みんなのインタビュー注目の記事

郵便局のゆうぱっくとゆうちょをお得に利用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

郵便局のお得な利用方法は意外と知られていないと思います。そこで今回は郵便局をよく利用されている方にインタビューを行いました。ゆうパックの着払いでも切手が利用出来たり、ゆうちょ銀行のメリットなど、お得な情報が満載です。

オークションの発送にゆうパック

郵便局で利用しているサービスは、どんなものがありますか?

ネットオークションをしていることもあって、主に物を送るための郵便関係と、口座に振り込んだり振り込んでもらったりするのに、ゆうちょ銀行を利用しています。

自分の家の近くには郵便局が3つありまして、どこも大体家から同じ距離なので、都合に合わせて利用しています。

1番のメリットは、発送する物によって普通郵便以外にも色々なサービスの使い分けができることかなと思います。

自分がすごくよく使うもので、郵便書簡、ミニレターというものがあります。

折ったら封筒になる便箋なんですけど、切手が元から印刷されていて、25gを超えなければ60円で発送することができるんですよ。

普通の定形郵便は80円なので、それよりさらに20円安く発送することができます。

ゆうメールというのもたまに使うんですけど、3kg以内の書籍やカタログなどの印刷物とかCDとかDVDを送る時に主に使っていて、荷物の追跡はできないです。

あと皆さんよく使ってるかなというものに、ゆうパックもあります。

ゆうパックは宅急便と同じような感じで、早く届いてほしい物とか割れ物を送ったりするんですけど、配達日時の指定もできますし追跡もできるので、オークションとかによく使います。

集荷ではなくて窓口へ持っていけば100円の持ち込み割引が適用されますし、送り状の控えを保管しておけば、同じ送り先に1年以内であったら50円引きで送れるんですよね。

オークションの相手は、1年に同じ人に何回も送るという機会はあんまりないです。

けど、例えば知り合いに誕生日プレゼントを贈ったりする場合であったら、1年以内に送れば50円引きで送れるので、伝票とか捨てないようにしていますね。

何回もできるわけではないんですけど、1回に限り50円引きで送れます。伝票を持っていって窓口で見せて、印鑑を押してもらいます。

着払いを切手で支払い可能

他にメリット、デメリットはありますか?

誰にでもというわけではないかもしれないんですけど、郵便関係のものには現金じゃなく切手が使えるというのが、自分にはすごいメリットなんですよ。

自分の父親が昔、記念切手のコレクションをしていたことがあって、最近大量の切手を不定期に私にくれるんですよ。それを消費しています。

例えば、ゆうパックは宅急便と同じで着払いができるんですけど、実は着払いの場合でも、配達してもらった時にその場で切手で払うことが可能なんです。すごく便利だなと思いますね。

バラバラの小額の切手の場合だと、そのまま渡してしまったら局員さんに手間を取らせてしまいます。

そういう時はあらかじめ台紙に貼って、いくらの切手が何枚で合計いくらという感じで分かりやすいようにしておけばいいです。

自分は切手シートをシートごと父親がくれるので、以前600円の着払いの荷物を、1シートが20枚の10円の切手シート3枚で支払ったことがあるんですよ。

以前はゆうパックの着払いって20円の手数料がかかったんですけど、現在手数料はかからないです。

なのでオークションなんかでゆうパックで発送してもらう場合に、切手をたくさん持ってる人なら出品者に着払いでとお願いするのもいいかもしれないなと思います。

ゆうパックの料金は、昔は重量制だったんですけど、現在はサイズ制に変わっているんですね。

それで金額が20cmごとに200円アップするんですけど、それが自分はちょっと不満なんです。

なぜかというと、例えば60サイズで600円の荷物だった場合、61cmになってしまうと一気に800円になってしまうんですよ。

ちょっと1cm超えただけで200円アップしてしまうので、それだったら20cm刻みじゃなくて、10cmごとに100円アップという形にしてほしいなと常に思いますね。

それと、書籍等を送る場合のゆうメールに、追跡サービスがないことと金額が重量制で最低料金が180円というのが、クロネコヤマトのメール便と比べたらデメリットかなと思います。

クロネコヤマトのメール便だったら重さに関係なくて、1cm以内のものだったら80円で、2cm以内だったら160円で送れます。

なので、自分は2cm以内のものまではヤマトのメール便を使って、厚さが2cm以上とかA4サイズ以上になった時はゆうメールを使うという風に使い分けています。

ゆうちょ銀行ATMは手数料無料

ゆうちょ銀行の特徴はなんですか?

1番の特徴は、店舗数が多くて、日本全国でATMが利用できることじゃないかなと思います。

ゆうちょ銀行のキャッシュカードでゆうちょのATMで使う場合は、営業時間内であったら曜日・時間に関係なく引き出しや預け入れに手数料がかからないというのが、最大のメリットじゃないかなと思います。

また、窓口だと送金手数料が140円かかるんですけど、ATMだとゆうちょ銀行間の送金手数料が無料というのがいいですね。

なので、ヤフオクでの取引口座にはゆうちょ銀行を記載するようにしてます。ゆうちょに振込みを希望する落札者の人は結構多いですね。

ヤフオクで落札者からゆうちょ銀行への入金確認をするのに、いちいちATMに行くのが面倒になってきたので、2年前くらいにゆうちょダイレクトの申し込みをしました。

入金確認も自分が送金する時も、自宅にいながらいつでもパソコンで操作ができるので、すごく便利になりました。

ネットでは申し込みができなかったので、確か郵便局で申込書をもらって郵送したと思いますね。ネットで申し込みができたらもう少し楽なんですけど。

ゆうちょダイレクトの場合はなぜか送金手数料が5回までしか無料じゃなくて、6回目以降は110円かかってしまうんです。

けど、ネットにログインするたびに今月あと何回まで無料って結構大きく出てくるので、分かりやすくはありますね。

海外で喜ばれるアニメの切手

年賀ハガキや記念切手は、買っていますか?

年賀ハガキは、主人の分と合わせて、毎年大体150枚くらい出しますね。

一応、12月25日頃までには遠方の分を出すようにしてまして、近い所の分は28日くらいまでに出すようにしています。

今年は主人の分2枚と自分の分2枚の合計4枚、切手シートが当たりました。

切手シートの当たる番号は確か昔は3つあったと思うんですけど、民営化されてから2つに減ってしまったので、最近は中々当たらなくなりました。

なので、今年4枚というのは多かった方ですね。

すごく昔にレターセットみたいなのが当たったことがありますけど、最近は本当に切手シート以外はほとんど当たったことがないです。

書き損じの年賀状と余った年賀状が数枚あったので、クジの当選番号の発表まで保管してたんですけど、残念ながらどれも当たらなかったです。

書き損じのハガキは、郵便局の窓口で1枚5円払って、普通のハガキに交換してもらいました。

最近は記念切手はめったに買わないんですけど、たまたま窓口でいいなと思った時は買うことがあります。

外国の友人に喜ばれるのでアニメのものとか、あとシール切手を買ってクリスマスカードを送る時に使ったりします。

シール切手も値段は変わらないのですが、水で濡らさなくても直接貼ることができるので、結構便利ですね。

あんまりどういうのがいつ発売とか気にしてるわけでもないので詳しくないんですけど、本当にたまたま窓口に切手が置いてあるのを見て、これいいなと思ったりしたら買うようにしてます。

日本のアニメは結構海外でも有名なので、知らないアニメとかもあるかもしれないですけど、海外の人に大抵喜ばれますね。

目的に応じてサービスを使い分け

他にお得に利用する方法はありますか?

お得というのとはちょっと違うんですけど、自分は3つの郵便局を利用していて、窓口の局員さんの対応が結構バラバラなので、いいように使い分けています。

例えば、ある郵便局では切手を大量に貼った郵便物を出すと、露骨に嫌な顔をされる局員さんがいるので、そういう荷物は別の郵便局に持っていくようにしてます。

私は基本的に普段から全部重さを量ってぴったりの金額を貼って持って行くんですよ。

それが分かってたのかどうか知らないですけど、その大量の切手を見た局員さんがこれもう確認しなくてもいいですよねみたいに言われたので、確認してもらわないと困りますって言って確認してもらったんです。

普通は絶対確認しなきゃダメじゃないですか。不足していたらお金もらわないといけないですからね。

なので、なるべく郵便物の時はそこじゃない郵便局に持って行くようにしてますね。

それとか、先日自分で測ったら61cmだったゆうパックの荷物があって、ある郵便局に持っていったんです。

60サイズなら600円のはずだったんですけど、1cm超えていたので800円になるだろうという覚悟でした。

でも、もしかしてギリギリ60cmでしてもらえるかもしれないというのもあったので、とりあえず荷物には600円分の切手を貼って、200円分の切手は貼らずに持って行ったんですよ。

窓口で対応してくれた局員さんが荷物のサイズを測って、なんか私に聞こえるか聞こえないくらいの小さな声で「サービス」ってつぶやいたんです。

私にはそう見えたんですけど、口元がサービスと言ってるような感じで、600円分の切手を貼ってもらっているからこれでいいですよって言われたんですね。

1cm超えただけでもう200円もアップするので、私はその局員さんの融通の利く対応がすごく嬉しかったですね。

郵便局を利用したことがない人は少ないかと思いますけど、ゆうちょ銀行はなにかと便利なので、口座は持っておいてもいいかもしれないです。

郵便関係のサービスも本当に色々あるので、目的に応じて使い分けるといいかなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

住宅ローンについて地銀の担当者に聞きました

夢のマイホームを建てるためには、ほとんどの方が住宅ローンを必要としています。しかしいざ組むとなるとこれがけっこう難しい。...

遺産相続について税理士へインタビュー

相続税の大増税が決まった中、相続への注目度が高まっています。親族での相続トラブルを避けるにはどうする?遺言書の必要性と手...

元先物取引業者がFXデビューした結果

先物取引を取り扱っていた証券会社の元スタッフが行っているFX投資のインタビューです。なぜ株や先物ではなくFXをおすすめす...

電気屋さんが教える電気の節電対策

大震災をキッカケとして日々、当たり前のように使っていた電気について、誰もが色々と見直さないといけなくなりました。今より少...

投資信託を2万円からスタート!気長に待って10%の儲けが出ました

投資信託ってなんだか難しいイメージがありますよね。今回は投資を2万円から始めた方にインタビューしています。最近ニュースで...

お金カテゴリ 最新記事

ID2153

自己破産をした元会社経営者へインタビュー

会社を経営していた時、ヤクザがらみのトラブルで1000万円の借金を背負わされました。会社を閉める際に個人としても自己破産す…
ID847

友達にお金を250万円貸して返済が無くて辛いというお話

お友達に最終的には250万円ほどお金を貸してしまった方のお話です。借用書も無く、お友達が自己破産をしてしまったうえ、家庭の…
ID1169

割安商品を見極めて100円ショップを上手に活用

最近の100円ショップは、以前に比べて品質が上がり品数も増えてきました。お得な商品もあれば、スーパーなどでもっと安く売られ…
ID1168

使い捨てペーパーを安く使い分ける方法

タオルの雑菌が気になり、使い捨てペーパーを使っていた方にインタビューしました。ティッシュ・キッチンペーパー・トイレット…
ID785

投資信託を2万円からスタート!気長に待って10%の儲けが出ました

投資信託ってなんだか難しいイメージがありますよね。今回は投資を2万円から始めた方にインタビューしています。最近ニュースで…