みんなのインタビュー注目の記事

2013年ブラジルの治安と物価、日系社会の状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年にはサッカーブラジルW杯も開催されることで注目されるブラジルという国はどうなのか?楽しく海外旅行へ行ったり、ワールドカップで日本代表を応援に行けるよう治安が悪い地域に行くのは避けるためのリアルな危険情報をブラジル在住の日本人の方へお聞きしました。


日本文化も斬新に?ブラジルは世界最大の日系社会

ブラジルの日系社会について教えてください。

人数でいえば150万から170万人ぐらいいると言われています。元々は105年前に日本人が移民して出来上がった社会で、今5世から6世の世代になっています。

サンパウロが中心で、世界で最大の日系社会がブラジルにはあると言われています。その中で日本文化、日本食や日本語の新聞なんかもあります。

日系社会=日本文化とは単純に言えなくて、日本文化が少しブラジルナイズされてこちらに残っています。

例えば華道なんかは結構ブラジルナイズされてきている日本文化と言われています。

伝統的な手法もあるみたいですけど、ブラジル人の生徒さんが花を活けると斬新になったり、そういったちょっとブラジルナイズされた日本文化というものが日系社会には残っています。

日系社会ってすごくいろんなものがありますが、日系社会=日本ではなくて、1世と2世、2世と3世でも随分日本文化への考え方も違います。

日系2世まではほぼ完ぺきに日本語を話せると思っていいと思います。ある意味2世というのはほとんど日本人で、考え方も日本人に近くて、恥とか遠慮するという概念もブラジル人より強く持っています。

例えばこの間、ある2世と話していたんですけど、その2世は自分が小学生の頃、恥ずかしさとか遠慮があって、算数の問題で答えが分かっていても手を挙げられなかったというんです。それが2世なんです。3世にはなくて、より1世に近い考え方です。

3世といったらもうお婆ちゃんの孫が3世で、自分とはあまり関わりがないものという考え方をしているんじゃないでしょうか。

3世以降になると自分から勉強したり特殊な環境に置かれた人じゃないと、日本語はまず話せないと思っていいです。

祖父母と一緒に暮らしていたり、日系の学校で日々日本語を学んでいたり、柔道とか野球とか日本文化を習っている人、あとはアニメから入ってくる人もいますけど、そういった特殊な環境にいない人は、ほぼ話せないです。

そういうのもすべて合わせて、日系社会と言われています。

日系2世3世…それぞれの世代が抱える問題

1世とか2世とかで性格的な違いは大きいんですか。

2世は1世の親や自分との戦いというか葛藤がすごくあると思います。親のようにはなりたくないと考える人もいて、日本文化や日本的なものにあえて近寄らない2世もすごく多いです。

でも日本語はペラペラなんですよ。そういう人はまだ結構多くて、こちらの会社でも偉い職に就いているけど日本語は全く話せない職業をする人もいます。

逆に、第二次世界大戦でブラジルはアメリカ側に付いたので、日本人は排斥されていたんです。

そういった影響もあって、日本が必ず勝つと信じ込まれて育ってきた2世もいて、そういう人たちは今の日本人以上に日本人らしいですね。

そういう人たちと話す時はこちらも言葉遣いとか本当に気を付けないと、私達よりも正しい日本語を知っていますし、私達より漢字も知っているという2世もいます。

日本人の開拓者の墓があるんですが、そのお墓をずっと守り続けているのがライフワークになっている2世もいます。

1世と2世の違いはやはり、1世は自分たちがブラジルで成功したいという自分たちの意志で来ているので、イケイケで前しか向いていなかったと思うんですけど、2世はブラジル生まれですので、そこからまず違いますよね。

1世の人生の目的と2世のとはまた違うので、かといって2世というのは親の影響がすごく強い時代だったと思うので、今より50年ぐらい前だとあまり自由がなかったんじゃないでしょうか。

今ほど選択肢もないでしょうし、1世はポルトガル語も中途半端だっただろうし、かといって日本人でもないし、すごくアイデンティティに悩んだと思います。

リーマンショック以前、大体30万人ぐらいが日本に住んでいると言われていたんですが、それが今5年経って大体15万人から20万人と言われているので、10万人はブラジルに帰ってきたということになります。

1990年に法律の改正があって、そこから出稼ぎが増えていたんですが、その数も今では減り続ける一方で、日本に永住かブラジルに帰ってくるかの選択肢しかありません。新たに日本に出稼ぎに行く人はほとんどいないと思います。

今一番の問題は、出稼ぎに日本に行った世代の子供に影響が出ているということです。

20歳を過ぎた子がどんどん出てきているので、日本とブラジルの二重国籍だけど中身は日本人、親が3世ぐらいだと日本語を話せないので親子で会話が通じないということもあって、コミュニケーションの問題とかも結構出ています。

あとは親の都合でブラジルに帰らないといけない時は子供も一緒に帰ってくるわけで、思春期でブラジルに帰ってくると言葉も分からず友達もいなくて、結構大変な子は多いです。それを支援する団体も増えています。

日本人への評価が高いブラジル

日系社会には、本当にいろんな文化が残っています。

剣道や柔道、野球、空手、日本舞踊、華道、書道、相撲など、ほとんどあると思うんですけど、こちらに広がって残されているものは、やはりブラジル人にうまいことバトンタッチしたものしか残っていないんじゃないかと思います。

日本武道を例に取れば、私はやったことがないので分からないですけど、日本式に厳しくやればやるほどブラジル人は付いてこられないと思うんです。

そんなことをしていると文化の継承というのは難しいと思うので、そこをうまく調節したり妥協したり変化させたりして、文化というものは残ってきたんじゃないかなと思います。

ブラジルには47都道府県すべての県人会というのがあって、そこで文化の継承や、地方から大学に入るために出てくる学生さんたちに泊まるところを提供しているんですけど、その県人会の活動も年々元気がなくなってきています。

どうしても沖縄県とか鹿児島県、福岡県など移民が多い県はまだまだ元気ですけど、私みたいに埼玉や東京のような移民が少ない県はどうしても元気がなくなってきて、半ば開店休業状態の県人会も結構多いです。

ただ日本人というのは、ブラジル国内で大前提として尊敬されている民族ではあります。

日本人というのは勤勉で嘘をつかず、間違いのない民族というイメージが海外反応で強いのですが、それはまだまだ健在で、それは私たちも恩恵にあずかっているところです。

日本食も、焼きそば、お寿司、刺身などすごく有名で、ブラジルは元々肉を食べる国だったんですけど、野菜の文化を持ち込んだのは日本人なので、そこは未だにかなり評価されているところです。

それまで野菜を食べる文化がほとんどなくて、種類は少なかったんです。例えば胡瓜は2種類あって、スーパーで普通の胡瓜と日本の胡瓜という書き方もされているものもあります。

果物も日本人が梨とか富有柿、富士りんご、ポンカンなどを持ち込んだというのもありますし、食の面ではそういうものが多いです。

交通機関の値上げから暴動へ

今、ブラジルの治安はどうですか。

バスと地下鉄の値上げが今年(2013年)の6月にありまして、それに抗議をする一連の事件があったんです。

通貨がレアルというんですけど、1レアルが大体40円で、3レアルだったのが、3.2レアル、つまり8円の値上げですね。

8円ぐらいの値上げに大抗議したストライキが6月に起きてから、未だにブラジル各地で破壊行為や道路封鎖、火炎瓶を投げたりといったことが毎週末に続いています。

8円の値上げで火炎瓶が飛んでくるその理由としては、今度サッカーW杯が2014年、2016年にブラジルのリオデジャネイロでオリンピックがありますけど、そんなことやっている場合かというんです。

もっと公共のサービスを良くしたり腐敗した政治を良くしろという日頃溜まっていた鬱憤が、ここへきて住民達の不満が一気にはじけたという感じで、本当に6月7月は毎週金曜日になるとニュースで流れるんです。

「今日はどこどこで始まったので注意するように」というニュースが毎週末に流れて、夕方3時か4時ぐらいには社員を帰す会社がすごく多かったです。

そういうことは目抜き通りで起きますね。東京だったら大手町で起きるような感じです。あと空港への道を封鎖して迷惑をかけるというのが多かったです。幹線道路が本当に多かったです。

東京で言えば大手町の大通りでデモ行進したり、新宿から延びる甲州街道を封鎖したり、羽田空港や成田への道を封鎖して迷惑をかけたりというような感じで、本当に迷惑がかかります。

最近は犯罪をする年齢層がどんどん下がってきていて、学生など10代の犯罪者による事件発生率が増えています。同時に10代の被害者も増加しています。

こちらではマンションの犯罪予防にはガードマンがいるんです。そこのガードマンが住人の許可を取って初めて入ることができるんです。

基本的にちょっといい暮らしのマンションというのは、知らない人は入れない仕組みになっているんです。

例えば私の友達が私に会いたいと言ったら、守衛さんが私のところにインターホンで電話してくるんです。私がいいよと言って初めてマンションの中に入れるんです。

けど、その守衛さんも買収されたり、拳銃で脅されたりします。そこで入れてしまった時点でノーガードなので、かなり危ない状況ではあります。

入ることができたらマンションまるごと一網打尽で金品の強奪とかができてしまい、本当に被害が大きくなります。そういったことを、10代の人たちがやっているんです。

一瞬ですね。1時間30分ぐらいで何人かで次々と開けていってという感じです。

場所に合わない高い服装や持ち物は禁物

犯罪に遭いやすい服装などはありますか。

その場所に不似合いな服装ですね。

あまり裕福じゃない貧困層が多い場所で、スーツ姿でいい靴を履いたり、いいスニーカーを履いてGショックみたいなちょっと高い時計をしていると、規模の大小はあるかもしれませんが、強盗事件に発展することもあるので注意が必要です。

最近ではiPhoneを操作しながら歩いたり、イヤホンで音楽を聴きながら歩いている人は、本当によく狙われています。携帯電話も、かけながら歩いている人は携帯をひったくられたりしています。

最近もう携帯を盗んでもあまり価値がないとは思うんですけど、それでもiPhoneとかは結構まだ人気があって被害があります。iPhoneとかは公共の目に触れないところで触った方がいいです。

ちゃんとした道だったらいいですけど、治安の悪そうな地域でかけているとやられます。あとは、みんながみんなじゃないんですけど、ちょっといい時計をしてボーッと歩いている人とか要注意ですね。

犯罪者も強そうな人は狙わないですから、弱そうでボーッとしている人を狙いますから、渡航経験が少なくて安全対策がイマイチな観光客は危ないです。

こっちの人も裕福になってきていますので、携帯電話は別に珍しくないですし、そこまで昔ほどは強盗というのはなくなって、減ってきていると思います。

たださっき言ったような若者のひどいやり方は増えています。

いい時計をしていると手首ごと持って行かれると、私も聞いたことがあります。ナイフで腕ごとスパッとやられたり、あると思います。

よくやられるのがネックレスです。ネックレスを首から強引に引っ張って取る人は未だによくいます。それはよく見ます。

危険な場所や時間を避け常に緊張感を

危ない地域というのはどういう場所ですか。

橋の上が意外と危なくて、友達もよく被害に遭っています。橋の端っこによく子供が隠れていて、そこからよく出てくるんです。

橋というのは意外とどこにも逃げる場所がないので、かなり気を付けます。夜は前から来る人も、お互い怖いみたいで、お互い警戒しているんだなというのがよく分かります。橋を渡る時は緊張します。

あとは街灯がなくて店もなくて、誰も歩いていないようなところは危ないです。

それから道路の高架下で、ゴミが溜まっていたり、誰も歩いていないところは本当に危ないです。高架下はなるべく歩かないようにしています。叫んでも聞こえないし、あまり人が歩かないので危ないです。

空港、市場、バスターミナルというのも多いです。日本人の出張者はよく空港で鞄を取られていたりします。1人が話しかけてるうちに、もう1人の人が鞄ごと持って行っちゃうんです。

ブラジルに海外出張や海外旅行で到着したばかりの人は何となくボーッとしているでしょうし、眠気もあって集中力も下がっているので、そこをやはりやられる人が多いです。

被害に遭う人は何回も遭っているみたいです。遭わない人は逆に1回も遭いません。狙われにくい人は、緊張感のある人、気を付けている人だと思います。

あと私はよくやるんですけど、危ないと思ったら腕時計を外してポケットに入れたり、財布は持たないとかですね。お札はそのままポケットに入れて持ち歩くとか、そういうちょっとしたことを考えている人は、雰囲気に出ているんじゃないですかね。

鞄は持っていても大丈夫です。あまり関係ないです。鞄を持っていても遭わない人は遭わないし、遭う人は遭います。

どこに住んでも危ない時間に危ない場所に行けば被害に遭うのは当たり前の話で、それさえ避ければほとんど被害には遭わないとは思います。ただブラジルは拳銃を持つ人が多いので、突然被害に遭うというのがあります。

この間も友達が、市営バスの一番後ろに座っていたら隣にブラジル人が座ってきて、鞄の中を開けて「ほら見てみろ」と言ったら拳銃が入っていて、わざわざ弾が入っているところを見せられて、全部根こそぎやられた日本人がいます。

あとは街で車に乗っているとオートバイでやってきて、窓を開けろと言われて銃を見せられて、それで被害に遭う人も結構いますし、気を付けても突然というのはあるので、気は抜けないです。

ブラジルに住んでいると常に気は張っています。銀行から出てくる時は未だに怖いです。あとから付けてくる人がいると思っていた方がいいぐらいで、本当に気が休まらないと思います。

ブラジルの物価は日本より高い?

ブラジルの食べ物などの物価はどうですか。

日本円で言いますとコカコーラの300mlぐらいの瓶が100円ぐらいです。コーラの350mlの缶が120円、日本と一緒です。

定食でいうと御飯と豆の煮込みと、肉を焼いたものとか魚のフライなどの日替わりメニューが多いですけど、そういった定食で大体500円から600円ぐらいです。

あと100gいくらとか1kgいくらというように重さで決めるレストランがあるんです。皿に食べ物を盛って、会計の時に重さを計るというやり方のレストランが流行っていて、それが120円ぐらいですね。いっぱい食べると700円ぐらいになります。

またビッグマックのセットが800円ぐらいです。それと今、牛丼のチェーン店がこっちに来ているんですが、牛丼の並が1杯350円ぐらいですね。

日本とそんなに変わらない感じですが、給料のレベルからしたらすごく高いです。ブラジルの月々の給料は平均で10万円ぐらいですからね。

そう考えるとかなり食べ物が高いですね。みんなヒイヒイ言って、弁当を持ってくる人も結構います。

家賃は、平均的な2部屋+応接間+トイレ・シャワー・台所が付いて7万円ぐらいですね。これは中の上ぐらい、平均よりちょっと上ぐらいですね。

7万5千円ぐらい出せば、まあまあの所に住めます。守衛さんがいてちゃんとしたマンションです。

本当に安いところは2~3万というところもあります。ただサンパウロの家賃はここ10年ぐらい、毎年のように上がっています。本当にひどい上がり具合で、下がった試しがないです。

最低賃金というのは法律では毎年1回上がるんですけど、家賃はそれ以上の上がり方です。

賃金が安いところだと治安も悪くなるんです。比例しますね。ブラジルはお金のかからない、道端で暮らす人が集まる場所があるんです。

そういった地区があって、人々が勝手に住みついているんです。そこに住めばただなので、勝手に電気を電柱から引いたりして住んでいる人もかなり多いです。

女性の一人暮らしだと、やはり7万以上出して住んだ方がいいんですね。

あとはルームシェアする人は結構います。やっていけないので、サンパウロの中心に住みたい人はルームシェア、地方から来る人は地方に住み続けて朝1時間から2時間かけて電車とバスを乗り継いで来るという人が多いです。

ブラジルというのは日本と違って、交通費がすごく安いんです。初乗りだろうがどこまで行こうが一緒なんです。例えば新宿から新大久保に行く値段と、新宿から川越に行く値段が一緒なんです。

ですから地方の安い家賃で住んで、サンパウロで仕事をするというのも可能です。それで随分助かっている人はいると思います。

それで値上げになったら暴動が起こるということですね。その他のブラジルの物価はどうですか。

衣服は日本の1.5倍ぐらいです。ものすごく高いです。ブラジル製のポロシャツが、まあまあの中のレベルで2500円ぐらいはします。ジーパンも、安くても4000円ぐらいはします。

外資系のリーバイスとかZARAなんかも日本の1.5倍ぐらいします。

ですから皆さん結構、道端とか市場で買ったりします。日本で言えば商店街みたいなところで、アメ横みたいな感じのお店がブラジルは各地にあって本当に安くしているので、わざわざちゃんとしたお店で買う人は少ないと思います。

あと例えばお皿とかコップとか鍋、電気製品などの日用品も高いです。ブラジルは陶器のお皿というのが少なくて、陶器の皿は中くらいのものでも1枚500円ぐらいします。ガラスの物やプラスチックのようなものが多いです。

日本で言う百均みたいなところはあるんですけど、モノがすごく悪いです。

皿、コップ、日用品、鍋、すべてが高くて、中くらいの鍋が3000円ぐらいしたりするので、買う時はみんな慎重になって、1回買うと結構大事に使いますね。気軽に買い替えたりすることはあまりしないです。

物価はとにかく高いです。ただブラジルは本当に分かりやすくて、完成品で作られているものは高くて、原料は安いんです。

原料というのは、食べ物ですと、市場とかで買うと本当に安く買えるので、毎食自炊する人はそれで何とか暮らしていけます。

本当に自炊と外食の差が大きくて、外食は日本より高いくらいです。日本ではワンコインで食べられますけど、こっちではワンコイン以上かかります。

ただこっちの人というのは、全部使っちゃって、貯めることをあまりしないので、だから暮らせるのかなと思います。

みんなでお互いに協力しあってやる民族なので、バールとかで飲んでいても、こっちがお金持っているのにブラジル人からビールをおごってもらったりすることがよくあります。

そういう文化なのかなと思います。なんとかみなさん工夫しながら生活しているなというのは実感します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

ランサーズを使って在宅ワークで月30万稼ぐシングルマザー

最初は軽い副業感覚ではじめた在宅でのフリーライター業。ランサーズを使うことでその収益はどんどんアップしてシングルマザーで...

アフィリエイトで月500万円がゼロになった男性へインタビュー

アフィリエイトって、何もしなくても稼げるものと思っていませんか?それは大きな間違いで、きちんとした、ノウハウがなければ稼...

雑誌記者カメラマンになるための道のり

38歳の現役女性カメラマンへインタビューさせていただきました。カメラマンになるためにはどうすればよいのか?プロが使ってい...

手帳を使って16年!手帳の使い方と選び方のアドバイス

インターネットが普及した現代。とはいえ自分のスケジュール管理に手帳を使う人も多いはず。せっかく使うのならば、自分に合った...

自己破産をした元会社経営者へインタビュー

会社を経営していた時、ヤクザがらみのトラブルで1000万円の借金を背負わされました。会社を閉める際に個人としても自己破産...

ビジネスカテゴリ 最新記事

ナンバーワン

人気アルバイト求人サイト5社を調査して頂いた方へインタビュー

バイトル、タウンワーク、ジョブセンス、マイナビバイト、フロムエーの5つの有名アルバイト求人サイトを調査して頂いた方へイン…
goto108

転職エージェントを使った転職活動のコツをキャリアコンサルタントへインタビュー

某大手人材紹介会社で転職支援サービスでお仕事されている方へ転職エージェントの基礎知識から上手な活用法。さらには転職成功…
ID2153

自己破産をした元会社経営者へインタビュー

会社を経営していた時、ヤクザがらみのトラブルで1000万円の借金を背負わされました。会社を閉める際に個人としても自己破産す…
ID1865

思ったよりもきつかった?テレアポの高給アルバイト体験談

一般のご家庭にとにかく電話をかけるテレアポはすぐ電話を切られますし、時には怒鳴られることもあります。時給は良かったので…
ID2496

お客様の喜ぶ顔がうれしい!ネイルケア専門サロンで働いていました

爪のケアやマッサージをするネイルケア専門店のお仕事は研修料がかかりましたが、役立つ知識が身に付きます。コミュニケーショ…