同じ音楽をしてるのに、それが残念だったりしますね。

もちろんエレクトーンの楽譜にも「ヘ音記号」は出てきて、音符もちゃんと並んでいるんですけど、その上にcだったりaマイナだったり、コードネームがついてるんです。

cだったら“ソ・ド・ミ”を押すんですけど、「cは“ソ・ド・ミ”」という形で覚えているので、音符を見てないんですね。だから苦手なんです。

でも、逆に右手の楽譜とコードさえあれば左手も音が決まっていて分かるので、簡単なものだったら何でも弾けますけどね。

エレクトーンを始めたくなったらどうしたらいいですか?

まずヤマハに聞いてみて下さい。ヤマハが一番エレクトーンに力を入れてるようなイメージで、他の楽器屋さんはそれほどでもありません。

あとはインターネットで自分の地域のエレクトーン教室を検索してみるのもいいですね。

これからお子さんに習わせようとか、ご自身が習いたい方へメッセージをお願いします。

音楽って、表現する事ができるとすごく楽しいものなので、是非お子さんにも習わせてあげて欲しいです。

また、エレクトーンは子供さんが習うようにイチからゆっくりゆっくりと始めていったら大人でも十分習える楽器です。

ご自身も好きな曲が弾けるようになり、1曲仕上げたときの爽快感は本当に気持ちいいものなので、その体験を味わってもらうためにも、是非、習ってもらいたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

新宿の速読教室に通った感想まとめ

速読って気にはなるけど、本当にできるようになるの?速読教室に通った男性に、そんな速読に関する疑問にお答えいただきました。...

吹奏楽部でフルートを演奏!県大会に3回出場しました

美しい音色のフルートは誰もを魅了します。中学の吹奏楽部でフルートを担当していたという方に話を聞きました。持ち運びも簡単で...

子どもの時からピアノを習っていた女性へインタビュー

小さな子供のころからピアノを習っていたままそのまま大人になっても続けています。それだけ楽しくて魅力のあるピアノについて語...

習字教室に10年間通った女性に魅力を聞きました

小さな子供のころから習字教室に10年以上通うことでどうなったのか?字はどれぐらい上手くなった?教室に通ううえで必要なモノ...

エレクトーンの教室で10年以上レッスンした感想

ピアノじゃなくてエレクトーン?って思うかたもいらっしゃるかたも多いかと思いますが、エレクトーンを10年学んで、よかったこ...

お稽古・習い事カテゴリ 最新記事

ID911

ギター初心者が上手くなりたいと思いギター教室へ通った感想

ギターを演奏している姿は、かっこいいものです。今回は自分の好きなアーティストに憧れて、ギター教室に通われた方にお話を伺…
ID742

小学生のころ書道教室に7年通った感想を聞きました

7年間書道教室に通った方にインタビューしました。楷書から始め、行書・草書を習ったほか、つけペンを使った硬筆も習ったそうで…
ID577

小学生からトロンボーンを初めて10年になります

吹奏楽部でトロンボーンを担当していた方にインタビュー。腕が長いからという理由で担当に決まり、最初はガッカリ…でもどんどん…
ID361

吹奏楽部でフルートを演奏!県大会に3回出場しました

美しい音色のフルートは誰もを魅了します。中学の吹奏楽部でフルートを担当していたという方に話を聞きました。持ち運びも簡単…
ID630

理科嫌いの人に教えたい理科の魅力

理科嫌いな人は普段の生活こそ科学と密接に結びついていることを認識し、生活の中でものに触れ疑問を自分で考え調べてみること…