みんなのインタビュー注目の記事

開始早々泥棒被害に?!訪問介護事業所を10年経営

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妹の独立を手伝ううちになぜか自分が社長に?!結局10年間訪問介護事業所を経営することに。会社を起ち上げる時の苦労、経営時のお金の苦労、そして開業早々泥棒被害…苦労続きでも10年続けられたのは、やはり利用者さんの喜ぶ声があったからこそのようです。

最初は手伝いのはずでした

訪問介護事業所を経営しようと思った理由はなんですか。

前職を辞めて仕事を探そうとしていた時、30歳手前だったので、なかなかいい仕事って望めないなと思っていました。

それなら飲食店か何か始めようかなと色々物色していましたが、ピンとくるものはありませんでした。

そんな時、妹が介護福祉士の資格を活かして、自分でやってみようかなという話をしていて、いいんじゃない、と賛成していたんですね。

関わるつもりはなかったのですが、やるにあたって初めは手伝ってほしいと言われました。

私は医療事務・調剤事務の経験があって保険請求の流れはわかるので、仕事もしていない身だし、それぐらいの手伝いだったらしてもいいかなと思いました。

ということでやり始めたら、法人格にしなければいけないとか、全くわからない状況でした。

法人格にしないといけないんだったら誰が社長になるの、妹はやりたくないと、名前だけでいいからまず社長になってくれないかと言われて、私が社長になりました。

初めは手伝いでよかったはず、いつになったら辞めさせてもらえるの、という状況がずっと続いて、10年です。

正社員は私と妹だけだったんですが、ヘルパーさんは多い時で10人ぐらいいました。

でも、10月いっぱいで事業所はやめたんです。残務処理があって、年内はまだ社長です。

社長業務は、特にないです。お金の勘定と、やりくりと、雑務です。

まずは定款作り。社名を決めるのも大変

起ち上げる時は、どんなことから始めたのですか。

全くわからなかったので、親戚の行政書士の人に、会社を作るにはどうしたらいいかって聞きに行ったんです。そうしたら、定款を作らなければいけないと言われました。

定款って、作ってもらうのにすごくお金がかかる、自分でもできる、と聞きました。

このような会社にしますという内容の書類を、法務局に提出しなければいけないんです。

どういう事業、仕事内容をしたいとか、会社の所在地だとか、社名を考えなければいけないとか、何月何日に設立したとか資本金いくらとか、そういう基本的な会社の本体にあたるものを作る感じです。

定款は自分でも作れるよと、自分でやれば法務局で印紙貼ってもらうだけで済むと聞いたので、会社の作り方みたいなことをパソコンで調べて、やり始めていました。

でも、結局うちの妹が我慢しきれなくて、早くしてくれということになって、別の行政書士に定款を作ってもらうことになりました。

最初は会社の名前を考えるのにも、時間がかかりました。

いい名前って何も考えていなくて、こんな名前っていう一案を持って行ったら、同じ地域にもうその名前の会社があるからダメということがあり、かぶらない名前を探しました。

事業をもうしていなくても置いたままになっている会社、休眠状態の会社が多くて、そういうものともかぶってはいけないと言われました。

行政書士に頼むのは、50万ぐらいかかったんじゃないですかね。すごいんですよ。どういう風に出したかは覚えていないです。

それで通ったら、会社を設立できるんです。定款を作ってもらってもそれ以降、してもらうことは特に何もなかったです。

営業力より、つながりが大切

人の募集はどうされたのですか。

まず、妹の知り合いで、資格を持っている人から声を掛け始めました。

私にも知り合いで訪問介護の事務を経験した人がいたので、その人にも手伝ってもらい、始めました。

それ以降はハローワークにも求人を出しましたが、資格を持っていないので取らせてくださいとか、まともな人が来ないんです。

訪問介護というのは、利用者の家に行ってご飯を食べさせたりお風呂に入らせたりということです。

資格なしでは出られない仕事なんですが、持っていない人ばかり求人に来るので、あまり意味がありませんでした。

ピーク時で10人ぐらい雇っていました。もうちょっと多い時もあったかな。始めた頃は、全員20代でした。

10月に閉めたので、今は誰もいないです。私だけが残っています。

訪問介護という仕事の部分は、半年ぐらいで落ち着きました。

決算とか日々の経理のことは、私はやったことがなかったので、ずっと慣れなかったですね。経営者になったという感覚は全くなかったです。

法人になると大変だったので、税理士さんに頼みました。10万円とか、かかりました。

妹は社長業はしないです。現場に出ています。訪問介護に来てほしいという受付は、私の担当でした。事務全般の担当ということですね。

訪問介護を経営することに、求められることはありますか。

我慢です。お金がないんです。もう本当にお金がない。儲からないです。

直接依頼というのは、ほとんどないですね。ケアマネージャーさん経由で、こういう人がいるんですけどお願いできませんか、という話をもらいます。

だから営業をかけるのも、ケアマネージャーさんのところに、よろしくお願いしますというように行きました。

あとはヘルパーの事業所の会のようなものもあるので、そういうところに顔を出して、名前を売っていくようなことをしました。

営業力はそんなに必要ないですね。うちの妹がその仕事だったということで、独立して始めたという話は自然に広まりました。

1回だけ近くの、地域のケアマネージャーさんのところを回るということはしました。

ポスティングも1回だけしましたが、反響は全くでしたね。諦めました。入れないでくださいとか、必要ないとか、あまりいい感じの感触はもらえませんでした。

つながりが大事ということですかね。

起ち上げてすぐ泥棒被害。現場は体力勝負

何か困ったトラブルはありましたか。

事務所に泥棒に入られたことがあります。起ち上げてすぐのことでした。

室外機に足をかけて、上の方についている窓から入られていました。

現金を盗られました。次の日に20万ぐらいの支払い予定があって、それがなくなっていたんです。

後で捕まったという連絡がありましたが、お金は返ってこないです。保険でおりました。

たまたま、泥棒に入られる2日前に火災保険に入ったところだったんですよ。ぎりぎりでしたが、保険屋から支払ってもらえました。30万まで大丈夫と言われました。

仕事をする上で、何か資格や特別な勉強をする必要はありますか。

ヘルパーの資格が要ります。私もヘルパー2級の資格は取りに行きました。3ヶ月くらいで取れました。

あまり忙しい時は、私も現場に出ていました。現場は体力勝負です。事務はそんなに大したことはないです。

勤務はフルタイムですね。私は8時から6時ぐらいまでです。9時から5時というのが表向きですが、用事で色々ありますね。

事務に関しては土日祝日が休みの日ですが、現場は年中無休で回っている状態ですね。土日も誰かは働いていました。

ご飯の時間帯にご飯を食べたいという利用者の希望が多いので、お昼ご飯の時間帯に仕事が重なることがあります。夕方もそうですね。

私はパンをかじりながらなど、運転しながら、前の利用者さんと次の利用者さんへの訪問の間に食事を摂っていました。

取引先のケアマネージャーさんは7~8人、なくなったらそのまま新たに仕事が来なくなる人も多かったですが、大体5~6人は常時ありました。

利用者さんは20ぐらいです。ピークはもっと多くて、行っている利用者さんは40軒近かったですね。

利用者さんが減っても、頼むヘルパーさんをクビというのは、したことはないですね。登録してあっても、仕事がない状況は仕方がないということで承知してもらいました。

登録ヘルパーさんという形で、仕事がなければ給料は少なくなるということに、どうしてもなります。

それでも、きつかったです。会社を始めるにあたって最初はリースを組んであり、その支払いがあったからです。

リースで契約していたのは、パソコン、ソフト、コピー、電話、車、色々ですね。

収入は、私はもらっていないです。保険はかけるので、最低限の収入は基本10万ぐらいで一応あるという形にしていますが、そこから保険だとか引かれて、全部会社に戻しています。

実家にいるので、小遣い1万ぐらいとかで何とか生活します。経営といっても、厳しかったですね。自分の収入を会社に回してもダメなぐらい厳しいです。

訪問介護は、働き手を確保しづらい

働いていて楽しいと思えること、いまいちだと思うことは何ですか。

新しい仕事が増えたりすると、うれしいですね。利用者さんがこんなこと言って、来てくれてうれしいって言っていると聞いたりするなど、そういうことですね。

私は今まで、短い期間で仕事が変わっています。理由は、事業所が、働いていたところがなくなるという、仕方がないことだったりもしました。

それに比べて、この仕事については長く続けられたのがよかったと思っています。

嫌々始まって嫌々ずっと続いたような気もしますけど、こういう風に長く関わることができ、よかったと思っています。

いまいちだと思うことは、お金が回らない、忙しいことですね。ストレスで髪が抜け過ぎたこともありました。

妹は、お金のことは知らないです。普通に給料をもらっています。

経営する上で注意するポイントはありますか。

流行っているというか、これからの仕事というイメージがあるので、飛び込む人も多いかと思いますけど、しっかりしたビジョンを持ってしないと難しい仕事だと思います。

今、訪問介護を頼む人は多いんですけど、やる人が、ヘルパーさんが少ないんですね。

ヘルパーさんになるのもややこしくなって難しくなって、お金も必要になったりして、資格をとる人が少なくなってきています。

実際働いてみたらやりたくないという人もいるので、働き手が確保しづらいというのはあります。

経営の勉強は、何もしていないですね。日々やっていくということにだんだんなっていき、それだけですね。

現場がなければ、そんなに大したこと、難しいことはないです。

対応とか、ヘルパーさんとのやりとり、こういうことがありましたという報告と、それはこうしてほしいというお願いだとか、日報もあるのでそれを管理したり、レセプトの時期にある仕事が忙しいですね。

介護の現状を知り、人を育てることを考えましょう

経営するのに、向いている人、向いていない人はいますか。

すぐ結果を求める人というのは、無理なことをしてしまうので、我慢強い人が向いていると思います。

経営という部分では、すぐになかなかうまくいくことばかりではないので、いい時も悪い時も我慢が必要だと思います。

人を使うということに対して、勘違いしていたらダメかなと思います。自分のものという感覚、上から威圧的な感じだと、人もなかなかついて来なくなってしまうと思います。

ワンマンでうまくいく人もいると思いますが、かなり自分が率先してやるという能力あってのことだと思うんですよ。

自分が楽をして人を動かすという感じでは誰もついてこなくなると思うので、自分自身もしっかり頑張るような雰囲気、そういう風にみんなに思ってもらえるような人でないと、と思います。

世の中の風潮的には、介護の仕事というのは成長する分野で、実際そうだと思うのですけど、なかなか現実は厳しいものがあります。

本当に、まず初めは手弁当、身銭を出しながら続けるくらいの覚悟がないとできないことだと思うので、すぐに結果を求めないということが大事かと思います。

ヘルパーさんのことを第一に考えて、やる仕事だと思います。人とのやりとりに柔らかい感じで対応できる人を育てる、ということを考えてやる方が、長く続けていける秘訣になるかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

倒産寸前の会社を立て直した経営者の体験談

ウェブ系の会社を経営されている37歳の男性に経営が苦しくなった状況からどのように立て直してきたのか?どん底から這い上がる...

友人との共同経営で大失敗した代表取締役の体験談

インターネット関連の会社を経営されている社長に友人と共同経営をして大失敗した時の貴重なお話を聴かせていただきました。友人...

15歳で遠洋漁業の漁師に!見習いでも年収500万円!

一度海へ出れば2ヶ月帰れない、遠洋漁業船に15歳で乗り込んだ方にインタビューしました。2ヶ月間の食事メニューは?どんな給...

桑沢デザイン研究所の卒業生へインタビュー

デザインを勉強したい!デザインを職業に生かしたい!と思っていてもどこに行って何を勉強すればいいのやら・・・そこで今話題に...

自宅でサロンを10年経営!化粧品で自分もキレイに!

美容に関心の高い方にぴったりの、自宅でのエステ経営。設備投資はどの程度必要なのか、顧客の確保の仕方、コミュニケーションの...

起業・経営カテゴリ 最新記事

ID908

家庭保育所の経営者へインタビュー

家庭的な雰囲気でお子さんを預かる家庭的保育所は、自宅の一室など小さな空間で少人数を預かる体制が多いそうです。お子さんの…
ID955

桑沢デザイン研究所の卒業生へインタビュー

デザインを勉強したい!デザインを職業に生かしたい!と思っていてもどこに行って何を勉強すればいいのやら・・・そこで今話題…
ID779

タイのシルバーアクセサリーを買い付けしてネットショップを始めました

タイのシルバーアクセサリーの良さに気付いたことをきっかけに、ネットショップを開業した方にインタビューしました。いきなり…
ID723

専門学校で2年勉強後にグラフィックデザイナーのフリーランスに

自分の腕一つで仕事するグラフィックデザイナー。具体的にどんな仕事をするの?どうすればなれるの?そしてどうすれば仕事がも…
ID446

友人とその母親と土日限定でカフェ経営をしています

自分のカフェを持ち、のんびりとコーヒーやお料理を出し、好きな手作り雑貨も売り…北海道でそんな小さなカフェを営む女性にイン…


Fatal error: Call to undefined function my_func_mokuji() in /home/minna-qa/all-interview.jp/public_html/wp-content/themes/allinterview_wk/footer-single.php on line 51