みんなのインタビュー注目の記事

自己破産をした元会社経営者へインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社を経営していた時、ヤクザがらみのトラブルで1000万円の借金を背負わされました。会社を閉める際に個人としても自己破産することになり、弁護士さんに相談しました。自己破産後も普通に生活することはできますが、同じ轍は踏まないようにしましょう。

ヤクザがらみで連帯保証人に。自己破産しました

自己破産することになった経緯を教えてください。

借金がかさんで自分では支払えないというギブアップの状態が、自己破産です。

私は昔、会社の経営をしていましたが、会社がいろいろなトラブルに巻き込まれたんです。ヤクザがらみでした。

そのとき、2,000万円の借入を強要されていました。無理な額だったので、1,000万円を借りることになりました。

返済は相手側がすると、念書を書いてもらっていました。それが高飛びされてしまって、連帯保証人になっていた私個人が払い続けることになりました。

そんなバカらしいことあるかと、会社をたたもうと思いました。

会社をたたむ上では法律上いろいろあるので、弁護士さんに相談しました。会社をしめる手続きにも何十万円か、かかります。

現金があるうちに弁護士さんに自己破産のための費用を払って、会社をしめることにしました。

手続きでは、残っている買掛や、支払があるところとの連絡調整などもありました。

会社をしめるにあたっては、会社で借りたお金について私個人が連帯保証人になっていたので、私も自己破産しなければいけないということでした。

会社をたたむ、イコール、私も自己破産となれば、免責になって何も支払う必要がないことになるので、そうするという話からスタートしました。

自己破産以外には、方法はなかったですね。

裁判所へ破産申し立て。1円単位でお金の流れを検証

自己破産の手続きは、具体的にどのようなものですか?

弁護士さんに、過去3年分に遡って、お金の流れを検証してもらう必要がありました。

会社のお金を私的な飲み食いなどに流用して破産したのではないかとか、個人の遊興費で、ギャンブルをしたのではないかとか、そういう事を調べます。

一通り目を通して、ざっと見て何もないという段階になったら、弁護士さんが裁判所に破産申し立てをします。

受理されると返事が返ってきて、それからが長いです。

金の出し入れを1円単位まで全て、銀行口座から何から符合させていく作業が、弁護士さん側で始まります。

都度、メールや電話、実際に会って話をしてやりとりする作業を、半年近くやりました。

それから、弁護士さんの名前で、うちに対して売掛が残っている会社や銀行などに、この度自己破産の申請をすることになりましたと、通知をしました。

会社の名前で付き合いがあったところには、会社をしめることになりましたということと、意義申し立てがないかとか、いくらお宅に売掛が残っているという確認の書面を弁護士から出しました。

それに返事が返ってきたり、返って来なかったりするんですが、私の場合はどこからも結局返ってくることはありませんでした。

皆、10万20万円取ってもしょうがないと思っているのか、銀行は不良債権に回せばいいからか、そういった内容で弁護士さんから報告を受けました。

裁判所へ陳述書を提出

そのあと、破産に至った経緯を陳述書にして、裁判所に出す必要がありました。

こういうことから始まって、これぐらいの時期にこういうことがあって、最終的にこれが引き金になって、こういう事態が起こりましたという内容です。

弁護士さんが書くんですが、その話の摺合せだとかヒアリングの時間に、また半年かかりました。

個人だけの自己破産だったら、もっと早いんです。3~4カ月で終わるんですが、個人と会社の両方をするとなると、ほぼ倍の時間を要することになったんですね。

その弁護士さんは元々裁判所の判事の方で、白か黒かを判定する人が弁護士さんになったので、ちょっとした疑問も気になる人でした。

ここの日付が違うとか、これは何ですかとか、ヒアリングの量が多かったです。

個人のアルバイトに振込をした記録があったら、その人は本当に実在するか役所で調べたり、架空口座に振り込んでないかとか、それも全部弁護士さん側でやってもらいました。

自己破産の申請、破産管財人のチェック

最終的に、これで整いましたということで、一応申し立ての準備が終わって、次に自己破産の申請をしました。

それから何日か経つと、破産管財人という、全く公平な目で私達のことを全く知らない弁護士さんが第三者として付いて、全部チェックすることになりました。

ここはどうかという摺合せを弁護士さん同士でして、弁護士さんと私が癒着していないかということを、公平な立場でほかの弁護士さんが見るわけです。

その人に資料を渡してお願いしてからまた2カ月経って、債権者集会がありました。

裁判所で、判事が立ち合いのもとで開かれました。

よくテレビで、わーわー騒いで返せと言っているのがあるので、ああいうのをイメージしていました。

私の場合は、通知を出したときに返ってくるものがなかったこともあり、規模はそれほど大きくなかったです。

債権者集会ではテーブルが1つだけで、判事、私と私の弁護士、破産管財人の弁護士さんが待っていて、時間になっても他には誰も来ませんでした。

朝10時から始まりましたが、10時の段階で誰も来なかったので、これで全て債権は消滅したということで、破産認定となって終わりました。

それから破産決定という文書、会社もしめたことになる通知が送られてきて、そこで免責が下りて借財がないということになりました。

半年以上、延べ8カ月かかりましたが、肉体的というよりは精神的な疲労がありました。

費用について

弁護士費用はどのくらいかかりますか?

2件分だったので倍はかかるものだったのかもしれませんが、懇意にしていたので30万円でやってもらえました。

会社や借財の規模、債権者の数によって、通知を出したりする費用や事務員が動く経費もかかるので、費用は変わってきます。弁護士さんからの言い値ですね。

自己破産後はローンなどの制約あり

免責が下りるまでの8カ月の期間は、仕事をしてもいいのでしょうか?

自己破産するからと言っても、仕事はしても構わないということでした。収入を得ることはできます。

でも持っていた会社ではもう仕事はできないので、その仕事はしてはいけないです。

自己破産したあとはどうなりますか?

基本的には7年間はブラックリストに載ったままなので、新しく口座開設はできませんし、当然クレジットカードもつくれません。

海外にどこか行くときには、必ず裁判所に届けを出すとか弁護士さんを通じて届けるとかいうのがあったと思います。

自己破産したからと言って、特別、これはダメあれはダメということは、それほどないです。

大雑把に言うと、お金を借りられない、ローンは組めないといったところです。

私も最初、インターネットで調べましたが、自分に当てはまることはあまりなかったです。

普通に生活することができます。勤務先にもばれるようなことはないです。個人情報として扱われて、第三者には分からないです。

官報にはのりますが、そんなところはあまり知られることはないです。

自己破産は本当はしたくなかった

7年間経つと、普通に戻れますか?

ホワイトかグレーになるかなというところです。

7年経っても、別に車やマンションを買いたいとは思っていないですし、生活できるから何とも思っていないです。

自分としては、過去の過ちとして、反省の期間、執行猶予が7年付いていると思ったぐらいです。償いの時間という感じです。

本当はしたくはなかったですが、自己破産してみて、最終的にはよかったんじゃないかと思います。

自己破産を考えている方にアドバイスがあったらお願いします。

自己破産をするには、何らかの原因があります。

二度と同じ轍を踏まないように、何がいけなかったか、もう一度思い返してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

遺産相続について税理士へインタビュー

相続税の大増税が決まった中、相続への注目度が高まっています。親族での相続トラブルを避けるにはどうする?遺言書の必要性と手...

住宅ローンについて地銀の担当者に聞きました

夢のマイホームを建てるためには、ほとんどの方が住宅ローンを必要としています。しかしいざ組むとなるとこれがけっこう難しい。...

電気屋さんが教える電気の節電対策

大震災をキッカケとして日々、当たり前のように使っていた電気について、誰もが色々と見直さないといけなくなりました。今より少...

自己破産をした元会社経営者へインタビュー

会社を経営していた時、ヤクザがらみのトラブルで1000万円の借金を背負わされました。会社を閉める際に個人としても自己破産...

元先物取引業者がFXデビューした結果

先物取引を取り扱っていた証券会社の元スタッフが行っているFX投資のインタビューです。なぜ株や先物ではなくFXをおすすめす...

お金カテゴリ 最新記事

ID847

友達にお金を250万円貸して返済が無くて辛いというお話

お友達に最終的には250万円ほどお金を貸してしまった方のお話です。借用書も無く、お友達が自己破産をしてしまったうえ、家庭の…
ID1169

割安商品を見極めて100円ショップを上手に活用

最近の100円ショップは、以前に比べて品質が上がり品数も増えてきました。お得な商品もあれば、スーパーなどでもっと安く売られ…
ID1168

使い捨てペーパーを安く使い分ける方法

タオルの雑菌が気になり、使い捨てペーパーを使っていた方にインタビューしました。ティッシュ・キッチンペーパー・トイレット…
ID1111

郵便局のゆうぱっくとゆうちょをお得に利用

郵便局のお得な利用方法は意外と知られていないと思います。そこで今回は郵便局をよく利用されている方にインタビューを行いま…
ID785

投資信託を2万円からスタート!気長に待って10%の儲けが出ました

投資信託ってなんだか難しいイメージがありますよね。今回は投資を2万円から始めた方にインタビューしています。最近ニュースで…


Fatal error: Call to undefined function my_func_mokuji() in /home/minna-qa/all-interview.jp/public_html/wp-content/themes/allinterview_wk/footer-single.php on line 51