みんなのインタビュー注目の記事

妊娠中腎盂炎になったり救急車で運ばれたり…二児のママの出産エピソード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供を2人産んだ女性に妊娠生活について詳しくインタビューしました。妊娠中大変だった事や入院したトラブルなど大変だった妊娠期間を話して頂きました。陣痛の痛みや食べ物の好み、悪阻など気になる出産のエピソード満載です!


船酔いが続くようなつわりの期間

妊娠に初めて気付いたのはいつですか?

実は私、かなり前から生理不順があって、妊娠の時もいつもの生理不順だと思って放っておいてしまったので、結構気付くのが遅くなってしまったんです。

あまりにも生理が来なかったので、妊娠3ヵ月ぐらいでやっと市販の尿検査キットを購入して、調べてみたら陽性反応が出たので気付きました。

体のだるさは感じていたのですが、それが妊娠によるものだとは思いませんでした。子供を欲しいと思ってからは割とすぐで、2、3月ぐらいですぐ授かりました。

私の住んでいる地域には大きい産婦人科が2つあって、そのどちらかにしようと考えて、家から近い方にしました。病院の評判についてはどちらも同じぐらい評判は良かったので、特に考えないで選びました。

最初つわりは無いのかなと思っていたら、3ヵ月から4ヶ月の間ぐらいに胃のムカつきを感じるようになって、ご飯の匂いでムカムカするようになりました。それからしばらくは続きました。

とにかく胃がムカムカするので、油っぽいものは見るのも嫌でした。ご飯も好きだったんですけど匂いで食べられなくなったし、とりあえずさっぱりしたものを中心に食べていました。

食べたら吐くという事も数回はありました。ただ多い方ではなかったと思います。

妊娠3ヶ月から6ヵ月に入るくらいまではちょっと続きました。大体3ヶ月間ぐらいです。ずっと船酔いが続くような感じです。それが3ヶ月続くので辛かったです。

つわりの時はダメでしたけど、つわりが終わってからはご飯よりもお菓子が食べたいという欲求が強くなって、お菓子ばかり食べていました。

元々私自身好き嫌いが激しくて偏食が多かったんですけれど、妊娠してからはそれがさらにひどくなって、お菓子が主食になってしまうくらいお菓子ばかり食べるようになってしまいました。ですから栄養バランスがすごく悪かったと思います。

妊娠中、腎盂炎に!胃腸風邪で救急車も

妊娠の経過は順調でしたか?

実は順調ではなくて、上の子の時は途中で腎盂炎という病気にかかりました。

最初はおなかが大きくなってきたから腰痛になったのかなと思っていたのですが、実は腎臓に菌が入って腎盂炎という病気になっていると診断されました。

それで薬を貰ったのですが、その薬が自分に合わなくて嘔吐がひどくなってしまって、入院する事になりました。

2人目の時は、ちょうど胃腸風邪が流行っている時に自分もかかってしまって、何も食べられないし、ずっと下痢でトイレにこもりっきりだったので、救急車を呼んで点滴を打ってもらったりしました。

幸い入院には至らなかったのですが、しばらく点滴を打つ為に通院をしていました。でも赤ちゃんは大丈夫だったので、よかったです。

おなかが大きくなってきてから、足の爪が切れなくなったりとか、靴下を履いたり寝返りを打てなくなったのが、結構辛かったです。

寝る時は横向きにはなれるんですけど、私はうつぶせになるのが好きだったので、それが無理になったのは辛かったです。

辛かったのは、妊娠中でも家事や仕事はやらないといけなかった事ですね。

一応周りは気遣ってくれるんですけど、やはり妊娠中は貧血気味になるので、めまいとかを起こしてしまうんです。ですから立ちっぱなしの仕事とかをしていると辛いと思います。

上の子の時はとりあえず妊娠が分かった時に辞めましたが、2人目の時は8ヶ月目まで働いていました。立ち仕事で、販売の仕事をやっていました。

重たい荷物とかは持ってもらっていましたし、色々周りの方にサポートしてもらって、本当に助かりました。

やっぱり周りの皆が気遣ってくれる事と、検診の時にエコー写真を撮ってくれるんですけど、今は3D写真で結構立体的に見えるので、それがすごく嬉しかったです。

大体6ヵ月過ぎ辺りから、赤ちゃんが動くのが分かるようになります。

最初のまだ安定期に入ったぐらいの時は、ちょっとポコッ、ポコッって振動するぐらいなんですが、臨月が近くなってくると手とか足の形が分かるぐらい動くようになります。

お腹に手形や足形が見えるようになるんですよ。それがもう痛いんですけど「ああ、元気なんやな」と思って嬉しかったです。結構激しく蹴られたりするんで、痛い事もあります。

胎児の首にへその緒が! 即入院、風船で陣痛促進

入院時に必要なものは何ですか?

入院前に入院のしおりを病院から渡されるんですが、普通の入院の時と同じように、パジャマとか洗面用具とかを用意するように指示されました。

ただパジャマは授乳出来るように胸の部分を開く事が出来る専用のものや、ショーツもマタニティ専用のものを購入しました。それから産後出血があるので、それ用のナプキンも用意しました。

上の子の時は、検診に行った時にへその緒が首に絡んでいるような感じになっていたので、その日に入院して下さいと言われました。

陣痛も無いのになと思っていたら、陣痛を起こす為に体の中に風船を入れられまして、それで陣痛を起こすという処置が行われました。その風船を入れている間、すごく痛かったです。

正式名称はよく分からないんですけど、先生が風船と言っていました。要は風船を入れて中で膨らませる訳なんですが、膨らむと子宮口が開いて陣痛が起きてくる仕組みらしいです。

それを入れている間はトイレに行ってはいけないので、おしっこしたくなったら看護師さんを呼んで尿を採ってもらうんですが、それも嫌でしたし、とにかく痛みで眠れませんでした。

とりあえず風船が出るまでは動かないで下さいと言われてずっと寝たきりでした。私の場合は半日ぐらいで出てきました。その風船が出た後に本格的に陣痛が来て、そのまま出産になりました。

2人目の時は家で破水して、その後病院に行って、やっぱりその時も陣痛が来ていなかったので、この時は陣痛促進剤というものを飲まされて、それですぐ陣痛が起こって出産しました。

最初はおしっこぐらいに感じる程度なんですが、トイレに行って確認するとどこから出ているのか分からないのでこれは破水だと気付いたんです。この時は2人目だったので慌てたりはしなかったです。

最初はちょっとしか出ないので破水とは分からない程度なんですけど、病院に着いてから先生が結構激しく内診するので、そこから大量に水が出ました。

その時は血が出ていなくて、本当に透明でした。ただ出てくる量がすごくて、普通の生理用ナプキンでは追いつかなくて、産後用の専用ナプキンをあてて陣痛が激しくなるまで待っていました。

出産の痛みは会陰切開に勝る!

出産時の痛みはどうでしたか?

痛みは初産の時の方がすごかったです。とりあえず陣痛から出産までの時間が1日以上あった上に、分娩台が空いていなかったので、生まれそうなのに待たされたんです。

たまたま集中していたみたいです。その待っている間も陣痛が激しくなっていったんです。

陣痛の痛みはお通じの時に感じる痛みに似ていたので、私は勘違いしてずっとトイレに座っていました。

そこで苦しんでいたら、看護師さんに生まれてしまうから力を入れてはダメだと言われました。それから何とか空くのを待っていたんですけど、分娩台が空いて、そこに乗ったらすぐ出産しましたね。

2人目の時は、陣痛から生まれるまでの間は薬を使ったので短かったのですが、薬を使用したので急に痛みが襲ってきたのですごく叫びました。そしたら看護師さんに静かにしなさいって怒られたので、何とか我慢して産みました。

1人目の時は赤ちゃんが出やすいように会陰部を切られました。会陰切開といって、それをしないとお尻の方まで裂ける場合があるらしいです。切ってもらったんですが、陣痛の痛みがひどかったので切られた痛みは感じませんでした。

2人目の時は切る事は無くて実は裂けたんですけど、幸いお尻の方にはいかなかったので傷は浅かったです。お尻のところまで裂けると大変らしいです。

恐らくお通じの時が大変になると思います。そうなった場合縫合しますけど、傷が残るので大変らしいです。私はそこまでいきませんでしたが、そういう方もいらっしゃいました。

陣痛が起こって苦しんでいる時に「ちょっと切りますね」って先生が冷静に言うんですよ。でも私は陣痛の痛みで苦しいので、もう何でもいいという感じでした。切られた痛みは全く感じませんでした。

麻酔したのかどうかは分かりませんが、とにかく陣痛の痛みの方が勝っていました。

出産直後は感動よりも痛みからの解放が嬉しい?

お子さんが生まれた時の感想はどうでしたか?

すごく感動するという方もいらっしゃるようですけど、私は陣痛の痛みから解放された事の方が嬉しかったです。

赤ちゃんを抱っこさせてもらうんですけど、痛みが無くなったという思いが強すぎて可愛いと思う余裕がありませんでした。

特に1人目の子は抱いた途端におしっこをしてしまって、感動の場面が面白場面になってしまいました。

2人目は女の子なんですが、私が女の子を欲しいと思っていたので嬉しかったんですけど、赤ちゃんの顔って猿みたいなのであまり可愛いなとは思いませんでした。

産んだ直後はもう痛みがないので楽なんですけど、体を動かしてはいけないので、車椅子で病室に戻りました。それから何時間かは安静にして寝ていないといけません。

その後看護師さんが来て、トイレに連れて行ってもらいます。その時に立ったら、もう歩けないほど体力を消耗している事に気付きました。

貧血になっていたのか、立ったらフラフラになってしまいました。体力のある方なら大丈夫だったと思うのですが、私は元々体力がないので本当に立てないほど弱っていました。

本当に、産んだ瞬間に今までの痛みが嘘のように無くなります。

お腹は、これが面白いんですよ。今までパンパンだったのが急にしぼむので、ぶよぶよの皮が風船がしぼんだみたいにしわしわになって、変な感じになります。

最初の子供の時は、例え健康な赤ちゃんだったとしても1週間ぐらいは入院する事になりますが、2人目からは早く退院する事が出来て、4~5日目には退院出来ます。

でも私は病院で出る食事がすごく美味しいので、退院するのが嫌な感じでした。

私の場合、体重はすぐに戻ったんですけど、骨盤の開きが中々元に戻らなくて、最初の出産の時は骨盤を閉めるベルトをしていました。

でもそのベルトがすごくうっとうしくなって途中で辞めてしまったので、結局戻らなくて、今も骨盤が開いたままなんです。体型を元に戻したいならベルトは嫌でもやった方がいいと思います。

すごく締め付けられる感じはあったので、続けていれば効果はあったと思いますが、締め付け感が苦手に感じるとかなり大変だと思います。

私は別に子供を作ろうと思って出来た訳ではないんですけど、もし計画的に子供を産みたいと考えているのなら、基礎体温を付けるようにすると排卵時期が大体分かるので、それを活用すれば妊娠しやすくなると思います。

不妊治療をしている人も結構周りにいたんですけど、どうしても子供を欲しいと考えているなら、それも1つの選択肢になるかと思います。助成金も出ますので、治療をしてみるのもいいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

乳児を連れて国際線の飛行機に乗りました

赤ちゃん連れで国際線に搭乗した方にインタビュー!赤ちゃんと一緒に飛行機に乗る時の必需品や、フライト中に赤ちゃんに機嫌よく...

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない時のママの7つの心得

離乳食インストラクター協会の代表理事であると同時に、総レシピメニュー数が1500を超える人気の離乳食レシピブログの運営者...

妊娠中腎盂炎になったり救急車で運ばれたり…二児のママの出産エピソード

子供を2人産んだ女性に妊娠生活について詳しくインタビューしました。妊娠中大変だった事や入院したトラブルなど大変だった妊娠...

飲み薬で二年間の不妊治療をした20代女性のお話

赤ちゃんを授かることができずに悩んでいる女性の中には不妊治療を検討したことがあるという人も多いのではないでしょうか。2年...

結婚せずシングルマザーを選んだ女性へインタビュー

22歳で妊娠したけれど、結婚はせず1人で育てていくことを決めた現在28歳の女性。なぜ結婚しなかったのか、1人で子育てする...

出産・育児カテゴリ 最新記事

中田馨さん

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない時のママの7つの心得

離乳食インストラクター協会の代表理事であると同時に、総レシピメニュー数が1500を超える人気の離乳食レシピブログの運営者の…
ID1137

歌敷山保育園は1歳から小学校まで利用する予定

歌敷山保育園の特徴はアットホームな雰囲気で清潔感があります。共働きの方が生後6ヵ月~小学校前のお子さんを預けています。…
ID697

一人目の妊娠・出産はトラブル続きで切迫早産でした

赤ちゃんもお母さんも命がけの大仕事である出産。悪阻との戦い、職場の無理解、切迫早産で入院…。陣痛が始まってからも一筋縄で…
ID679

チリで海外出産!無痛分娩で無事出産しました

国際結婚をして、海外で出産した方の体験談です。チリの私立病院で無痛分娩・旦那さんの立会いのもと出産したそうです。病院の…
ID511

小児はりに通って赤ちゃんが寝てくれるようになりました

赤ちゃんがしっかり寝てくれない…昼間たっぷり遊ばせたり、色々試してもどれも効かず、最後に辿り着いたのが小児はりだったとい…