みんなのインタビュー注目の記事

ランサーズでお仕事依頼を上手にするコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」は、相場よりも安く良い仕事をしてもらえるので大助かり。依頼する時のコツやマナー、トラブルはないのか、今までで一番感動した仕事とは…?利用者に徹底インタビューしてきました!


印象よく明確なイメージを伝えるよう心掛けています

ランサーズを利用しようと思ったきっかけについて教えて下さい。

最初はランサーズの存在自体を知らなかったんですが、ツイッターでランサーズがすごく便利だという呟きを見た事で興味が湧きました。

調べたところ、仕事の依頼の仕組みを見て少しでも仕事のコストが安くなればいいなと思って使い始めたのがきっかけです。

1番依頼しているのはライティング作業です。うちの会社がブログやメディアを多く運営していまして、それぞれのメディアに対して記事が書ける人が不足して困っていたので、そういった記事を書いてもらうように依頼する事が多いです。

あと継続的にお願いしているのはテープ起こしです。こちらに関しても数名の方にお願いしている状態です。

月にかかる費用は大体10万~15万円ぐらいです。正直かなりの人数の方にお願いしているのですが、このくらいの費用で済んでいるのですごく安いと思います。

1番気をつけているのは、こちらがお願いする立場である事をしっかり認識しておく事です。

コンペはよく分かりませんが、ランサーズのプロジェクトとかタスクの依頼の中には上から目線というか、仕事の概要だけを機械的に書いた文章を載せた依頼を見かけます。

実際に仕事をするランサーの方は人間なので、やはり機械的な対応よりもちゃんと人として接する方が依頼しやすいと思います。

依頼文の最後に「何卒よろしくお願い申し上げます」と1文付け加えるだけでも依頼主への印象がずいぶん変わってくると思うんです。

確かにパソコン越しで直接会う訳ではないので顔は見えませんが、だからこそ礼儀正しく接するべきだと考えています。

あと重要なのは、依頼時の仕事内容を分かりやすく説明する事ですね。だからといって文章が長すぎると相手も見る気がなくなるので、適度な長さで仕事の内容がよく分かる説明文を作成するように努めています。

そうすればより多くの応募者を集められますし、先方が仕事の内容を勘違いして応募してくる可能性も減りますので、分かりやすさと丁寧さに気を配って作成しています。

コンペの仕事は主に名刺のロゴ作成の依頼をするぐらいで頻繁に利用している訳ではありませんが、コンペに関しても依頼する我々の求めているイメージを出来るだけ明確に伝える事が重要だと思います。

コンペはたくさんの数のデザインが集まってくる事もあり、中には予想以上の出来のものも出てきたりします。ただイメージが伝わっていないと、こちらが意図したものが出来てこない事もありえます。

コンペはデザイン系の依頼が多く、どちらかと言うと明確なイメージが無い、非常に抽象的な仕事が多いんですけど、その中でも出来るだけ我々が求めているイメージを伝えていくように努めた方がいいと感じています。

逆に全くイメージを伝えないというやり方もあるようです。例えば会社のロゴの依頼などでは会社のイメージだけを伝えて後は自由にやってもらうという形式でやられている依頼主も多いです。

プロジェクトは素早いレスポンスが大切。タスクは簡潔で分かりやすく。

プロジェクトやタスクの仕事依頼で、気をつけている点は何ですか?

プロジェクトの仕事は、相手の方とメッセージでのやり取りがメインになるので礼儀正しく接するように心がけています。

後はレスポンスの早さですね。相手からのメッセージに対して出来る限り早く返事をするように努めています。外出時でもスマホとかでメッセージをチェックしてすぐさま対応出来るようにしています。

仕事をお願いしている方の事をランサーというのですが、対応が早いという事はランサーにとっては安心感があると言われた事があります。

仕事の相談が中心になるので、返事が早いという事はランサーにとって安心して仕事が出来ますし、依頼主への信頼に繋がります。

ランサーが仕事を選ぶ基準が、仕事の単価だけでなく依頼主がどんな人かという事も重要なので、たとえ単価が安くても対応がきちんとしている依頼主の仕事を選ぶ方も多いんです。要するに依頼主もランサーもお互いを選んでいるんです。

ランサーがこちらの依頼に応募する事を提案と言うのですが、テープ起こしの依頼などでは1日に10人以上の提案があったりするので、人数が多すぎて選ぶのに困った事があります。

そういう時は早めに締め切る事もあります。たとえ期間が残っていても、提案者が少なくても、条件の良い方がいらっしゃればすぐ締め切る事もあります。

早く締め切って、それ以上提案が出来ないようにするんです。そうしないと断る人が増えていくので、先方にも迷惑になります。

ですから提案の集まり方を確認してどうすべきかを判断した方がいいです。逆に提案の集まり方が悪い場合は、自分の依頼の仕方が悪くて相手に伝わっていない事が多いです。

そういう場合は、仕事の内容がマニアックすぎて出来る人が限られてしまったというケースもあるのですが、そうでなければ依頼内容自体に問題があると考えるべきです。

タスクの仕事はその場で投稿出来る仕事なんですが、いかに簡潔にまとめるかという事が重要ですね。

プロジェクトの場合はしっかりと細かい内容まで書くんですが、実際にタスクの仕事内容はアンケートや記事作成など簡単なものが多いので、簡潔で分かりやすい内容になるよう努めています。

それからタスクではよくある事なんですが、著作権を無視して他の記事を転用してくる人がいるので、そういったものを見逃さないように気をつけています。

コピー&ペーストをチェックするツールを使っているのですぐに分かります。ですから1度でもそういう事をしたランサーは、提案をブロックするようにしています。

ブロックされたランサーは我々の依頼に対しては一切提案が出来ないようになります。このように違法行為についてはきちんと対処する事が重要だと思います。

プロフィール作成は写真やロゴで印象付ける

プロフィールなど自分を伝える為の情報で、何か工夫している事はありますか?

工夫はしていますね。実名を無理に出す必要は無いと思いますが、顔写真とかロゴマークとか何か自分を印象付けるものを出すようにはしています。

それからプロフィールをきっちり書き込む事も重要でして、書き込んである方がプロフィールを見た時にイメージが掴みやすいという話を聞いた事があります。

仕事内容によってプロフィールの書き方は変わってくるので一概には言えないですけど、どこを詳しく書くかは考えた方がいいですね。

例えばプログラマーの場合、自分が出来なかった仕事をランサーズで依頼をするというケースもあります。その場合、実名や写真を公表していると本来のお客さんにばれてしまう事があるんです。

そうならないように匿名で仕事をしたいという人もいます。自分をアピールする為に何が必要で何を書くべきか、よく考える事が重要です。

顔や名前が分からないことに不安は無いですね。ランサーズの仕組みは本当に良く出来ていると思います。

たまに途中で仕事を投げ出された事もありますが、もし直接雇っていたら色々と大変な事になっていたかもしれないので、別に匿名でなくても問題は起こると思います。

実際にうちの会社でも内勤スタッフやアルバイトを雇っていますが、個人情報が分かっていてもトラブルは起きますし、顔や名前が分かっていなくてもあまり変わらないと思います。

それに我々の方も、別にいかがわしい仕事を依頼する訳ではないので気にしていません。

ただ唯一納期が緊急で急いでいる場合は、やはり不安を感じますね。どうしてもこの日まで仕事を収めなければいけないという時は、同じ仕事を2人に頼むようにしたりして、より確実性を持たせたりしますね。

当然2人分なので損をする事になりますが、ランサーズでは価格が安いので他の会社に頼むよりもコストパフォーマンスがいいんです。結局2人共仕事を仕上げてくれたので、その後はいい仕事関係を築いています。

ですから顔が見えない事に関してはあまり不安はありません。システムの関係上、お金のトラブルとかもありませんしね。

50万円かかるところ、ランサーズなら納期1日で2万5千円

今まで1番いい仕事をしてもらえたと思った事はなんでしょうか?

コンペやプロジェクトに関しては皆さんそれなりにいい仕事をして頂いている方が多いです。

その中で1番いい仕事をしたというか助かったと思ったのは、以前エクセルのマクロで作れるんじゃないかと思うぐらい簡単なデータ抽出プログラムの仕事があったんです。

しかしもし出来なければ1つ1つ手作業でデータの抽出をしなければならなくて大変な事になるという事で、緊急に依頼があったんです。しかも予算も少なくて、かなり無茶な依頼だったんです。

知り合いのプログラマーに相談したら期間も足りないし予算も50万ぐらいかかると言われてしまって、ダメ元でランサーズのプロジェクトで募集したら10分後ぐらいには3日以内には出来ると思いますという提案が来たんです。

その方は会社が終わった後のアルバイトでランサーズをやっていた方なんですが、これなら僕でも出来ますと言って下さった上に提示された予算がなんと2万5千円だったんです。

後は期間についてですが、非常に切迫していたので1日で出来ませんかと事情を説明して交渉したら、徹夜して次の日の朝に完成させてくれたんです。この事は私にとっても嬉しかったし助かったと思いましたね。

データ抽出自体は単純な作業なんですけど、もし手作業になっていたら1ヶ月ではすまない作業でしたね。

仮に2人がかりでやったとしたら人件費が20万円以上かかりますし、長期的なトラブルになっていた可能性があるのでそれ以降も費用がかかってしまう事になっていたと思います。

でも2万5千円のツールを使う事でほぼ解消されたので、本当に助かりましたね。その時がランサーズってすごいなと1番感動した瞬間でしたね。

やはりお互いに顔も名前も知らない状態で仕事がきちんと進んでいくのは、すごいと思います。

今までそういった外注とか在宅スタッフに仕事を依頼した事はありましたが、そういう場合は名前も知っているし、契約書も交わしていますし、源泉徴収とかもきっちりやらないといけないので色々と面倒なんです。

そういうのが一切無くてシステム代だけで経費も落とせるし、最初は本当に感動しました。

それから、値段は安いけど仕事の能力は高いという事ですね。結構勘違いしている方も多いんですけど、高いお金を払ったらいい仕事をしてもらえるとは限らないんですよ。

私の経験では、仕事が出来る人ほど安い金額でやってくれる事が多いですね。理由としてはランサー本人が仕事にかかる時間で単価を決めるので、短時間で仕事が出来る人ほど安い金額になるという訳です。

だからそういう面でも、安い金額で提案してくる人ほど仕事が出来るというケースが多いですね。高い値段の方がいい仕事をしてくれるかなと思って頼んだ事がありますが、逆に仕事がいまいちという事が多かったですね。

具体的な例だと、10万円で依頼して作成してもらったHPよりも1万5千円でお願いしたHPの方が納期も早くてデザインも良かったという例もあります。

相場は類似の仕事を探して確認。自社の人材育成も大切

初めての仕事で価格設定が分からない場合は、どうしたらいいですか?

ランサーズの検索機能で類似の仕事を探してみる事ですね。仕事によって相場は異なるので、仕事別で調べていった方がいいですね。

正直あまり優秀な検索機能ではないんですけど、例えばエクセルで住所情報の作成をお願いしたい場合は「エクセル 住所情報」で検索するとそういうデータの作成依頼をしている人の案件が抽出されるので、それらを見て相場を調べてみるといいと思います。

後はグーグルなどの検索エンジンで「エクセル 住所情報 ランサーズ」と検索してみるのもいいかと思います。

こちらの方が検索能力が高いので、ランサーズの応募者ページが直接出てきたりします。それを参考にするという方法もあります。

どうしても分からない場合、金額は書かずに依頼をしてみるのも手です。そうするとランサーの提案から大体の相場が分かってくると思います。ですから無理に単価を提示する必要は無いと思います。

提案の時に単価を提示してくるんですが、人によって単価は全然違うんですね。

例えばテープ起こしだと安い人は1分あたり数十円単位でやってくれる人もいるし、高い人だと1分当たり300円ぐらいは欲しいという人もいるので、後は自分の判断次第だと思いますね。

ですから単価が分からなくても何とかなると思いますので、そんなに気にする必要は無いですね。

ランサーズで失敗した事はありますか?

仕事の人選ミスとか、後は仕事の内容をうまく伝えきれていなかった事があります。そういう時に相手の方を怒らせてしまった事があります。

お互い誤解していた部分もあったんですが、ランサーズのプロジェクトやコンペの場合、仕事が終わった後に依頼主やランサーを評価する事が出来るのですが、そこで悪い評価を付けられた上に散々な事を書かれました。

その当時はまだやり始めたばっかりだったので仕事の集まりが悪くなって困った事がありました。それが1番の失敗ですね。

後はランサーズのシステムに慣れてしまって、ランサーズでばかり仕事の依頼をするようになってしまった事ですね。

その為に会社のスタッフの育成をおろそかにしてしまった時期があって、仕事のバランスを崩してしまった事がありました。何もかもランサーズで終わるなと思っていた事が失敗でしたね。

これは他の人にも言える事ですが、ランサーズが便利すぎて何もかも任せてしまう事があります。

そうすると自分の周りの人が育たなくなって、雑用とか実地の仕事を全部自分でやらなければならなくなって、かえって効率が悪くなり思ったほど売上が伸びないという事態になります。

提案が下手でも優秀なランサーも。困るのは納期を守らない人

良いランサーさんを見つけるコツはありますか?

私も含めて意外と見落としている部分ですけど、プロジェクトの提案とかで多少値段が高くてもしっかりとした内容で書いてくる人を選ぶようにしがちです。

でも実はそれよりも、普通の主婦の方とかで優秀な方とか安い価格でやってくれる方とかがいるんですよ。ただそういう方はしっかりとした提案が出来ないので、中々採用されずに埋もれがちになるんですね。

ですから提案だけで判断するのはもったいないですね。この人は提案が出来ないからダメだとか思っていたら、意外とそんな事はなかったりするんです。

単純な事ですけど、主婦の方とかは普段提案とかしませんので出来ないのは当たり前です。そういう方の方がきっちり仕事をしてくれる事が多いですね。

だから良いランサーを見つけるコツとしては、提案の内容だけで判断しない事です。先入観は捨てた方がいいですね。もちろんそうではない場合もありますけど、最近は本当にそう思うようになりました。

ただ、やり取りの中で明らかに自己主張が強い方には依頼しない方がいいと思います。

ライティングの仕事の時に独りよがりな内容になってしまう事が多いですね。「~である。」という書き方とかをされても困りますし、やはり「どうかな?」と思ってしまうような内容になります。

悪いランサーさんは、とにかく仕事を投げ出す人、後は納期を遅れる人ですね。何かと理由を付けて納期を遅れさせる人は、僕の中では悪いランサーさんになっちゃいますよね。やはりその2つですね。

これに関しては相当困らされた事があります。しかも急ぎの仕事に限って投げ出されたりした事があるんですよ。

それから、後になって値段が割に合わないから上げてくれと途中で言ってくる人も勘弁して欲しいですね。

最初に提示された価格でこちらも採用したという部分があるので、それに関しては先方の見積もり認識の甘さだと思います。これが原因で揉めた挙句、仕事を投げ出された事があります。こういうのは本当に困りますね。

不満と言えば、システム上の事ですけど「評価をして下さい」というメールがしつこく来る事ですね。

例えば同じランサーさんに継続して仕事のお願いをしている時とかもメールが来るので、面倒だなと感じる事もあります。評価を付けて欲しいというのは分かるのですが、メールでしつこく催促されるのは嫌ですね。

後は最初にシステムを理解するのが大変な事ですね。エクスローという入金の仕方とか、初めての人にはわかりにくいことが多いと思います。それぐらいですね。

ランサーズのシステムはわかりやすくて使いやすい。

他のクラウドソーシングや普通のバイトと比べてどうですか?

他のクラウドソーシングもいくつか使ってみましたが、幾つか分かりにくい点もありましたが、それでもランサーズが1番分かりやすくて使いやすいですね。

具体的な名前は言いませんが、とにかく使いにくいクラウドソーシングもあります。多くの場合システムが理解出来ずに悩む事が多いので、そういう面ではランサーズは圧倒的に使いやすいですね。

ランサーズを通さずに直接取引しようと考えた事はありますけど、それによってトラブルが多くなるという話をよく聞きますので、直接取引がいいかどうかは微妙ですね。

確かに手数料を払う必要はなくなりますけども、直接取引だと名前も連絡先も知っているし契約書も結んでいるので、トラブルが起こった時は大きな問題に発展する可能性がありますね。

それからランサーズでは直接取引は規約違反になっていますから、ばれた場合は大変な事になると思います。直接取引をしたいのならばリスクが伴うという事を念頭においてやる必要があると思います。

ランサーズを通していればトラブルに発展する可能性は低いですね。それが1番のメリットかもしれませんね。

ランサーのいいところは、手続き等がないのですごく楽な事と、隠れた逸材がいるという事ですね。

中には有名大学の人とかも登録していますので、そういう方が仕事をしてくれるとすごくいい仕事になりますね。その辺りはアルバイトでは中々ない事ですね。

一方でメッセージを解してのやり取りが必要なので、すぐに指示を出して仕事してもらえる訳ではないですから、その点はバイトの方がいいですね。

あとはランサーには指示を出し続ける必要がありますが、バイトは教える事によって育っていくので、最終的にはランサーより楽になると思います。

長い目で見た場合はバイトの方がいいですね。ピンポイントでランサーズを活用していくといいのかなと思います。

とにかく丁寧且つ礼儀正しくランサーさんに接する事ですね。いくら顔が見えないからといっても上から目線の態度はやめた方がいいと思います。

後はメッセージのレスポンスを早く対応する事ですね。この2つが1番重要で、これさえ守っておけば結構うまくいくと思います。

後は難しい事も少ないし、もし分からない事があったらヘルプから問い合わせが出来るんですけど、その対応もかなり早いので全然大丈夫だと思います。

この辺りも他のクラウドソーシングと違う部分だと思いますね。サポートはしっかりしている感じがします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

ツイッター中毒だったのに辞めた理由を聞きました

今、話題のSNSツイッター。お風呂以外はずっとツイッターをやっているほどのツイッター中毒だったのに辞めることができたとい...

ソフトバンクからドコモのiPhone5sへ乗り換えた感想

話題のiPhone5s、今買おうと思っても予約で順番待ちの状態だとか。そんな中、発売直後に早くもiPhone5sをゲット...

ブロガー歴10年!ライブドアブログで友達ができました

夫婦喧嘩の愚痴を書きたくて始めたブログを通じて、ブログ仲間や同じ病気と闘っている人とお友達になれました。ブログの登録は簡...

ランサーズでお仕事依頼を上手にするコツ

日本最大級のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」は、相場よりも安く良い仕事をしてもらえるので大助かり。依頼する時のコ...

ネットショッピングでヤフオクやクーポンサイトをお得に活用

ネットショッピングやオークション、クーポンサイトをよく利用する方にインタビューしました。重いものやマイナーな商品を買った...

ITカテゴリ 最新記事

ID718

ネットショッピングでヤフオクやクーポンサイトをお得に活用

ネットショッピングやオークション、クーポンサイトをよく利用する方にインタビューしました。重いものやマイナーな商品を買っ…
ID631

難しそうなプログラミングですが小学生からでもできます

一見、複雑で難しそうなイメージのあるプログラミング。実際のところはどうなのでしょうか?最初にプログラミングに興味を持っ…
ID523

iPhoneなしでは生活できない!おすすめアプリ教えます

スマホの原点とも言えるiPhone。発売当初から使っているという方に、役立つ情報をお聞きしました。iPhoneの特徴や電話会社間で…
kin

Kindle Fire HDとKindle Paperwhiteを使い比べた感想まとめ

Kindle PaperwhiteとKindle Fire HD両方を利用している方にインタビューしました。それぞれのメリット・デメリットや、どんな用…
ID344

ブロガー歴10年!ライブドアブログで友達ができました

夫婦喧嘩の愚痴を書きたくて始めたブログを通じて、ブログ仲間や同じ病気と闘っている人とお友達になれました。ブログの登録は…