みんなのインタビュー注目の記事

一眼レフカメラでの写真撮影が趣味になりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラが趣味という女性に話を聞きました。これからカメラを趣味にしたいと考えている人にもわかりやすく、その魅力を話して下さいました。一眼レフカメラの画質の美しさ、被写体に応じてレンズを使い分けられるといった利点の他に、価格や撮り方等のアドバイスまで、とても勉強になります。


使用カメラはニコンD3100、携帯カメラとは違う画質に大満足

写真が趣味になってどれぐらい経つのですか?

昔から写真を撮るのが大好きだったんですけど、自分が被写体になって撮られるのはとても苦手でした。

最初はフィルム式のカメラとかチェキというインスタントカメラがあって、それも良く使っていました。その後携帯電話にカメラが付いた時は、発売当初に買いに行きました。

それで楽しんでいたんですけれども、一眼レフというきちんとしたカメラを購入したのは2年ほど前です。

最近は一眼レフじゃない普通のコンパクトカメラで値段がそこそこのものでも、かなりきれいに撮ることが出来るので、どれを選んでも大丈夫だと思います。

今のスマホについているカメラでも十分にきれいに撮れると思います。

ただ形から入りたいのであれば、安くてもいいので一眼レフカメラを持つと、気分が盛り上がると思います。

私も形から入りたいというのがあったのと、友達にプロのカメラマンの人が何人かいまして、以前一緒に出かけた時に同じ景色を私は携帯のカメラで撮るのに対して向こうは一眼レフを構えて撮っていたんです。

その姿を見た時に「かっこいいな」と思って一眼レフを買うことを決めて、探していたら意外とお手ごろな価格のものもあったので、勢いで買いました。

今はアイフォン5についているカメラと、ニコンのD3100というデジタルカメラを使い分けています。

カメラは普通の家電量販店で購入しました。その際何軒か回って値段をチェックしておいて、最後の店で「他の店はこれくらいの価格だったのでもうちょっとまけて下さい」と言って値切り交渉をしました。

一眼レフの面白いところは、普通のカメラと違ってレンズ交換が出来ることなんです。

例えば月や星を撮りたい時は望遠レンズを使ったり、逆に近くのものを撮りたい時には接写レンズを使うなど、用途に応じて色々なレンズを使い分けるのも一眼レフの楽しみだと思います。

一眼レフカメラの売り方というのは、まずボディと言われるレンズが付いていない本体が基本になります。

それからダブルレンズと言われる基本のレンズがあって、さらに望遠レンズとか接写レンズなどがありまして、それぞれを買い足していくことになります。同じブランドであれば大抵付けられるようになっています。

ですからもし次に気に入ったカメラがあって買う時は、今あるレンズをそのまま使用することが出来るので、ボディだけを買えばよくて、その分値段が安くなります。

私は趣味の範疇なのでそこまでこだわる必要はなかったのかもしれないんですけれども、最初から「このレンズも買うからその分安くしてほしい」とさらに値切って、かなり安く購入することが出来ました。

私が買った時は、本体とレンズ、それに三脚と記憶媒体のSDカードまで含めて9万円弱だったので安かったと思います。今は型落ちして3万円ぐらいで買えるので、凄く悲しいです。

小さいものは接写レンズで、人物はフラッシュなしが上手く撮るコツ

一眼レフカメラを買って良かったこと、失敗だったなと思うことは何ですか?

一眼レフカメラを持っているだけで自分の写真テクニックが上手くなったような気になれることです。

やはり画質がとてもきれいで、色鮮やかな景色を撮った時にパソコンの大画面で見たらアイフォンで撮った写真と全然違うので、本当に買って良かったなと思います。

値段が高いものになると色々な機能が付いてくるので操作も難しいと思います。

私が買ったものはボタン1つで景色をきれいに撮る為の設定に自動で合わせてくれたり、景色をバックに人を撮りたい時もその設定にカメラが合わせてくれるので、特に勉強しなくても大丈夫です。

今のところ私が困ったことは1度もありません。でも、もう少し上位の機種を買えば良かったなと思うことはあります。

なぜなら写真自体は凄くきれいに撮れるんですけど、カメラ本体に付いている液晶画面の画素があまり良くないので手ブレの確認がし辛くて、撮り直した方がいいのかどうか分からなくなるんです。

カメラの画面ではきれいに撮れているようでもパソコンに移してみると少し手ブレがあったりして、がっかりしたことがありました。

次に買う時は、本体の性能はもちろん、カメラの液晶画面がきれいで画素の高いものを選ぶと思います。

私はあくまで趣味の範疇なんですけど、被写体によって少しずつ撮影方法を変えています。

うちには猫がいるので猫を撮ったり、車が好きなのでドライブに行った際に行った先の景色をバックに愛車を撮ったりしています。

オートで撮ることが多いんですけど、被写体との角度とか距離とかを自分で調節して撮ったりしています。

例えば食べもののような小さいものを撮る時はかなり近づいて撮るんです。接写レンズを使って殆ど間近で撮ります。

それから景色をバックにものを撮りたい場合は、ものをファインダーの端っこに来るようにして景色も入るように調整して撮っています。

人を撮る時は、出来るだけきれいに写るように撮っていきます。そういう時はあまりフラッシュを焚かない方がいいです。

斜めに立ってもらって斜め向きで撮ってみたり、ちょっとしたポーズをつけてもらうなど工夫をした方が、上手く撮ることが出来ます。

デジタル一眼レフで撮った写真は画素数が多く引き伸ばしても綺麗

昼と夜では撮影方法に違いが出てくるんですか?

昼の方が逆光を考えないといけないので難しいです。

夜の場合はフラッシュを焚かないと暗く写りすぎてしまうんですけども、逆にフラッシュの光が不自然になってしまうことがあります。

フラッシュを焚かないで撮って、後からパソコンの画像ソフトで調整すると、きれいに見えるようになります。無料のフリーウェアがありますので、それを利用します。

動かないものの方が撮りやすいので、桜や紅葉などのきれいな景色とか愛車を撮るのが好きですね。後は私、神社も好きなんですけど、朱色の鮮やかな鳥居を撮るのも楽しいです。

私は初心者なので、動きがあるものを撮るのが凄く難しいんですよ。特に水の流れを撮るのが難しくて、よく滝を見に行くことがあるんですけど、滝の流れを写真で表現するのが非常に難しいです。

滝の流れを上手く写真に収めるのは本当にテクニックが必要なんだなと思って、まだまだ勉強中です。

後、お子さんはよく動き回るので「撮ってあげて」と言われて撮ると必ず心霊写真の如くぶれるので、中々大変です。

最近のプリンターはとてもきれいにプリントすることが出来ますので、自宅で簡単に写真専用のプリント用紙を買ってきてたくさんプリントして、友達に配ったりしています。

さすがにインクの減りは早いですけど、自宅でプリントする方が手軽で簡単なので、私はいつも自宅でプリントしています。

ただ凄くきれいに撮ることが出来た写真をポスターにして部屋に飾りたい時は、写真屋さんに行って引き伸ばしてもらったりします。

デジタル一眼レフカメラだと画素数が凄く大きいので、引き伸ばしてもきれいに見えます。本当にプロが撮ったような出来栄えの写真が撮れたりすることもあって、自画自賛したりしています。

部屋には自分で撮った写真を結構貼っています。普通に押しピンで貼り付けます。

撮りまくることが上達のコツ

撮影データはどのようにして保存するのですか?

全てのデータをパソコンに保存しているので、ハードディスクがいっぱいになってきているんですよ。そろそろ買い足さないといけないなと思っています。

結構二重に保存したりしてしまうことがありますけど、それを1からチェックするのも大変なので放置しています。もっと効率のよいやり方があると思うんですけど、面倒なのでそのままです。

写真の魅力について教えて下さい。

例えば友達と一緒にいる時は、出来るだけ友達を写すようにしています。

そういう時友達はよく「恥ずかしいから撮らないで」と言うんですけど、随分後になってからその時の写真を見せると「ああ、懐かしい。こんな事もあったな」と喜ばれたりします。

やはり思い出はどうしても薄れていくものなので、その時は恥ずかしいと思っていても、写真に残しておくことによっていつでも思い出を振り返ることが出来るので、それが写真の魅力だと思います。

後は写真を撮り始めると身近にあるどんな小さなものでも目が行くようになるので、色々なものに興味を持つようになりました。

あくまで趣味の範疇と考えて、好きなものを好きなように好きなだけ撮るのがいいと思います。

私の友達でプロカメラマンをやっている人がいるんですけど、その人から「撮影すれば撮影した分だけ必ず上手になっていくものだから、とにかく撮りまくりなさい」と言われたことがありました。

ですから撮りまくることをお薦めします。身近にある何気ないものでも写真を撮ってみると雰囲気がある写真が撮れたりするので、面白いと思います。

写真を趣味にすることによって、今まで桜を見に行くのも面倒くさいと思っていたのが、撮影の為に自分から出かけていこうという気持ちになります。

このように行動範囲が広がっていくという意味でも、写真を趣味にする事をお薦めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

手芸大好きな主婦に手作り市出店のやり方をインタビュー

ストレス発散は人によって違うもの。友達と話したり旅行したり。その中に手芸をするとストレス発散になるという人もいるはず。だ...

多肉植物は観葉植物の初心者にもおすすめ

ガーデニングに興味があるけど、すぐに枯らしてしまいそう、世話が大変そう…そんな方におすすめなのが多肉植物です。ぷっくりと...

日本茶検定1級の男性が教える日本茶の入れ方

日本茶がライフワークという、日本茶検定1級方へインタビューさせていただきました。何気なく普段飲んでいるお茶も、入れ方や、...

夫婦で消しゴムはんこ!今ではA4サイズを掘ります

たまたまそばに消しゴムとカッターがあったからというきっかけで消しゴムはんこを作り始め、今ではA4サイズのものを作ることも...

一眼レフカメラでの写真撮影が趣味になりました

カメラが趣味という女性に話を聞きました。これからカメラを趣味にしたいと考えている人にもわかりやすく、その魅力を話して下さ...

趣味カテゴリ 最新記事

ID2800

大友康平が大好き!ハウンド・ドッグのコンサートチケットをとるためにリダイヤルしまくりました

ネットが一般的で無かった時代、コンサートのチケットは直接電話で予約していました。大友さんは今も変わらず歌もトークも魅力…
ID1896

ライブイベント大阪MINAMI WHEELへの出場経験

大阪の有名なFM局が主催するMINAMI WHEELは南堀江一帯がライブ会場となり、3日間で300組ほどの出演者がいます。通常は審査の上…
ID1855

愛車ジープを運転しやすくプチカスタマイズ

愛車のジープをプチカスタマイズしました。ハンドルカバーや大き目のバックミラー、レーダーなどを付けて運転しやすいようにし…
ID564

中古のジープに9年間乗っているジープマニア女子

中古車屋さんで見かけたジープに一目ぼれ。ペーパードライバー歴9年間でしたが、ジープのためにペーパードライバー講習を受けま…
ID1737

レコーディングもできる兵庫県西宮の音楽スタジオ「NU-VU」

兵庫県西宮市にあるスタジオ「NU-VU」は駐車場が少ないので注意が必要です。閑静な住宅街の中にあり、一見すると普通の新築のお…


Fatal error: Call to undefined function my_func_mokuji() in /home/minna-qa/all-interview.jp/public_html/wp-content/themes/allinterview_wk/footer-single.php on line 51