みんなのインタビュー注目の記事

フィリピンマニラの友人宅を訪ねて個人旅行しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピンの上流階級は使用人やボディーガードを雇うのが当たり前ってご存知でしたか?そんなフィリピンの友人宅に遊びに行ったという方にインタビュー!フィリピン旅行で気を付けることから現地の人の暮らしぶりまで、一般の旅行では分からないような情報を教えていただきました!

――なぜ、フィリピンに旅行へ?必要な準備や持ち物についても教えてください

フィリピン人のハーフの友人がいるんですけど、彼女が里帰りをしていた時に現地で案内をしてもらえると思ったので元々私がフィリピンに行ってみたかった事もあって旅行をする事に決めました。10月に行って4泊しました。

フィリピンまでの行き方としては、インターネットで往復の料金が安い所を探して予約しました。

直行便もあったんですけど値段が高くなるので安く行く為に私は乗り継ぎで行きました。その為途中で乗り継ぎの為に空港で1晩寝てからフィリピンに行きました。

フィリピンに到着後は空港まで車で迎えに来てもらって、そのまま友達の家に行きました。

旅行への準備についてですが、特別なことはしていません。着替えなどを用意したりごく普通の旅行の準備をしただけです。パスポートや着替えなどですね。

他には現地ではクリーニング屋さんがあるんですけど非常に少ないですし、洗濯機もあまりないので自分で洗濯出来るように洗濯用洗剤を持っていった方がいいと思います。

もし洗濯をしたくないのであれば出来るだけ着替えを多めに持っていった方がいいと思います。

フィリピンでは洗濯機がないのが当たり前で洗濯専用の人を雇ってやらせているみたいです。他にも運転をさせる為に人を雇ったりするのが普通です。

フィリピンは外出にボディーガードが必要!?上流家庭は使用人を雇うのが当たり前

――フィリピンに着いた時の第1印象はどのような感じでしたか?

すごく暑くて日差しも強かったです。

10月ということで、日本が秋で涼しかったのでトランクには半袖などの夏物を入れていたんですけど、着ていった服装は現地で脱げるように半袖の上に厚手のものを羽織って行きました。

フィリピンの10月はまだ夏で、とにかくすごく暑かったです。

ただ、蒸し暑いですけど、日本に比べればそれほどベタベタしない感じでした。

――フィリピンの一般家庭はどのような感じですか?

友達の家はフィリピンの中でも上流階級の家で、すごく広くてきれいで部屋もたくさんありました。

フィリピンは貧富の差がすごく激しいです。

友達の家に行く間にすごく貧しい家も見ました。テレビで観た事があるような川べりに木で出来た家に洗濯物がたくさん干してある光景とか、本当に汚い外観の家をたくさん見ました。

食事は友人の家で食べさせてもらいました。日本でもあるようなミートソーススパゲティやから揚げが出てきました。

他にはフィリピンで捕れるお魚を煮詰めた酸味のあるスープが出てきました。スパゲティは日本のものよりも甘くてたくさん砂糖が使われているなという印象を受けました。

お料理は友達のお母さんが作ってくれました。

お手伝いさんもいて、掃除、洗濯、炊事をしてくれるんですけど、その人たちがいない時は友達のお母さんやおばさんが家事をやっているみたいです。

――お手伝いさんがいる家庭はやはり裕福だという事なんですか?

恐らくそうだと思います。フィリピンは治安が悪いので外出する時もボディガードを付けないといけないみたいで雇っている場合も多いみたいです。私の時は親戚のおじさんがボディガードをしてくれました。

フィリピンには安いものがいっぱい-Tシャツ1枚50円?!ショッピングモールでは一枚羽織る物を!

――フィリピンではどのような場所にお出かけしたのですか?

現地で何でも揃うといわれている日本で言う所のイオンみたいな大型のショッピングモールに行きました。

そこは本当に色々なお店が入っていまして、食事をしたり、日本のアウトレットモールのように安い値段で物が買えたりしました。

また他のショッピングセンターと違って日本のユニクロが入っていたり、とにかくたくさんのお店がありました。後は遊園地やカジノにも行きました。

カジノでも賭けてみました。ディーラーのお姉さんに「プリーズ」とか言ったりすると最初だけ勝たせてくれたりしますけど、最初だけでそう上手くはいきませんでした。

他にも有名ブランド品によく似た品物が売ってある市場にも行きました。そこは1日では回りきれないくらい広かったです。

観光客はそれほど多いという印象はありませんでした。地元の人が多かったと思います。

フィリピンでの買い物は日本と違い、品物がすごく安くてTシャツが50円で売ってありました。ただどこへ行っても厳重な警備が敷かれていて、車で入る時にもセンサーのようなもので不審物がないかどうか調べていました。

また店の入り口でもボディチェックやカバンの中身をチェックされました。セキュリティ面では日本よりもすごく厳しい印象を受けました。

滞在中は毎日とても暑くてすごく天気はよかったです。フィリピンは雨季と乾季があって10月は雨季の終わり頃に当たるのですが、私の滞在中あまり雨は降りませんでした。

――朝晩も涼しくならないのですか?

朝のすごく早い時間は少し涼しいんですけど、寒くなったりはしませんでした。外が暑い分ショッピングモールの中はすごく涼しくて出かける時は何か上に羽織るものを持っていった方がいいかなと思ったぐらいでした。

フィリピン旅行の現金は現地で換金するのがお得!治安が悪くてコンビニの警備員も銃を携帯する国

――先程ショッピングモールの警備が厳重だとお伺いしたのですが、やはりフィリピンの治安はよくないのですか?

治安はすごく悪いみたいで地元の人でさえ立ち入らない場所があるくらいです。

私は子供にお菓子を配ったりしたかったんですけど、1人に渡すと皆寄ってきて襲われる危険があるからダメと言われましたし、ひったくりや誘拐が多いのでアクセサリーやバッグなども出来るだけ身に付けないように言われました。

車に乗っていて信号で止まったりすると手を伸ばしてきて物乞いをしてくる人もいました。

最初は無視していたんですけどあまりにも必死だったので何回か渡した事があります。

車は常にドアの鍵をかけておかないと走行中でもドアを開けようとする人がいるそうで、実際に開けられた事があると現地の人から聞いた事がありました。

――事件を目撃した事はありますか?

滞在中は目撃しませんでしたが、コンビ二みたいな所へ行ったら、銃を持っている警備員が必ず入り口に立っていたりしてすごく物々しかったです。

万引きとかも多いらしくてお店によっては鉄格子で仕切られていてお金を払う場所だけ小さく開いている所もありました。

品物も鉄格子の後ろにおいてあって外から欲しいものを言って出してもらう方式になっていてお客が入れないようになっていました。

中の店員が襲われないようにと、後は品物が盗まれないようにする為ですね。

――先程Tシャツが安かったと言われていましたが、フィリピンの物価は安いんですか?

物価はすごく安いです。

私はネイルアートをしていたんですけど、フィリピンではネイルアートがまだ珍しかったみたいで「いくらかかったの」と聞かれました。それでかかった金額をフィリピンのお金に換算して話したら1年分の給料ぐらいの金額らしくて驚いていました。

このように品物に限らずすべてが安いです。

お小遣いは少なく持っていった方がいいと言われたので3万円ぐらいしか持っていきませんでしたが十分足りました。

空港で品物を買うために少し換金したのですが、現地で換金した方が日によってレートが変わりますし、レートがいい所を知っているから現地で替えた方が得だよと言われて殆どは現地で替えました。

治安の悪いフィリピン、装飾品や華美なメイクも避けるのが無難!かかった費用は、ほぼ飛行機代のみ

――フィリピンに行ったら気をつけないといけない事は何でしょうか?

アクセサリーや装飾品は外していった方がいいです。女性は念のために化粧も控えた方がいいと言われました。特に日本人はお金を持っている事が知られているので化粧も一切しない方がいいみたいです。

持ち物も首からかけられるようなものにしてひったくられないようにした方がいいです。

――現地の人と触れ合う機会はありましたか?

はい。友人の家に泊まりましたので向こうの家族と触れ合う機会もありました。その家の子供達が日本の事が大好きで色々日本の事を聞かれました。皆さん優しくてとても親切に接してくれました。

英語かフィリピン語しか通じなくて、友達に通訳をしてもらいました。

ただ、日本が好きな子が独学で日本語を勉強していて日本語で質問してきたんですけど、どうやら暴走族や忍者がいると本当に思っているみたいで、本当にいるのかと聞かれたりして面白かったです。

――フィリピン旅行で楽しかったことをイマイチだったことを教えてください

カジノは初めての経験だったので楽しかったです。後はさっきの日本が大好きな子供に漢字を教えて欲しいと言われたので漢字を教えたりして楽しかったです。

音読み、訓読みがあるのですごく難しいと言ってました。でも一所懸命覚えようとしていました。

逆に大変だったことは、行ける場所が制限された事ですね。「あっち行ってはダメ」とか「こっち行ってはダメ」とよく言われました。後はショッピングモールでの売込みがすごく激しくてよくつかまって困った事がありました。

売り込み時に話す言葉はフィリピン語が大半でたまには英語もありました。言葉自体は分からないんですけど、その意図は「これ買って」というもので何となく分かるんですけどとても怖かったです。

今回の旅行で使ったお金の総額は飛行機代なども含めると7~8万円ぐらいでした。友人のお世話になっていたこともありほとんどが飛行機代でした。

フィリピンでは日本人だとばれない様な格好を!ビックリ食習慣─羽化寸前の有精卵を食べる!

――日本への家族や友人へのお土産は何を買いましたか?

チョコレートなどのお菓子を買いました。

フィリピンの名物土産はよく分からないんですけど、現地の人はバロットという羽化寸前の有精卵を食べる習慣があるのを知ってびっくりしました。

――これからフィリピンに旅行をしたいという人へアドバイスをお願いします。

日本人という事が分からないようにした方がいいと思います。あまり派手な格好をすると狙われてしまうので止めた方がいいです。

化粧をしなければ日本人とフィリピン人の見分けがつかなくなる訳ではありませんが、出来るだけ地味な格好をしましょう。女性の場合はスカートを履かずにスゥエットやジーパンなどを履くように言われました。

そうですね。とにかく日本人としてばれないのが一番良くて、それがムリな場合でも派手な格好は慎んだ方がいいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

ブラジルが大好きでサンパウロに移住しました

ブラジルが好きすぎてとうとうサンパウロに移住してしまった日本人男性にインタビュー!陽気なアミーゴの国ブラジルの美味しい食...

H.I.S.の格安ツアーでロサンゼルス4泊5日の観光旅行

H.I.S.の新年格安ツアーで4泊5日39,800円でロサンゼルス旅行へ!人種のるつぼを体感できる大都市ロサンゼルス。デ...

マヨルカ島で10ヶ月暮らした女性がスペインの魅力をご紹介

美しいビーチを持つスペインのマヨルカ島でホストファミリーと住んでいた方にお話を聞きました。ドラック洞窟やカテドラル聖堂、...

バンコクからプーケットへ移動!40代夫婦でのんびりタイ旅行記

2回目のタイに行った主婦の方に思い出を語っていただいた旅行記です。バンコクやプーケットなどタイで楽しめる場所や食べ物にお...

フィリピンマニラの友人宅を訪ねて個人旅行しました

フィリピンの上流階級は使用人やボディーガードを雇うのが当たり前ってご存知でしたか?そんなフィリピンの友人宅に遊びに行った...

海外旅行カテゴリ 最新記事

ID1839

中古車会社「タックス」主催のミスコンの優勝賞品でグアム・サイパンへ

中古車会社のミスコンで1位になり、3泊4日のグアム旅行をゲットしました。サイパン巡りのオプショナルツアーを申し込み、チャモ…
ID1753

H.I.S.の格安ツアーでロサンゼルスへ旅行しました

ロサンゼルスは綺麗な街並みで治安も悪くありません。アウトレットもツアーに入っており、安い値段で買えました。ユニバーサル…
ID1752

「アラジンと魔法のランプ」のような世界観のモロッコへ卒業旅行

モロッコの街並みはエキゾチックな雰囲気がただよい、アラジンと魔法のランプのような世界でした。雑貨などはメクネスで安く買…
ID497

修学旅行でタイバンコクへ―涅槃寺が印象的でした

修学旅行で行ったタイのバンコクは独特の空気が流れており、世界遺産と住居が近い所が驚きでした。香草や辛い物が苦手な方には…
ke05

オーストリアのウィーンへの新婚旅行記

音楽好きの方の新婚旅行ならオーストリアのウィーンはいかがでしょう。ベートーベンやモーツァルト縁の音楽の都です。ヨーロッ…