みんなのインタビュー注目の記事

フィットネスクラブのトレーニング方法についてインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットを考えた時に、パッと思いつくのがフィットネスクラブではないでしょうか。今回は実際に現場でインストラクターを行っている方から、ダイエットにおススメのトレーニングや実際に効果が現れるのはどれ位からなのかと言ったリアルな声を聞いてきました。トレーニングを楽しむコツなど、ご紹介しています。

フィットネスクラブで一番多い目的

フィットネスクラブにはどのような理由で通うお客様が多いですか?

基本的に「痩せたい」が一番多い理由です。

なので、期間限定で夏までに痩せたいと入会される方が多いです。

それから、正月太りしたの方は、年明けから通い始められる方も多いですね。

そうやって通い始めるお客様で続けられる方は本当にごくわずかで、実際は2、3ヶ月がほぼ山場です。

でも、続けられる方は3ヶ月持ったらすっと続けられます。

2、3ヶ月が大体続けられるかどうかの境目になりますので、僕たちインストラクターはそこを超えるために、色々な仕組みを使ったり、通い続けていただく方法を考えています。

ずばり痩せられますか?

それが微妙なところで、何故かというと、フィットネスクラブのメリットは、好きな時間に行って好きなだけ運動して好きな時間に帰れるという事なのですが、それが逆にデメリットになってしまうからなんです。

好きな時間に行って好きなだけ運動する事が効果的な運動になるとは限らないですし、「私本当に痩せているのかな?全然変わってないわね」と思って辞めてしまう方が多いのが現実です。

実際、定期的にきちんと通われて、インストラクターさんに相談しながら運動しておられる方は効果をきちんと実感できますが、インストラクターさんと接触がなく、ただ行って運動して帰ってという方は正直痩せてないですね。

僕自身も恥ずかしがり屋なのでよく分かるのですが、インストラクターさんに声をかけにくいとか、話すきっかけがないとかで自分一人でやるのですが、何か物足りない。

これでいいのかなと思いながらやっているので、足が遠のいていきますし、それでは結果がでません。

ダイエットにお薦めのトレーニングは何がありますか?

痩せるというと、脂肪と燃焼するために走ったりする有酸素運動が大事と思いますよね。

もちろん走る事も大切ですが、実は合わせて筋トレする事がとても大切なんです。

実は、有酸素と無酸素運動のバランスがとても大事なんです。

僕たちの体は、まず基礎代謝が上がると痩せるのですが、その基礎代謝を上げるには体に筋肉をつける必要があります。

筋肉をつけてからであれば運動した時に脂肪が燃焼できますし、それが1番効果的なトレーニングの仕方です。

ただ走るだけでは何も変わらないです。

よくある岩盤浴やサウナに入って汗をかくというのも、水分が出るだけですし、水分が出た後に水分補給をするので、プラマイゼロになって全く痩せません。

健康面では汗を出すのは良いことですが、痩せるかどうかという点では筋肉をつけるのが1番大切になってきます。

お薦めの筋トレ

ではダイエットに向いている筋トレにはどういったものがありますか?

自分の中で1番脂肪が溜まっている所に筋肉をつけた方が良いです。

今まで脂肪がいっぱいあった所に筋肉がググッとできると、脂肪が押し出されるのですが、皮膚は伸びるのに時間がかかるので、元に戻そうとるすんです。

そうすると、そこで脂肪燃焼が起きて、脂肪がだんだんなくなってくるんです。

脂肪というのは、体の中の空いている所を埋めるために付いてくるので、ここの脂肪をなくして筋肉にしたいという所を重点的に筋トレすると良いです。

大体お腹に脂肪が付くことが多いので、腹筋など、そこを鍛えるトレーニングが1番良いと思います。

腹筋にもいろんな形がありますがどういう形がいいとかありますか?

普通の腹筋がいいのですが、腹筋って大変ですよね。

だからお勧めするのはスクワットです。

それから、腕立て伏せ待ちのポーズをずっとするというのも、体幹やインナーマッスルを鍛えられるのでお勧めです。

床に肘を付いて、1分でも2分でもいいので、自分のできる限界までじっとして鍛えると、お腹のコアな部分の筋肉が鍛えられていきます。

フィットネスクラブでダイエット効果を感じるまでには2~3ヶ月必要

フィットネスクラブでダイエットに本気で取り組むとしたらどれぐらい期間がかかりますか?

効果を感じるには、2、3ヶ月は必要ですね。

もし2、3ヶ月続けることができれば、必ず体に変化が起きると思います。

頻度は週2回、1回の時間は2、3時間ぐらいで通っていただくのがベストだと思います。

有酸素運動と無酸素運動のバランスが重要なので、まず最初に無酸素運動、つまり筋トレをします。

筋トレをして筋肉を少し熱くした状態で有酸素運動をするのが1番効果的です。

初めに体を温めたりする必要はないですか?

まず準備運動をしていただいて、その後無酸素運動の筋トレをしてから有酸素運動をして、最後にスタジオレッスンのようなみんなで楽しく運動するものをしていくと、すごく効果的だと思います。

女性だったらエアロビクスやヨガがいいと思います。

男性だったらボクササイズなどが一番脂肪燃焼が激しいのでいいと思います。

エアロビをやる人は、専門の資格を持っているのですか?

スタジオのレッスンをやる方は、フィットネスクラブのインストラクターとは別に外部の専門のインストラクターを呼んでいる所が多いですし、その方たちは資格を持っています。

食事や生活習慣のアドバイスも

トレーナーに相談したら日々の食事や生活習慣などのアドバイスもしてもらえるんですか?

アドバイスはしています。

だから、フィットネスクラブに自分で行って何となく運動して帰るのではなく、できればインストラクターさんに声をかけて相談するということがすごく大事になります。

相談したら絶対に答えてくれますので、ぜひ声をかけてください。

ダイエット以外のトレーニングもいろいろあると思いますが、筋肉を綺麗につけたいという方にはどんなトレーニングがお薦めですか?

無酸素運動をや、その後にプロテインを飲むということです。

まず運動してから30分以内にプロテインを飲む習慣を付けます。

あとはどこに筋肉を付けたいかによって、きちんとした運動のポジションを決めることが大切です。

運動の負荷も重要になってきます。

重すぎて、2、3回しかできなかったでは全然意味がないですし、例えば20回ぐらいギリギリできる重さで、3セットぐらいするのが効果的です。

それから、マシンでは胸を鍛えるんだったらチェストプレスというのがありますけど、おろそかにしがちなのが背筋なんです。

ラットプルダウンという、背中の後ろの方に手を回して、上から引っ張って下に下ろす機械があるんですけど、その機械を使うと後ろの筋肉を鍛えられます。

例えば腰を痛める方というのは、腹筋や背筋が弱い方なんです。

だから腹筋背筋を両方鍛えていくのがすごく大事になります。

腹筋はお腹に脂肪がたまるので、結構意識しやすいです。

でも背筋ってあまりみんな意識しないのでやらないんですが、実は背筋を鍛えることも大切なんです。

日々の運動不足の解消程度で通うのであればどういうトレーニングがお薦めですか?

今はどこのフィットネスクラブでも同じだと思いますが、テレビが付いていたりとか雑誌が置いてあったりするので、雑誌を持ちながら万遍なくいろんな機械を使ってもらったらいいと思います。

そうすると体の使ってないところを全体的に使うことができるし、同じ作業を繰り返すよりも違ったことをやっていくと飽きないので、それを続けて行っていくことがいいと思います。

ストレス解消にお薦めのトレーニングは?

思い切り声を出すとか、みんなで激しい運動をするとかがいいので、スタジオレッスンがお薦めです。

エイッとかヤーとかワン、ツーとか声を出てみんなで一緒にやるとか、達成感を味わえるものが一番ストレス解消になるので、黙々と1人でやるよりもスタジオレッスンのスケジュールを見ていただきたいです。

自分が楽しめるレッスンにピンポイントで通うのが一番ストレス解消になると思います。

フィットネスクラブ初心者に大事なのはまず自分が楽しむこと

初心者は何から始めればいいですか?

続ける為にも、まず自分が楽しむことが1番大事になります。

そのためには自分が着て楽しくなるようなウェアをまず揃えることです。

例えば家にある普通のTシャツとジャージでいつもと変わらない恰好をしていると、あまりワクワクしないですよね。

まずフィットネスクラブ行くと決めた時に、自分自身がカッコいいなと思えるような恰好をしながら行くとか、少し気持ちが変わるような変化を付けながら始めるのが一番いいです。

その次に続けられるポイントは、インストラクターと仲良くなって、自分がどうなりたくてここに通い始めたのかというのをちゃんと伝えると、丁寧に教えてくれます。

それが続けられるポイントですし、1番最初にやっておく重要なことだと思います。

マンツーマンでのトレーニングもありますが、それは別途お金がかかりますし、そこまでしなくても普通の会話でどうしたら良いのかを尋ねれば答えてくれますし、その程度で良いと思います。

マンツーマンを付けた時のメリットを教えてください

マンツーマンであればより良く濃密に指導してもらえますし、プログラムの内容を全部組んでくれたり食事の事とかも詳しく教えてくれます。

インストラクターも、結果によって指導の仕方を変えてくれると思います。

それから、どのインストラクターも全般的な知識を持っていますので、選び方で1番大事にしてもらいたいのは自分とのフィーリングが合うかどうかです。

自分が悩んでいることを打ち明けられるようなインストラクターかどうかは重要ですし、それを打ち明けられないと効果的なプログラムは作れないです。

自分が話しやすくて悩みも相談できる人を選んだ方がいいですし、合わなければ変更はいつでも可能です。

会って次の日にいきなり変更しても大丈夫です。

エアロビクスとかをフィットネスクラブに通うことで初めて知る方も多いと思いますが、そういう時の注意点はありますか?

スタジオレッスンは、1番最初が入りにくいと思います。

特にエアロビクスは女性が多いので、男性にとってはとても入りにくいです。

でも最初の1歩だけ勇気を出して踏み出してもらえば、あとは楽しんでもらうだけですし、それ以外は特に注意点はないです。

器具を使ったトレーニングでの注意点は?

器具に関しては必ず最初にインストラクターが指導してくれますので、使い方に関しては不安になることは全然ないと思います。

でも慣れてきたころが一番こわいですし、使い方に慣れてくるとちょっと油断して大きな怪我になってしまったりするので、そこだけ注意しないといけません。

プールの付いている所も多いと思うのですが、スイミングとかを習う時の注意点は?

水中では浮力があるので膝に負担がかかりませんし、お年寄りや膝に悩みを抱えている方のウオーキングとかにはすごく良いです。

プールのデメリットは、体が冷えるので脂肪燃焼が思ったほどできませんし、やりすぎないという事がすごく大事です。

水中では普通にジョギングしているよりは体が楽ですし、運動効果はありますが、いくら足の届く所でも溺れる方はいます。

常にインストラクターは注意して見ていますが、突然疲れが出てフッと意識を失ってしまわれる方もいますので、無理せずに休憩しながらやるのがとても大切です。

フィットネスクラブが続く人の共通点は何かありますか?

仲間がいるということですね。

同じ時間や同じ志を持っている会員さんとかと仲良くなっている方が一番続きます。

そこが自分の居場所だったり、職場や家族に次ぐコミュニティとしてフィットネスクラブが確立すると続けられる環境になりますね。

例えばうちの母の場合は、フィットネスクラブにお弁当やおやつを持って通い、終わった後に井戸端懐疑的に話をしたりする時間を作っていますよ。

妊婦さんでもトレーニングはできますか?

できますが、妊婦さんは運動の仕方がすごく大事なので、1人でやらずに必ずインストラクターに聞いて指導を受けた方がいいです。

子供が通うとしたら何歳ぐらいから行けますか?

子供が通えるフィットネスクラブは限られています。

子供が通えるキッズフィットネスクラブというところは4歳5歳ぐらいから行けますけど、社会人をメインとしている所は、大人しか通えないです。

フィットネスクラブに入れない人はいますか?

銭湯と同じで、入れ墨とかのある方とか、他のお客様に迷惑をかける方などです。

例えば皆さん汗をかかれるので、機械が汗だらけになると使えないですよね。

機会を拭くタオルがそばに必ずありますが、拭いて後に使う人のことを考えられない人だと注意を受けたりして、使えなくなってしまう可能性はあります。

選ぶならインストラクターのいるフィットネスクラブを

トラブルなどはあったりしますか?

お客さん同士のトラブルで多いのは順番のことですね。

混みあうレッスンとか、朝一のレッスンとかだと、入る前に並んでいたりします。

フィットネスクラブがテナントのビルの上の方の階にある時は、エレベーターで待ってたりしますし、順番で入れなかったりするので、整理券を獲得するのにトラブルになったりとかはします。

これからフィットネスクラブに通おうと思っている方へのアドバイスをお願いします

フィットネスクラブは料金や、施設の綺麗さなどで選んでしまいがちです。

でも、見学に行った時に「こんな施設です、綺麗でしょう」というインストラクターよりも、「どうされたいんですか?」ということを聞いてくれて、うちだとこういう形でそれが実現できますよというような、自分の悩みを解消できる提案をしてくれるようなフィットネスクラブを選んだ方がいいと思います。

多くの人は金額で選んでしまったり、施設の綺麗さで選んでしまったりする部分があります。

もちろん台数があったり種類があることはすごくいいことなんですが、数が少なくても効果的な運動はできますので、そういうインストラクターのいるフィットネスクラブを選ぶことをお薦めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

合気道暦12年の男性に聞いた初心者向けアドバイス

12年以上に渡って合気道を続けてきている男性に合気道の魅力、これから合気道を始めようと思っている方は何を準備すれば良いの...

フィットネスクラブのトレーニング方法についてインタビュー

ダイエットを考えた時に、パッと思いつくのがフィットネスクラブではないでしょうか。今回は実際に現場でインストラクターを行っ...

殺陣と居合いを習い礼儀作法を叩き込まれました

時代劇などでよく見る武器や素手で戦う演技を殺陣といいます。生徒さんは演劇をしている若手の方が多く、教室では木刀の素振りや...

30代でトライアスロンにチャレンジした主婦の体験談

泳いで、走って、漕いで・・・ハードなスポーツの印象のあるトライアスロンになんと30代でチャレンジした方がいる!しかも主婦...

スキューバダイビングを体験!初心者が気を付ける事を聞きました

スキューバダイビングは体験だけなら水着さえあれば、あとは全部用意してもらえます。もっと楽しみたくなったらライセンスを取得...

スポーツカテゴリ 最新記事

ID907

殺陣と居合いを習い礼儀作法を叩き込まれました

時代劇などでよく見る武器や素手で戦う演技を殺陣といいます。生徒さんは演劇をしている若手の方が多く、教室では木刀の素振り…
ID1084

国内・海外のおすすめダイビングスポットは

夏になると海に潜ってお魚たちと戯れたい気分になりますよね。そこで今回は、ダイビング歴10年の方にダイビングについて詳しい…
ID825

ダイエットにもおすすめのスポーツ?!ボルダリング

ボルダリングというスポーツはご存知でしょうか。マイナーなイメージが強いですが写真を見れば、わかる方も多いのではないでし…
ID936

沖縄の石垣島と西表島へキャンプに行きました

大自然の中で色々な体験もできる観光地と言えば、沖縄県が挙げられるのではないでしょうか。そこで今回は、沖縄県にキャンプへ…
ID780

スキューバダイビングを体験!初心者が気を付ける事を聞きました

スキューバダイビングは体験だけなら水着さえあれば、あとは全部用意してもらえます。もっと楽しみたくなったらライセンスを取…