みんなのインタビュー注目の記事

社会福祉主事の資格の講座は25~30万円かかりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福祉施設に勤める際に有利となる、社会福祉主事の資格についてお話をお聞きしました。試験は無く、レポートと研修で取れる資格です。研修費用に少々お金がかかりますが、職場によっては資格手当が出ます。

―――社会福祉主事とはどのような資格になりますか。

福祉施設や福祉事業所、役場の福祉課で働く人など福祉に携わる人に本来求められる資格になるのですが、基本的に試験などは特に無く通信講座や学校等に通っていれば取れる資格になります。受験資格も特にありません。

この資格を持っていると、福祉施設などでは採用試験時に持っていると優遇して貰える資格になります。

―――この資格を取ろうと思ったきっかけを教えて下さい。

福祉施設に勤める時に、正規職員になるには社会福祉主事資格を持っていた方が良いとのことでしたので、1年間専門学校に通って資格を取りました。

合格するまで800~1500文字のレポートを毎月提出!教科書をしっかり読み込んでいれば初心者でも大丈夫

―――勉強内容や勉強方法について教えてください。

非常に項目が沢山あるのですが、社会福祉の概論や歴史、あとは心理学など項目でいうと20以上ありましたね。

主なものはリハビリテーション、看護学、介護学、あとは経済政策、老人福祉論などになり、それに関するテキストが資格を取得しようと思うと送られてきますので、それを読んで毎月レポートを提出して合格点を貰うまでやり続けるという流れになります。

勉強方法はテキストを読んで大事な所をチェックしていって、レポートにまとめる為に少しずつまとめていって、レポートの指定されている文字数にまとまめるようにしていました。

でも、やはり詳しい内容を学ぼうとする場合は、教科書を飛ばして同じ項目同士をまとめて勉強するようにしていました。

勉強時間は1日2時間から3時間ほどで1年間かけて勉強しました。

―――勉強に掛かった費用はいくらぐらいになりますか。

社会福祉主事の資格を取るための勉強自体には10万円ほどです。

試験のようなものは無くて、レポートを提出して修正というかチェックを入れられなければ、そのままストレートで合格できる資格です。

なので、その通信講座の終了課程を、全て合格点を取れるかどうかが、試験を兼ねている感じになりますので、試験の費用などが個別に発生することは無かったです。

その他にかかる費用は。スクーリングといって施設に研修にいく必要があるので、その辺りの費用を含めると20万~25万円は掛かっていますね。

―――研修ではどのような事をするのですか。

会場は東京のロフォス湘南という施設のみで全国から集まって、講師の方による講演とそれに対するレポートの提出という事が、毎日、大体2週間行われます。実技は、ほぼないです。

私が行った時は、大きい会場が満席になっていましたので、300人ほどはいたと思います。

―――初心者でも取得可能な資格になりますか。

通信講座に申し込めば直ぐに管轄している所から教材が送られてきますので、それに沿って勉強をしていけば良いので大丈夫だと思います。

私が勤めていた施設では、受けた人の7割は合格していました。でも、やはり毎月レポートを提出するのは大変なので、途中でやめてしまう人がいるようです。

―――レポートとはどのようなものですか。

項目によっていろいろあるのですが、800文字から1500文字のレポートを月に1回提出です。

第1回分用レポート用紙、第2回用分レポート用紙というように最初から送られてきているのですが、それの文字数に入る様に手書きです。

ただ文字数をカウントしないといけませんので、私はパソコンで文章を作って文字数を数えてから、手書きで写していきました。

教科書の内容を抜き出しただけでは応えられないような質問の内容でしたので、難しいですね。

例えば、社会福祉概論という項目のレポートだと「社会福祉概論の社会事業概論についてレポートをまとめなさい。」という事であれば、そこの項目の概要を移してしまえばいけると思います。

でも、そういうものではなくて、社会福祉概論の中でも明確に説明されていない事でそれを全体的に読んで始めて分かる事や、分からないと書けないような質問が多いので、教科書は一通り目を通して大事な所をチェックしていないと中々ちゃんとしたレポートを書けない感じがしましたね。

だからと言って、そういう仕事をしていないと書くのは難しいという事はなく、全くの初心者から資格を取りましたが大丈夫でした。
―――資格を取りに来ている人の年代はどの辺りが多かったですか。

幅広かったですね。私がこの資格を取りに行ったのは20歳だったのですが、20代の人もいれば30代の人もいましたし、40代、50代の人もいらっしゃいましたね。

―――1回のレポートにはどの位の時間が掛かりましたか。

私の場合は全部で10時間ぐらい掛かっていましたね。

作文などを作るのが元々得意ではないというのもあったと思いますが、その該当する所を読んである程度自分の言葉にまとめ直すのが結構大変でしたね。

例えば、社会福祉事業士というタイトルのレポートを求められたときは、その社会福祉事業士の中で、社会福祉の歴史において支援費制度というのがあるんですが、「その支援費制度成立までの流れについて何文字以上でレポートしなさい」という内容でしたら、そこまでの流れを全部見ておかないとちょっと分からないですね。

そういった感じのレポートがほとんどでしたね。

就職に有利で資格手当が出る場合も

―――社会福祉主事の資格はどういった業界でニーズがありますか。

役場の福祉課や福祉業界ですね。施設の職員さんだったりとかですね。そういった所は、正規雇用の応募条件として社会福祉主事資格を持っているか、と書いてある所は未だに多いですね。

福祉系の資格の中でもかなり古くからある資格になりますので、やはり多くの福祉に携わる職場では、持っているか持っていないかで見る目が最初は違いますね。

これの資格を持っていないとできない業務は特にないですが、「福祉について専門的な勉強をしていてそれを認可されています」という資格になりますね。

―――合格するとどういったメリットがありますか。

勤めている職場によっては、資格の手当てをいただけますね。

私の勤めていた施設では、月8,000円でしたね。3年ほど勤めれば、全然元は取れると思います。

―――研修で印象的な事はありましたか。

やはりスクーリングですね。

全国から一か所に集まって合宿のような形になるのですが、本当に色々な所から集まっていますので、それぞれの地域の福祉の内容や、「実際職員はどこも足りていないのだな」など、業界の話を色々な人と出来たのは勉強になりましたので凄く印象に残っていますね。

―――泊まりなのですか。

泊りですね。

一応、研修の会場は決まっていて、その研修会場にも200人部屋ほどあるのですが、それでは足りませんので、そこに入れなかった人は近くの提携しているホテルに宿泊していましたね。

宿泊は10日から2週間ほどになります。私は前日から行っていましたので、2週間分の宿泊費でしたね。割引がきいたのですが、それでも1日8,000円~9,000円ぐらいでしたね。

もっと安い所に泊ることもできたのですが、そうすると研修施設と提携していませんので、送迎バスが来ないという不都合があったので、ちょっと高くても提携しているホテルに泊った方が研修会場への行き来が楽でした。

その費用を含めると25万円~30万円ほどになりますね。地元の人は泊まる必要はないですが、遠くから来る人は交通費もかかって大変です。

―――試験は年に何回ほどありますか。

大体、年度始めに申込受付を始めますので、一つの期間で年1回ですね。

だから人が集中します。スクーリングの期間はランダムに振り分けられていますので、実際に年間でどのくらいの人が受けているかは分からないですが、大体月に1回から2ヶ月に3回位のペースでスクーリングが開かれているようですので、かなりの人数が受けているようですね。

―――この資格を取ろうと思っている人へアドバイスをお願いします。

働きながら、学校に通いながらですと、勉強する時間を確保するのが難しいと思いますが、毎日2時間ずつでも教科書を順番に読んで、大事なところをチェックしていくだけで手堅く取得出来る資格だと思います。

毎日欠かさず少しずつでもやることで、後々レポートを出す時にも困ったりしないと思うので、ストレートに合格まで進めると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

独学でアロマテラピーインストラクターに合格しました!

アロマを扱うならアロマテラピーの資格を。アロマを扱う上で必須ではありませんが、知識や信頼性が得られます。専門学校へ通うと...

飲食店で2年働いて調理師免許試験に合格した方へインタビュー

飲食店での2年間のバイトを経て調理師免許を取ることができた方のお話。飲食店で働きながら取得するのも調理師学校に行くのも、...

通信講座でチャイルドコーチングの資格を取りました

通信講座というと途中で投げ出してしまう人も多いものですが、半年間頑張って続けて、チャイルドコーチングの資格を取ったという...

独学で勉強して保育士資格の一発合格者へインタビュー

保育科を出ていなくでも、場合によっては高卒資格があれば保育士の試験を受けられます。仕事は大変ですが、独学で合格でき、求人...

運行管理者資格を取得!試験の勉強方法アドバイス

お金をもらって荷物や人を運ぶ陸上輸送の会社には、必ず運行管理者がいなければいけません。運行管理者になるためには資格が必要...

資格カテゴリ 最新記事

ID1056

フードコーディネーター3級試験を受けた感想

妊娠中から勉強を始めて出産後にフードコーディネーター3級の試験を受けて合格した方にインタビュー。食品開発やレストランのプ…
ID1055

飲食店で2年働いて調理師免許試験に合格した方へインタビュー

飲食店での2年間のバイトを経て調理師免許を取ることができた方のお話。飲食店で働きながら取得するのも調理師学校に行くのも、…
ID719

日本ペン習字研究会(日ペン)でボールペン字と筆ペンの通信講座で学びました

字が上手くなりたい、でも近くに教室が無い…。そんな方におすすめなのが、日ペンの美子ちゃんで有名な通信講座です。時間を気に…
ID552

女性のバイク乗りは珍しい?女子の普通自動二輪免許を取得体験記

女子高生がバイクの免許を取った話です。女子でも取る人は多いの?バイクならではの実技試験ってどんなのがある?普通自動車の…
ID501

大学の講習でホテル実務技能認定試験に合格しました

ホテル業界への就職に有利な資格、ホテル実技認定試験についてお聞きしました。お金の計算からベッドの配置、接客の仕方まで幅…