みんなのインタビュー注目の記事

ドリカムの「ワンダーランド」は最高のライブです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DREAMS COME TRUEの20年来のファンだという方にお話を聞きました。ドリカムの魅力のほか、ドリカムオリジナルの大規模なライブイベント「ワンダーランド」についても教えていただいています。歌詞も素晴らしいので、歌詞カードを見ながら聴いてほしいそうです。

DREAMS COME TRUEの20年来のファンです

どなたのファンですか?

DREAMS COME TRUE、略してドリカムです。20年来のファンです。

以前大好きだった中山美穂さん主演の「卒業」というドラマがあったんですけど、その主題歌をドリカムが歌っていました。

実は私、俳優の織田裕二さんのファンでもあるんですが、このドラマにも出演されていたので、それがきっかけで毎回観ていました。

主題歌は「笑顔の行方」という曲が使われていて、ドラマを観ながら聴いていくうちにドリカムのファンになりました。

結成当初は男性2名、女性1名の合計3名のジャパニーズポップスグループだったんですけど、今は男性1名が脱退して2名になりました。

まずはボーカルの吉田美和さんなんですけど、年齢が40後半ぐらいなのにもの凄く若々しくて可愛いんです。そして何よりも歌が本当に上手なんですよ。

ポップスだけじゃなくて、色んな歌番組に出演されている時にジャズとかゴスペルを歌われる事があるんですけど、音域がとても広くて素晴らしい歌声を披露してくださるんです。

美和ちゃんのファッションも可愛らしくて大好きです。私よりもずっと年上のはずなのに、生足でミニスカートにブーツを身にまとっているんです。

スタイルも凄くよくて憧れています。私もあんな風にいつまでも若々しくいられたらいいなと思います。

そしてベースの中村正人さんですが、この方が殆どの作曲を手がけていて、吉田美和さんが歌詞を書いていかれる形で曲作りをされています。

この中村さんの作曲される曲が本当に素晴らしくて、とにかく全てが魅力的です。

史上最強の移動遊園地ワンダーランド

コンサートに行った事はありますか?

3回ほど行った事があります。

その内の2回は大きなホールで行なわれたコンサートで、後の1回は「ワンダーランド」というドリカムオリジナルの大規模なライブイベントに行きました。

ドリカムは非常にユニークなアーティストで、オリンピックのように4年に1回しかないコンサートがあるんですよ。

それが「史上最強の移動遊園地ワンダーランド」という名前で呼ばれているんです。

ワンダーランドは野外の大きな公園などで行なわれる事が多いです。普通のライブとは規模が全然違うんです。

移動遊園地の名の通り、メリーゴーランドなどのオブジェが設置されて花火が打ち上げられたり、色んな趣向が凝らされていて、非常にお金がかかっているんです。

アーティストのライブは普通、アルバムを発表したらそのアルバムの曲を歌うライブが多いですよね。

けど、ワンダーランドの場合はファンが聴きたい曲を投票して上位の曲を歌うという、ファンに人気のある曲を演奏する機会として設けられているんです。

ファン投票によって演奏する曲が決まるので、昔の曲もやってくれます。ですから昔からのファンにとっても、たまらないライブイベントなんです。

その代わり本当にチケットが取りにくいんですよ。

チケットを獲得するには、とにかく電話をかけまくる事です。それでも運悪く獲得出来なかったら、オークションで競り落としますね。

オークションだと凄く値段が上がりますが、でもそれでも行きたいんですよ。

お薦めの曲について

1番好きな曲は何ですか?

「うれしい!たのしい!大好き!」という曲です。これは凄く元気になれる曲で、美和ちゃんの幅広い音域が本当に素敵です。

あまりにも好きだったので、私が当時組んでいたバンドでコピーしたぐらい思い出深い曲です。

ドリカムの曲は色んなパターンの歌詞と曲があるので、あらゆるシチュエーションにはまってくれて、とても重宝しています。

恋愛の曲が多いので自分が恋愛モードの時に聴く事が多いです。少し切ない気持ちになった時にも聴きますし、後はテンションを盛り上げる為にも聴きます。

お薦めの泣ける曲、元気が出る曲、癒される曲など教えて下さい。

泣けるのは「AND I LOVE YOU」という、同名のアルバムの1番最後に収録されている曲です。

この曲は長さが2分弱ぐらいの本当に短いアカペラの曲なんですが、美和ちゃんが本当に泣きながら歌われているんです。

それはなぜかと言うと、美和ちゃんが1番最後にお付き合いされていた男性がガンで亡くなられて、その方の為に捧げた曲だからなんです。

ファンもこの曲を聴いたら本当に泣いてしまいます。

歌詞全部が印象的で、詳しくお話しすると長くなるので実際に聴いてもらえたらいいんですけど、凄く切ない内容なのでぜひ聴いて下さい。

ちなみに紅白歌合戦に出場する事が決まっていたんですけど、その少し前の11月にその方が亡くなられて、その方と一緒に作られたバラードを紅白で泣きながら熱唱されていました。

その光景は今思い出しても泣けますね。

元気が出る曲は「大阪LOVER」という曲です。

これは関西弁で歌っているのが特徴なんですけど、美和ちゃんは関西人ではないので「それはないわ」というような関西弁で面白いんですよ。

それから歌詞の内容も可愛いので、私はこの曲を聴くと凄く元気が出ます。

癒されるのは、ちょっと前の曲なんですけど「サンキュ.」という曲が凄く癒されます。雰囲気もふわっとしている、ゆっくりとしたテンポの曲です。

失恋した女性が友達に「失恋したから髪を切る」と言ったら「一緒に付き合うよ」と言ったり色々付き合ってくれるので、最後はその友達に「サンキュ、今日はありがとう」と照れくさそうに言うという内容の曲です。

この曲を聴くと私は凄く癒されます。

他には、「もしも雪なら」という曲が好きです。

この曲はとにかく歌詞が切なくて、先ほどの美和ちゃんの亡くなられた男性の話なんですけど、美和ちゃんとお付き合いする前は結婚なさっていたんですよ。

その後2人が付き合うようになってから離婚されたそうなんですけど、その男性の為に恐らく歌ったんだろうなという曲なんです。

歌の中に「もしも雪だったらあなたに会いたい」という、メールをしようと思ったけれども雪も降らない1人きりのクリスマスの中、大人の恋愛の方が若い頃の恋愛よりずっと辛いんだよというような歌詞があります。

それを聴いていると切なくて、この曲がすごく好きです。かなり深い歌詞なので、ぜひ全部聴いてみてください。

これのPVも好きです。先ほどから話に出て来ている男性の方は映像ディレクターだったので、最近のドリカムのPVはその方が撮られていたんですよ。

その方が1番最後に手がけられたPVになったので、凄く観ていて切なくなりました。

美和ちゃんの表情も、男性の死期が迫っていることが分かっていたのか、よく見るとほっぺに涙の跡が残っているのが分かって凄く切ないんですよ。

ですからぜひ観て下さい。

今と昔のドリカム

今と昔のドリカムのどっちが好きですか?

私はどちらかというとちょっと昔のドリカムが好きでした。

最近は美和ちゃんが少し前向きになってきたからだと思うんですけど元気な曲が多すぎて、もっとゆっくりしたバラードも歌って欲しいなとファンとしては思うんですよ。

でも美和ちゃんは元気になって前へ進んでいるんだから、それはそれでいいと思っています。

CDは、最近のアルバムは買っていないんですけど、それまでのものは全部持っています。

初めて買ったCDは「LOVE GOES ON …」というアルバムで、凄くいい曲が色々入っていて好きでした。

DVDは、先ほどお話しした「ワンダーランド」のDVDを1枚だけ持っています。それを観るとちょっと興奮します。

実はグッズは何も買っていないので持っていません。ドリカムの分析本などもあるみたいですけど、私は特に買った事がないです。

ドリカムへの応援メッセージ

ドリカムをあまり知らない人達へのアピールをお願いします。

あまり知らないという方はいないと思うんですけど、ただ何気なく聴いていた曲が実はドリカムの曲だったという事に気付いていない人というのはいるかもしれません。

私が言いたいのは、まず歌詞が本当に素晴らしいのでぜひ歌詞カードを見ながら曲を聴いてもらいたいと思います。

そうすると何倍も味わいが出てくると思うので、ぜひ歌詞カードを手に聴いて欲しいと思います。

私は大分昔からずっと聴いているんですけど、本当にドリカムを聴いて育ったと言ってもいいドリカム世代です。もちろん、これからもファンでいようと思います。

実際に会いたいですけど、1度も会った事はありません。かなりハードルが高いと思います。

でも、いつもドラマの主題歌などで聴かせてもらったりしています。これからもどんどんいい曲を私達ファンの為に作り続けて下さいと伝えたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

楽器初心者で社会人バンドを組んだ女性にインタビュー

バンドを組んで楽器を演奏してみたい、ライブをやってみたい─そんな憧れを持ったことのある人は少なくないはず。初心者でも、若...

宇多田ヒカルの大ファン!特に歌詞がいいんです

シンガーソングライターの宇多田ヒカルさんのファンの方にインタビューしました。曲も詩も素晴らしく、いつも自然体なところが好...

大友康平が大好き!ハウンド・ドッグのコンサートチケットをとるためにリダイヤルしまくりました

ネットが一般的で無かった時代、コンサートのチケットは直接電話で予約していました。大友さんは今も変わらず歌もトークも魅力的...

ライブイベント大阪MINAMI WHEELへの出場経験

大阪の有名なFM局が主催するMINAMI WHEELは南堀江一帯がライブ会場となり、3日間で300組ほどの出演者がいます...

大学のサークルでジャズバンドのボーカルをしていました

大学でジャズバンドに出会ってサークルに入りボーカルをやっていた方の話です。ジャズというそれまであまりなじみのなかったジャ...

アーティストカテゴリ 最新記事

ID2800

大友康平が大好き!ハウンド・ドッグのコンサートチケットをとるためにリダイヤルしまくりました

ネットが一般的で無かった時代、コンサートのチケットは直接電話で予約していました。大友さんは今も変わらず歌もトークも魅力…
ID1896

ライブイベント大阪MINAMI WHEELへの出場経験

大阪の有名なFM局が主催するMINAMI WHEELは南堀江一帯がライブ会場となり、3日間で300組ほどの出演者がいます。通常は審査の上…
ID708

ハモネプリーグに出たくてアカペラバンドを結成しました

アカペラバンドは声の調子を常に整えておく必要があります。しかし、大きな音が無く専用の練習場も必要ありません。既存の曲を…
ID1215

10年聴いている方へ聴いたクラシックでおすすめの名曲

数ある音楽ジャンルの中でも長い歴史を誇るジャンルと言えばクラシック。聞いたら眠くなる、なんて人もそれは心が落ち着くから…
ID937

イギリスのギャラガー兄弟率いるロックバンド0asisが大好き

UKバンドの代表Oasis、そんなOasisにのめり込んだ方に、その魅力を語っていただきました。ジャンルは違えど音楽好きの方、彼ら…