みんなのインタビュー注目の記事

一人目の妊娠・出産はトラブル続きで切迫早産でした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんもお母さんも命がけの大仕事である出産。悪阻との戦い、職場の無理解、切迫早産で入院…。陣痛が始まってからも一筋縄ではいきません。母子の共同作業である出産は、無理しすぎないことが大切です。

6週から7週目で妊娠に気付く

妊娠がわかるまでの経緯を教えてください

基礎体温を測って記録していたのですが、6週から7週目に妊娠に気付きました。

それで、病院に行ってすぐに検査を受けました。

最初に内診をしてもらって、卵子が着床しているかどうか、それから子宮外妊娠の可能性もありますし、卵子の着床している場所の確認をしてもらいました。

心拍の有無の確認ですが、私の場合はまだ心拍を確認するには早すぎたので、着床だけ確認してもらいました。

それで、2回目の検査で心拍を確認してもらいました。

妊娠を希望してから2ヶ月かかりました。

悪阻との戦い

悪阻はありましたか?

悪阻はありました。

最初は匂いから駄目になって、実際には吐き気はありませんでしたが食べられない感じはありました。

お米を炊く匂いとか、にらとか出汁、冷蔵庫の中の匂いとかお弁当とかの匂いが駄目でした。

一番駄目なのは香水でした。

その時はまだ仕事をしていたのですが、なかなか周りに妊娠を経験した人がいなかったので、その方たちにどの様に理解してもらえばよいのかも悩みました。

匂いが駄目な時はどのようなものを食べていたのですか?

サンドイッチや、フルーツでは特にパイナップルなどです。

冷えた食事だったら食べられたので、出来立てのものであれば冷蔵庫で一回冷やしてから食べていました。

料理していると気分が悪くなるので、最初の悪阻の時は我慢せずに出来合いのお惣菜を食べていましたし、それが1番良かったと思います。

悪阻は3ヶ月間続きました。

妊娠の経過は順調でしたか?

順調ではなかったです。

妊娠15週目の時に、陣痛のようなかたちの痛みが走る事がありました。

外に出たのですが車の運転ができる状態ではなく、歩道に転がって痛みでのたうちまわっていたら近くの人が救急車を呼んでくれました。

その時は入院には至らずに、お薬をいただいて1週間仕事を休んで安静にする事になりました。

それから、26週目にも痛みがありました。

NSTというお腹の張りを調べる計測器があるのですが、張りが強くなると計測器の針が振り切れて、台形型のグラフになると本当の陣痛になってしまいます。

26週目でその状態になってしまい、お薬でお腹の張りが治まらなかったので、即入院となりました。

2週間の入院中は点滴を打ち続けていましたが、お腹の赤ちゃんには影響がありませんでした。

退院後も自宅でソファーの上でじっとしていたり、這ってはベッドの上で横になったりという生活でした。

37週目に入ってからは歩けましたが、運動どころか安静にしているのが1番とされていました。

どうしても家にいると家事とか料理をしなくてはいけないのですが、立ったままや座ったままなど、同じ姿勢で長時間いないように注意していました。

体重制限はありましたか?

ありました。

妊娠中期から後期になってくると1週間に1回の妊婦健診があるのですが、毎回体重測定をし、その1週間の内で2kgぐらい増えていると注意されます。

妊娠生活を快適に過ごすためにはどうしたら良いですか?

特に働いている方に関して言えば、妊婦というのは新しい生命を宿しているので、絶対に無理をしないということです。

会社を休めば迷惑をかけるというよりも、むしろ「会社を休んで自分を安静にしないと逆に迷惑をかけてしまう」と考えなければいけないと思います。

他人に迷惑をかけずに過ごすには、まずお腹の中の赤ちゃんと自分の自己管理をしっかりすることだと思います。

最終的にお仕事は何ヶ月の時まで続けたんですか?

26週目で入院するまで続けていたので、妊娠6ヶ月まで続けていました。

陣痛が来てもまだまだ

出産までの経緯を教えてください

陣痛が来始めて、1分間隔になったので産婦人科に電話したら来てくださいと言われました。

子宮口が開き始めている人は入院になるんですが、初産の方はなかなか開かないらしく、私の場合は全く開いてないと言われたので帰宅することになったので、大変でした。

帰宅したら20時だったのですが、それから4時間耐えて0時に行きました。

その時も子宮口は少ししか開いてなかったのですが、移動が大変だったので入院しようという事になりました。

一人部屋でしたが、みさなん痛くてドンドンと蹴っているので、その音が壁から聞こえてきましたし、私も痛くて蹴っていました。

子宮口が8cmになった時に分娩台にあがりましたが、その時は朝方の5時頃でした。

本当に痛くなったのが12時頃だったので、16時間くらい痛みを耐えていました。

その間、ずっと夫が背中を押してくれてたおかげで、随分と痛みが違いました。

夫も夜通しずっと付き添ってくれていたので半分寝てしまっていましたが、痛かった時には起こして背中を押してもらいました。

出産の痛みはマタニティ・ヨガの呼吸法と目を開けたまま乗り切りました

立ち会い出産でしたか?

夫は最初は立ち会わないと言っていたのですが、最終的な確認の段階で立ち会う事になりました。

中にはあまりの痛さや叫び声に負けて失神される方もおられるそうですが、夫の場合は大丈夫でした。

出産後は夫にへその緒を切ってもらいましたが、それも大丈夫でした。

呼吸法とかはあるのですか?

マタニティ・ヨガをしていましたので、そこで習った呼吸法をしました。

陣痛が来た時に、痛いからと目を閉じてしまうと痛みがそっちに集中すると聞きましたので、目を開いたままでなんとか乗り越えました。

赤ちゃんが出てきた時には「やっと出てきた、この子がお腹にいたのか」という感じでした。

ずっと会いたかったので、嬉しかったですね。

妊娠中に主人と車に乗っている時、チャイルドシートを見て「何週間後ここにいるね」と妄想に浸っていたので、やっと手に抱きかかえることができた瞬間はなんとも嬉しい感触でした。

出産予定日の5日前に産まれました。

男の子でした。

赤ちゃんはすぐに抱っこさせてもらえましたか?

カンガルーケアという、出産してすぐにお母さんの胸の上で抱っこするというのがあって、抱っこさせてもらいました。

産まれたばかりはお猿さんみたいな感じで、ちょっと笑いそうになったので「もういい、もういい」となりました。

妊娠して良かったことは何ですか?

家族との繋がりが強くなったことですね。

妊娠して辛かったことはどんなことですか?

職場での環境ですね。

まだまだ世の中には妊婦さんに対する考え方が冷たいところがあるので、それがちょっとつらかったです。

それから、切迫早産でできることもできなかった部分があるので、最初の妊娠は大変でした。

出産を控えている人へのアドバイスをお願いします

出産は大変で怖いものと考えているかもしれないですけど、体で痛いのはお腹の辺りだけです。

赤ちゃんは全身に痛みを抱えながら一生懸命出てくるので、お産は共同作業をするというようなかたちでイメージされると大丈夫だと思います。

赤ちゃんの方が頑張るので、お母さんも支えてあげるというという風に考えていただければ怖くないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

乳児を連れて国際線の飛行機に乗りました

赤ちゃん連れで国際線に搭乗した方にインタビュー!赤ちゃんと一緒に飛行機に乗る時の必需品や、フライト中に赤ちゃんに機嫌よく...

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない時のママの7つの心得

離乳食インストラクター協会の代表理事であると同時に、総レシピメニュー数が1500を超える人気の離乳食レシピブログの運営者...

歌敷山保育園は1歳から小学校まで利用する予定

歌敷山保育園の特徴はアットホームな雰囲気で清潔感があります。共働きの方が生後6ヵ月~小学校前のお子さんを預けています。お...

一人目の妊娠・出産はトラブル続きで切迫早産でした

赤ちゃんもお母さんも命がけの大仕事である出産。悪阻との戦い、職場の無理解、切迫早産で入院…。陣痛が始まってからも一筋縄で...

2人目の子供を不妊治療で授かりました

不妊治療で子供を授かることに成功したママさんへインタビューしました。体外受精じゃないといけないのか?不妊治療にかかる時間...

出産・育児カテゴリ 最新記事

中田馨さん

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない時のママの7つの心得

離乳食インストラクター協会の代表理事であると同時に、総レシピメニュー数が1500を超える人気の離乳食レシピブログの運営者の…
ID1137

歌敷山保育園は1歳から小学校まで利用する予定

歌敷山保育園の特徴はアットホームな雰囲気で清潔感があります。共働きの方が生後6ヵ月~小学校前のお子さんを預けています。…
ID679

チリで海外出産!無痛分娩で無事出産しました

国際結婚をして、海外で出産した方の体験談です。チリの私立病院で無痛分娩・旦那さんの立会いのもと出産したそうです。病院の…
ID511

小児はりに通って赤ちゃんが寝てくれるようになりました

赤ちゃんがしっかり寝てくれない…昼間たっぷり遊ばせたり、色々試してもどれも効かず、最後に辿り着いたのが小児はりだったとい…
ID396

乳児を連れて国際線の飛行機に乗りました

赤ちゃん連れで国際線に搭乗した方にインタビュー!赤ちゃんと一緒に飛行機に乗る時の必需品や、フライト中に赤ちゃんに機嫌よ…