みんなのインタビュー注目の記事

12年前から歌手のaikoの大ファンな男性にインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幅広い年代に愛されているaikoの魅力を語っていただきました。ライブの盛り上がり、好きな曲やカップリング曲、aikoの可愛らしさ、人柄についてなどです。少し時間はかかりますが、ファンレターにも必ず返事を返してくれるんだそうです。

本人直筆の手紙を返してくれます

aikoはどんなアーティストですか。

優しくて愛想があって可愛くて、歌が上手くてファッションセンスがあって、芸能界にもファンが多い、そんな歌手です。12年ぐらい前から好きです。

ハマる前に1度テレビで「花火」という彼女が有名になった曲を聴いて、ずっと気になってはいたんですけど、特にファンという感じではなかったんです。

そこから、どこがきっかけという訳じゃないんですけど、だんだん気になってきました。

昔ファンサイトというのがネットで流行っていて、そこに行くようになって徐々にという感じです。

音楽番組が最近少ないので、ミュージックステーションと、今やっているのか分かりませんがカウントダウンTVによく出ていました。

かなり背が低くて、自分は小さい子が好きなのでそこが魅力なのと、さすが大阪の女の子という感じで話がすごく上手いんです。

それと「イェーイ」みたいなノリがいい感じに思われてるところがあるんですが、ライブではそうですけど、中にはゆったりしたしんみりした曲もあります。

歌詞は恋愛がほとんどですけど、ファンの間でも文学的なものがあるねと言われていたりするし、恋愛とかをそこまで深く捉えられるんだというのが、ほぼすべての曲にあります。

そういうところ全てが魅力だと思います。歌の上手さと、人柄が好きです。

手紙も送ったら必ず返してくれるんです。こっちが返信用はがきを入れて住所を書いておけばという条件付きですけど、必ず返してくれます。

よく疑われるんですけど、絵がすごく得意で字も特徴があって、色んなところに落書きみたいなことをしてるその感じがもろに出てる手紙を返してくれるので、確実に本人です。

それに、手紙の返信が1年後とかだったりするんです。それだけ時間がかかるのは、逆に本人だからかなという気がします。

内容は、こっちは相手のことを知っているけど向こうは知らないので、こっちが書いた手紙の内容に対して返事をしてくれるという形で、応援してねみたいなところがあるだけですね。

本当に、ファッション誌にも登場するぐらい色々な服を持ってるし、センスもあるのですごく好きです。髪型はポニーテールが一番似合うんじゃないかと思ってます。

男性ファンは少数派

コンサートにはどれぐらい行きましたか。

多分20回弱だと思います。盛り上がれるライブなんですけど、男は少数派で6:4か7:3ぐらいの感覚なので、1人で行くと結構恥ずかしいですね。

ただaiko自身もそれを分かってるみたいで、男性にも「ちゃんとのれよ」みたいな、そんな言い方ではないですけど(笑)いじってくれるという感じはありますね。

10代から30代の女子が多いです。aikoがお客に「男子ー!」「女子ー!」と呼びかけることがあって、観客がイェーイみたいにやるんです。

そこで年齢確認みたいな感じで「10代ー!」「20代ー!」みたいな呼びかけもあって、その時50代とか幼稚園の子とかもイェーイとかやってる時があって、幅広く好かれてるみたいですね。

aikoも結構歳取っちゃったので、それに合わせてというのはあります。

本人も言ってるんですけど、昔の歌はまっすぐな若い頃の恋愛みたいな感じで、「好き好き」みたいなところがすごく押し出されていて、インパクトが強いんです。

最近また新しい境地を開いたのかなと感じることがあって、色んなことを大人になって知っていったのかなという感じです。

その時に、個人的なんですけど一時的に曲の感じが変わっちゃったなという風に感じていました。

ファンなのでどっちも好きと答えたいところはあるんですけど、曲としては昔のインパクトがあった時代はすごいなと思っていましたね。

でもそこから、歌詞も含めて曲も受け入れられるというか、ファンとか一般の人が聴いてもいいなと思えるようなところにまた持ってきたなと勝手に感じました。

CDやDVDは何枚持っていますか。

CDは40枚か50枚ぐらいだと思います。初めて買ったCDは、実はあまり思い出せなかったんですけど、「アンドロメダ」という曲かなと思います。

「かばん」というシングルのジャケットが可愛いので好きです。

見た目は暗めのトーンなんですけど、基本aikoのCDは当然aikoが出てるんですが、それは結構大きめに写っていて、ファンの間でも可愛いよねと言われていました。

DVDは5~6枚だと思います。PV集とライブのDVDと両方出しているんですけど、ライブもいいんですけど、あえてPVを見てほしいと思います。

珍しいもので「マント」という曲のプロモーションビデオなんですけど、ちょっと映画のようなストーリー仕立てになっているんです。

ほとんどそういうPVはなくて、結構前なんですけど、大阪を舞台にして小さな十何分かのドラマになっていて、それがすごく情緒的で好きでした。

ファン目線で言ったら可愛く撮ってもらっているので、見てほしいと思います。

カップリング曲がおすすめ

一番好きな曲やフレーズを教えてください。

どの曲も全部好きなので決められないと思ったんですけど、思い出の曲としては「夢のダンス」というアルバム曲です。

他の曲と同様にメロディラインもいいし歌いやすいしというところもありつつ、当時のいろんな自分の恋愛とかに関係してくる思い出が詰まっているので好きです。

テレビで歌うようなシングル曲より、カップリングの曲が結構好きですね。

結構カップリング曲がいいと言われていて、「アスパラ」とか「どろぼう」とか「ココア」という曲が、シングルにしてもいいんじゃないかと言われるぐらいファンの中では人気があります。

基本シングルになる曲って、メロディがかなり分かりやすくてサビとかものりやすいような曲だと思うんですけど、逆に面白味や深みがない感じにも捉えられると思うんです。

カップリングは、逆にあまりシングルの王道なところを通っていなくて、実験的な面白さもあるし、メロディラインが独特でちょっと悲しげな感じもあって魅かれます。

フレーズは、「ふれていたい」というアルバム曲ですけど、「あなたに出逢う前の時間ゆっくりゆっくり埋めていこう」という歌詞です。

自分は男だというのもあるんですけど、そんな風に自分が出逢う前の相手との時間や思い出とか、出逢う前のところを埋めていこうという考え方は自分では一生思い浮かびませんでした。

そういう風に捉えるのが凄いなと思いました。

実は自分はあまり音楽を聴かないタイプなんです。iPodは持ってないし、移動中とかもほとんど聴かないんです。

逆に、パソコンをやってる時とか何か部屋が静かだなという時に聴くので、どんどん体にしみこんでくるような感じはしますね。

aikoの辞書的存在「aikobon」

どんなグッズを持っていますか。

色々ライブで買ってしまうのでたくさんあるんですけど、ぬいぐるみとか、CDショップにある店内のPOPをもらったりとか、Tシャツとかリストバンド、メモ帳、バッグなどなどです。

基本ライブ専用とかじゃなくて日常生活で使えるように可愛くデザインしているという感じなので、特にトートバッグみたいなものは、結構お洒落なものが多いと思います。

aikoがオフィシャルで出した「aikobon」がお薦めです。「aikobon」という名前の通り、aikoにまつわる全てを収録した感じの辞書的な存在なんです。

プロフィールからファッションのスナップとか、ファンじゃない人は知らないと思うんですけど、ちょっと好きになったらそれを読めばaikoのことが何でも分かるので、お薦めです。

ファンクラブにもずっと入ってたんですけど、去年更新料を払っていなくて入っていないです。年会費は3千円です。

昔は会報のバックナンバーを購入できることが1つの特典でしたが、在庫切れで買えなくなってしまったので、そのメリットはないです。

でも今出ている会報もクオリティが高いというのはあります。

よくチェックするホームページはありますか。

昔はファンサイトがかなり盛り上がってたのでよく行っていました。今は色んな事情であまり盛り上がっていなくて、たまにオフィシャルサイトに行くぐらいです。

それが盛り下がった原因かは分からないですけど、ネット上の著作権問題が当時はちゃんとしていなくて、aikoのどこかしらから拾ってきた画像が色んなファンサイトでよく使われていたんです。

それが突然どのサイトでも使われなくなったので、何かお達しがあったのかなと。

あとネット上で集まる場所がファンサイトじゃなくなったというのが理由だと思います。

ちょっと前だったらmixi、今だったらツイッターとかで、グループがそこで出来上がっているみたいな感じです。

恋愛の曲といえばaiko

サインをもらったり、握手をした経験はありますか。

サインはいくつか持っていて、直接CDにサインしてもらったこともあるし、出待ちみたいな形で握手してもらったこともあります。

芸能人に会う時って、こっちは向こうのことを知っているけど向こうは知らないので、そのギャップに違和感を覚えるかなという感じがするのですが、それでも優しく対応してくれました。

それに結構腰が低いというか、僕の彼女がちょっとaikoに認識されているので「いつもお世話になってます」と向こうが言ってきたり、とっつきやすい優しさを感じました。

多分女子は10代の頃に結構多くの人が聴いてるという感覚があるんですけど、聴いてないのであればぜひ1度聴いてほしいと思います。

男は聴いていない人もいると思うんですけど、恋愛に対する感覚が女性と違うので、そういう感覚も変わるかも知れません。

女の子だったらaikoを聴いて勇気をもらえたりすると思うので、恋愛の曲といえばaikoという感じなので聴いてみてください。

本人に応援メッセージをどうぞ。

ちょっと恥ずかしいですよね(笑)ずっとファンでいようと思います。ずっと応援します。本当に好きです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

楽器初心者で社会人バンドを組んだ女性にインタビュー

バンドを組んで楽器を演奏してみたい、ライブをやってみたい─そんな憧れを持ったことのある人は少なくないはず。初心者でも、若...

ライブイベント大阪MINAMI WHEELへの出場経験

大阪の有名なFM局が主催するMINAMI WHEELは南堀江一帯がライブ会場となり、3日間で300組ほどの出演者がいます...

10年聴いている方へ聴いたクラシックでおすすめの名曲

数ある音楽ジャンルの中でも長い歴史を誇るジャンルと言えばクラシック。聞いたら眠くなる、なんて人もそれは心が落ち着くから。...

大友康平が大好き!ハウンド・ドッグのコンサートチケットをとるためにリダイヤルしまくりました

ネットが一般的で無かった時代、コンサートのチケットは直接電話で予約していました。大友さんは今も変わらず歌もトークも魅力的...

12年前から歌手のaikoの大ファンな男性にインタビュー

幅広い年代に愛されているaikoの魅力を語っていただきました。ライブの盛り上がり、好きな曲やカップリング曲、aikoの可...

アーティストカテゴリ 最新記事

ID2800

大友康平が大好き!ハウンド・ドッグのコンサートチケットをとるためにリダイヤルしまくりました

ネットが一般的で無かった時代、コンサートのチケットは直接電話で予約していました。大友さんは今も変わらず歌もトークも魅力…
ID1896

ライブイベント大阪MINAMI WHEELへの出場経験

大阪の有名なFM局が主催するMINAMI WHEELは南堀江一帯がライブ会場となり、3日間で300組ほどの出演者がいます。通常は審査の上…
ID904

ドリカムの「ワンダーランド」は最高のライブです

DREAMS COME TRUEの20年来のファンだという方にお話を聞きました。ドリカムの魅力のほか、ドリカムオリジナルの大規模なライブ…
ID708

ハモネプリーグに出たくてアカペラバンドを結成しました

アカペラバンドは声の調子を常に整えておく必要があります。しかし、大きな音が無く専用の練習場も必要ありません。既存の曲を…
ID1215

10年聴いている方へ聴いたクラシックでおすすめの名曲

数ある音楽ジャンルの中でも長い歴史を誇るジャンルと言えばクラシック。聞いたら眠くなる、なんて人もそれは心が落ち着くから…