みんなのインタビュー注目の記事

友達にお金を250万円貸して返済が無くて辛いというお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お友達に最終的には250万円ほどお金を貸してしまった方のお話です。借用書も無く、お友達が自己破産をしてしまったうえ、家庭の事情などで返済できる状況では無いためほとんど返ってきていません。どうしても貸すなら出来る範囲に留めましょう。

誰にどんな理由でお金を貸した?

誰にどんな理由でお金を貸したのか教えて下さい。

友達が不動産詐欺に遭ってしまって相談を受けました。テナントを借りるつもりがお金だけ渡して権利書を持っていかれたという話でした。

貯金全部と、さらに銀行からの借り入れ金も全て渡していた為、生活費も何もない状態だったんです。それでも銀行からの借り入れは返済しないといけないのでお金を貸してくれと言われました。

最初に貸したのは2、3万円だったのですが、友達は仕事も辞めてしまっていたので、結局支払い以外に生活費や家賃を含めた合計10万円~15万円ぐらいを毎月貸す事になってしまったんです。

バイトを探していたんですけど、日雇い以外はお金にならなかったようです。

きちんとした職について生活が安定したら、その時の収入に応じて毎月の返済額を決める約束をしましたが、これといった職は見つからないし銀行の支払には追われるしで、貸すお金だけがどんどん増えていってしまいました。

結局殆ど還ってきていない状態で、今の所200万円ほど貸してしまっています。

債務整理から自己破産へ

返済の催促はどうやって伝えましたか?

貸せる額にも限度があるので「もう貸せない」という旨を伝えて、後は何とか自分で違う方法を考えて欲しいとお願いをしました。

友達も了承したんですが、結局バイトだけでは間に合わなくて「少しでもいいから貸して欲しい」という事が続きました。

このままでは埒が明かないので、1度債務整理をしてもらったんです。

債務整理をすると、銀行に対しての月々の返済額を収入に応じた額に減らす事が出来ます。

友達は仕事場の人に紹介してもらった行政書士のお世話になって、任意整理で返済額を減らしてもらう事が出来ました。

それから仕事しながら返済をしていたんですけど、今度は網膜はく離を起こしてしまったんです。

その為に手術が必要になり、保険では賄いきれないぐらいの金額になってしまいました。さすがに手術代を貸してくれとは言われませんでしたが、仕事が出来なくなる間の生活費を負担する羽目になりました。

その後も返済するゆとりはない状態が続いて、最終的には250万円近く貸してしまったんです。

自己破産をする事も検討したんですけど、まだ若いから躊躇する気持ちもあったし、行政書士の方もまだ大丈夫だろうと言っていたらしくてギリギリまで粘っていたんです。

でも、もうどうしようもなくなって結局自己破産をする事になりました。

その場合、個人の負債も全てチャラにしないといけなくなるんですね。

裁判所から「あなたが自己破産するとあなたが借りている負債は全てチャラになりますけどいいですか?」という通達が来るんです。

私が嫌なら異議申し立てをする事が出来たんですが、そうすると自己破産が成立しなくなるので仕方なく異議申し立てをしませんでした。

それで自己破産が成立したんです。

以降は私もお金を貸す事はなくなりましたし、友達も定職が決まって一応の区切りはついたんですよ。

お金が返せない理由

では結局貸したお金は返ってこなかった訳ですね。

形式上は返ってこない事になっているんですけど、友達は返す意思はあるらしくて、約束通り返済する事になったんです。

でも約束から2年たちますが、結局25000円ぐらいしか戻ってきていません。

何故返せないのかというと、友達の実家が東日本大震災の被害に遭ったせいもあるんです。

震災で家を引っ越す羽目になり、父親も仕事が長続きせずに生活能力が確保出来なくて、母親がパートに出て何とか生活を支えている状態なんですよ。

友達のお姉さんはニートで、親のお金で生活しているんです。

友達が援助をしないといけない立場でした。

おまけに友達も自損で車を駄目にしてしまって、次々と出費がかさみ、いくら仕事があってもゆとりが全くない状態に陥ってしまったんです。

借用書は用意した?

借用書は用意していなかったんですか?

お互いに貸したお金は記録していましたが、特に借用書はなかったんです。

信頼関係で約束していましたし、まさかそんな高額になるまで貸す事になったり、そこまで不運が続くとは思っていなかったんです。

自己破産が成立してお金が貸せなくなった時に、それまで貸した額の合計をつき合わせてお互いに納得はしたのでそれは間違いないんですけど、先ほどお話したように本来自分には請求権がないんですよ。

ただ貸したお金の日にちと金額は記録してあるので、小額裁判に持ち込んで自己破産時の経緯を申し立てれば何とかなります。

後は会社に差し押さえの請求を出すか、親御さんに連絡をして代わりに払ってもらう相談をする事になりますね。

お金の貸し借りについて

このようなやり取りがあったんですけど、お金の貸し借りについてどう思われますか?

一文無しの人に泣きつかれた場合、お金を貸すならあげるつもりで貸すべきなんですね。

ただ実際に目の前で頼まれたら断るのも凄く勇気が要ります。

でも、もうちょっと早い時点で手を引くべきでしたし、正直友達も成人しているのでどうかと思いましたが、やはりご両親に相談しておくべきでした。

今お金の貸し借りについて悩んでいる人へのアドバイス

今お金の貸し借りについて悩んでいる人へのアドバイスがありましたらお願いします。

今回は「友達が困っているから助けてあげよう」という優しさが仇になってしまったケースでした。

人にお金を貸す時は、初めから貸せる金額を決めておいて、それ以上は絶対に貸さないようにすべきです。

確かに状況は変わりますけど、自分が人に貸しても大丈夫な金額をきちんと線引きして、いかなる事情があってもそこで打ち切る覚悟が必要だと思います。

そうしないと自分のお金を相手が当てにしてしまって、ずるずると貸し続ける事になります。

私は状況に流されて必要以上にお金を貸してしまいましたし、返済に関しても中途半端に同情して「もういいよ」と言ってしまったのは失敗でした。

1度自己破産を認めてしまったら原則的にお金は戻ってきません。

もし本気で返済を迫るつもりなら異議申し立てをしてでも返済させるべきでした。

極端な話ホームレスになっても頑張っている人もいるので、最終的には本人が辛い思いをするしかないんです。

ご飯を食べさせてあげるなど、支援方法はほかにもあるはずですし、同情してお金を貸すにしてもあくまで自分の出来る範囲でやるべきですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

住宅ローンについて地銀の担当者に聞きました

夢のマイホームを建てるためには、ほとんどの方が住宅ローンを必要としています。しかしいざ組むとなるとこれがけっこう難しい。...

遺産相続について税理士へインタビュー

相続税の大増税が決まった中、相続への注目度が高まっています。親族での相続トラブルを避けるにはどうする?遺言書の必要性と手...

元先物取引業者がFXデビューした結果

先物取引を取り扱っていた証券会社の元スタッフが行っているFX投資のインタビューです。なぜ株や先物ではなくFXをおすすめす...

電気屋さんが教える電気の節電対策

大震災をキッカケとして日々、当たり前のように使っていた電気について、誰もが色々と見直さないといけなくなりました。今より少...

投資信託を2万円からスタート!気長に待って10%の儲けが出ました

投資信託ってなんだか難しいイメージがありますよね。今回は投資を2万円から始めた方にインタビューしています。最近ニュースで...

お金カテゴリ 最新記事

ID2153

自己破産をした元会社経営者へインタビュー

会社を経営していた時、ヤクザがらみのトラブルで1000万円の借金を背負わされました。会社を閉める際に個人としても自己破産す…
ID1169

割安商品を見極めて100円ショップを上手に活用

最近の100円ショップは、以前に比べて品質が上がり品数も増えてきました。お得な商品もあれば、スーパーなどでもっと安く売られ…
ID1168

使い捨てペーパーを安く使い分ける方法

タオルの雑菌が気になり、使い捨てペーパーを使っていた方にインタビューしました。ティッシュ・キッチンペーパー・トイレット…
ID1111

郵便局のゆうぱっくとゆうちょをお得に利用

郵便局のお得な利用方法は意外と知られていないと思います。そこで今回は郵便局をよく利用されている方にインタビューを行いま…
ID785

投資信託を2万円からスタート!気長に待って10%の儲けが出ました

投資信託ってなんだか難しいイメージがありますよね。今回は投資を2万円から始めた方にインタビューしています。最近ニュースで…