みんなのインタビュー注目の記事

不動産仲介業に聞いたお部屋探しのアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産仲介業で4年間営業をされていた方に良い物件をみつけるためのポイントを教えていただきました。間取りの確認方法に家賃の違い、住んでからトラブルがないようにするために必要なことなどプロの視点だからこそのアドバイスが盛り沢山!


不動産屋さんに行く時のアドバイス

不動産屋さんでいい物件を見つけるコツはありますか?

不動産屋さんを回って、自分の希望の間取りや家賃などをアンケートで答える時に、もしいい物件があったら連絡が欲しいと伝えておくといいですね。

最新でいい物件が出ると連絡をもらえたりするのでお勧めです。

そして、不動産屋さんは、1か所じゃなく2,3か所は回った方がいいと思います。会社によって独占してる物件があるからです。

ある不動産屋さんが独占してるところを他で紹介していたりすると、仲介手数料が高めだったりする場合もありますね。

仲介手数料を取られないようにするのであれば、直で扱っている不動産屋さんに行った方がいいです。

あとは、大手のところになると、あまり安い家賃を言う人は嫌われるかも知れないですね(笑)。安い物件の人は契約してもあまり儲けにならないんです。

ですから、家賃高めの物件を探す新婚さんなどに最優先に紹介したり、連絡したりしているみたいですね。

不動産屋さんに行く際の注意点を教えてください。

自分の中で家賃とか間取りとか、大まかなものは決めてから行かないと迷ってしまう原因になります。

賃貸だと100%自分の希望を満たす物件はないので、最優先順位をまとめておくと、探しやすいと思います。

家賃や間取りの他に、日当たりや、防犯など環境を重視する人もいますし、駅に近いなど利便性を重視する人もいます。

ネットに載っている情報は参考程度に見ておくといいと思います。

忙しかったりすると、情報が出てからネットに載せるまでに時間がかかったりするので、古い情報だったりすることがあるんです。

専門のスタッフがいると早く載るのですが、店によって最新の情報じゃない場合があります。

来店するお客さんが最優先なので、更新が後回しになりがちですね。

ですので、相場を見たりとか、自分がこういう部屋を探したいなという参考として見ておいてください。

借り手のパターンによって違うお部屋探しのポイント

お部屋探しをしている人で、学生と社会人で何か違いはありますか?

学生さんだと保証人が要るので、勢いで来ても借りられない場合が多いです。

大学で安い寮を紹介してたりするので、そういうところで借りる人が多いかもしれないですね。

やっぱり安さを優先されますけど、今時の子は汚いところは借りたくないという人が多いので、綺麗で安いところを探してますね。

狭くて防音に期待しなければ、探せば綺麗で安いところはあります。

社会人でも、働き始めて間もない場合や保証人がいない人は、ちょっと厳しかったりします。

長く働いていて保証人がいないという人だったら、保証協会と言って、お金を払ったら保証人になってくれる会社があります。

外国籍の人で海外にしか知り合いがいない場合など利用する人もいます。

ただ、大家さんによっては保証協会は嫌だという人もいるので、保証人はいた方がいいかも知れないですね。

学生と社会人それぞれの部屋探しのポイントはありますか。

学生さんだったら、近いところを借りるのが一番楽でいいと思います。

それから安いワンルームで多いのですが、エレベーターが付いていないと、毎日のことだと上り下りが大変だったりします。

社会人の方だと、通勤するのに、渋滞が多い道沿いにあるアパートだと不便なので、そういう環境を見たりします。

意外とあまり見ないところですけど、車に乗る人だったら車が停めやすい方がいいので、駐車場も見ておいた方がいいかなと思います。

それから単身の人だと、アパートに住んでる人の雰囲気も見た方がいいかなと思いますね。

女性が気を付けることはありますか。

1階に住むと実際に下着泥棒があるので、1階だったらベランダがちょっと高めの物件が良いと思いますね。

2階以上が安心だとは思うんですけど、網戸のまま寝たりするのは危ないと思います。よじ登ってくる場合もあります。

電柱が近くにある場合は気を付けた方がいいかも知れないですね。

それから、コンビニの近くや、よく観察しやすいようなアパートは、やめた方がいいと聞いたことがあります。

コンビニが近いと便利ですけど、もし狙っている人がいたら、常にコンビニから監視していても不自然じゃないと思います。

コンビニから直接部屋に帰ったら、住んでいる場所がバレたりもします。

対策として、人が入れ替わる時には鍵交換をしてます。あとは鍵の種類も色々あって、大家さんの意向によって決まるんですが、ピッキングしにくい鍵もあります。

指紋認証を導入している物件は、まだ少ないと思います。そういう費用は全部大家さん持ちなので、大家さんが防犯に拘りたいという意向がない限り付けないですね。

ペットがいる方にはどういう探し方がありますか。

ペットは、物件自体がすごく少ないです。

新築からOKにしてる場合もあれば、人が入らないからペットOKにしていこうという古めの物件か、極端なんですよ。

だから家賃も極端に違うんです。

新築を狙っているんだったら、綺麗で環境が整っているペット仕様のアパートはみんな狙っているので、こまめにチェックしないといけません。

建築予定がないか不動産屋さんに聞いておくといいと思います。真剣に探しているアピールをしておくことが必要です。

結婚を機に部屋を探している人、離婚して探している人へのアドバイスは?

新婚さんで探すんだったら、新築がお勧めですね。やっぱり綺麗ですし、新しい生活を始めるという感じがします。

今は浴室乾燥やインターホン、ウォシュレットなど色々と設備が整っています。

離婚して子連れのシングルマザーだと、収入が少ない場合、市営住宅の抽選に当たるまでのつなぎとして借りたいということがよくあります。

親身に相談に乗ってくれる不動産屋さんを見て相談するのがいいと思います。

沢山回れる体力がある人だったらいいと思うんですけど、あまり回るとどこで何を見たかというのが訳が分からなくなる場合もあるので、2つか3つぐらいに絞って探してみるといいと思いますね。

他にお部屋を見る際にチェックするすべきことはありますか?

例えば防音に関しては、昼間だと留守の場合が多いので、夕方に見に行かせてもらって、人がいる時に部屋を見るのが一番いいかなと思いますね。

あとは住人の感じとか、ベランダに物をいっぱい置いてる人がいないかなど見てもらったらいいと思います。

新しい物件や古い物件にかかわらず、防音できてない部屋はあります。

防音に拘るんだったら、分譲に近いような造りの、鉄筋コンクリートのアパートにするといいんじゃないかと思いますね。

また、自分が持ってる家具をどこに配置するかというのも見た方がいいです。

意外と、引っ越してみたら家具を置く場所がなかったとか、ドアの配置が良くなかったとか、そういうこともあります。

あまり大型の冷蔵庫だと古いアパートの通路入らないとか、そういうこともあるんですよ。

事前に近隣住民とトラブルを防ぐ方法

お部屋探しで近隣住民を知る方法はありますか。

私が見た方がいいと思うのは、ベランダと玄関ですね。

ベランダや玄関前に物をバーッと置く人って、やっぱりちょっと変わっている人だったり、汚い部屋の人だったりすることが多いかなと思います。

それと、外国籍の人が多いアパートだと、生活習慣が違ったりもするので、トラブルになるケースもよくありましたね。

例えば、家族を大事にしている人が多いので、夜中にファミリーパーティをして、周りが騒音に感じていたりということもあります。

また、ごみの分別が分からなくて、分別できずに捨てていたりもします。

なるべく通訳の人をつけて説明はするようにはしていますが、外国では分別の習慣自体がないので、そんなに重要視してくれないという感じですね。

たまに夜逃げもあります。荷物を全部放って出ていったりとか、中に腐るものとかあったりするとちょっと大変ですね。

悪い人ばかりじゃないですが、トラブルは実際にあるので、気になるなら避けた方がいいです。

でも中には、外国籍の人でもフレンドリーに仲良くやれるよという人や、逆にそういう人の中に入っていきたいという人もいるので、その人の感性次第だと思います。

住人の詳しい情報はプライバシーの問題で教えてくれないですけど、ざっくりとしたことだったら教えてもらえるので、ここは外国籍の人がいますか、とか、ペットを飼っている人はいますかとか、気になることは営業の人に聞いた方がいいと思います。

熱心な人だと住人に聞いたりしてますね。

プロの視点からお勧めしたいこと

お部屋探しをするオススメの時期はありますか。

もし転勤シーズンだったら、あまりギリギリだと部屋がなかったりするので、早めに探してもらった方がいいです。

逆に転勤シーズンが終わった後だと、引っ越し費用も安くなったりするのでお勧めです。

具体的には転勤シーズンは春と秋ですね。だから夏と年末を除いた冬がいいと思います。

それから新築を狙っているんだったら、建築予定の状態で募集は始めるので、そういうのを常にチェックした方がいいです。

敷金、礼金について教えてください。

敷金は、預かり金です。家賃を滞納したらそこから引いたり、退去するときに、リフォームが必要になった場合そこから引いたりします。

でも今月払えないから敷金から払っといてというものではなくて、いざどうしようもなくなった時の、もしものための預け金です。

礼金というのは、大家さんにお礼金として直接払う、「住まわしてくれてありがとうございます」とうい昔ながらのお金です。

礼金は無いに越したことはないので、礼金ゼロで探した方がいいとは思いますね。

お勧めの立地条件や人気の物件はどんなところですか?

地域関係なく言えるのは、便利なところは家賃が高く、離れたところは家賃を抑えられるということです。

あまり便利なところ一点で探していたら、すごく良い物件がちょっと離れたところにあるのに知らずに終わたりします。

だからあまり徒歩何分とかに拘りすぎない方がいいのかなと思います。

駅近は、騒音はしますが、夜は電車も止まっているので、寝るには問題ないかなと思います。逆に夜勤や朝や昼に寝る人だとあまり良くないかなと思います。

駅近くの家賃は高いですが、線路沿いだと、逆にちょっとマイナスポイントで、安めだったりします。

人気の物件は、ペットOKの新築や、あまりないお洒落な間取りの特殊な新築ですね。

よくあるパターン化された間取りじゃなくて、大家さんや建築会社によって、こだわりを持って造られたアパートだと、建つ前に全部部屋が決まったりします。

お部屋探しをしている人へのアドバイスをプロの視点から教えてください。

まずネットで、今の相場やいい物件を自分の中で整理して見に行くと思いますが、私だったら情報量が多い不動産屋さんに行きます。

また、営業の人との相性もあると思います。こんな人から借りたくないという営業だと、そこの不動産屋さんでは借りたくないと思うかもしれません。

そして、いくつか物件を見て、比較して決めます。

営業マンとうまくやるには、あまり安く安くっていうと、向こうも嫌がるので「お願いします」という態度を取ることです。

そうすると、家賃交渉してくれたり、ちょっとした計らいをしてもらえる場合もあります。

お客さんなんだからって高圧的に来られると、向こうも人間なので、いい物件があるけど紹介したくないとか思ったりもします。

なので友好的に、対等な感じで接するといいと思います。いい物件を紹介してあげたいなと思う人だと、安い物件でも親身になれますね。

ただ、高めの予算を言う必要はありません。でないと無駄な時間になってしまいます。

それから自分のライフスタイルよく考えることも大事です。

遅く帰ってくるのに日当たりを重視しますって言っている人とか、ちぐはぐな希望を持っていて、自分でそれに気付いてない人もいます。

これは要るかな、別に要らないかなというのを、自分で整理して行かないと、相手はもっと訳わからなくなるので、優先順位を整理してから行くことが大事かなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

引越し業者の一括見積もりを使って値引き交渉してみました

引越しをするなら一括見積もりを利用しなきゃ損!?引越しを激安にする交渉術を最近引越しをした男性に聞きました。引越し業者の...

不動産仲介業に聞いたお部屋探しのアドバイス

不動産仲介業で4年間営業をされていた方に良い物件をみつけるためのポイントを教えていただきました。間取りの確認方法に家賃の...

引越し業者を使わず軽トラと軽自動車で引越し体験談

沖縄では、近場の引越しなら業者を入れずに行うことが一般的です。自前の軽トラと軽自動車で運べば、お手伝いしてくれた方への食...

引越しカテゴリ 最新記事

ID397

引越し業者を使わず軽トラと軽自動車で引越し体験談

沖縄では、近場の引越しなら業者を入れずに行うことが一般的です。自前の軽トラと軽自動車で運べば、お手伝いしてくれた方への…
532

引越し業者の一括見積もりを使って値引き交渉してみました

引越しをするなら一括見積もりを利用しなきゃ損!?引越しを激安にする交渉術を最近引越しをした男性に聞きました。引越し業者…