みんなのインタビュー注目の記事

夜中に見つけた狸を動物病院に連れていきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

深夜、帰宅中にケガをした狸を保護しました。バスタオルにくるんでキャリーに押し込み、夜中にあいている動物病院を探し連れて行きました。野生動物の診断は無料でしたが歩ける保証はなく安楽死に。無理のない範囲で助けましょう。

狸を見つけた時の事を教えて下さい。

その日は友達の家に遊びに行って、帰宅が夜中の1時か2時になってしまったんです。

それで、車でマンションのすぐ近くまで帰ってきた時に、路上に何か動物が轢かれているのを見つけました。

いつも動物が轢かれているのを見つけたら、危なくない時に限りますが、車に置いてあるタオルをかけてあげます。

そして、それ以上轢かれないように道路の端に移動してから、環境局に電話するんです。

でも今回は、足を轢かれた様子の大人の狸で、歩けないんですけど私に対して牙をむいて威嚇するほど元気だったんです。

普通だと怖がっていたら多少足を引きずってでも逃げるはずなんですよね。

でも全く逃げられない様子で、ただ私を見て一生懸命威嚇しているだけでした。

その狸を移動させたんですか?

私が普段移動させるのは死んでいる動物なんです。

今回の場合は生きているので、とりあえず狸であろうが何であろうがこのまま放置する訳にはいかないと思って、動物病院に連れて行こうと思いました。

その時は本当に家の近くだったので、家族は寝ている時間でしたが、携帯で電話をしたんです。

我が家では犬を飼っていたので、家族に頼んで犬のキャリーを玄関前に用意してもらいました。

私は急いで家に帰り、たくさんのバスタオルと犬のキャリーを持って現場に戻りました。

動物が犬とか猫であれば多少噛まれても素手で触っていたと思います。

でも、今回は大人の狸でかなり興奮しているので、何かの病気をもらっても困りますから、バスタオルでガッと包んで犬のキャリーにそのまま押し込んだんです。

もちろん狸は暴れていましたし、多分キャリーに頭とかをガンガンと打ち付けていました。

キーキーと怒っていましたが、そんな事を気にしている場合ではないですし、車が汚れないようにシートの上にバスタオルを敷いて、その上にキャリーを置くかたちで車に乗せました。

動物病院に連れて行くことはできたんですか?

その時は夜中の2時頃でしたので、携帯電話のインターネットで夜中に開いている緊急病院を探すことにしました。

家から1時間くらいの所が見つかったので、そこに連れていこうと思って電話をしたんですけど、電話に全然出なかったんです。

それで他を探したら、家から1時間半ぐらい高速で行けば救急の所があると見つけて、そこにとりあえず電話をしたら繋がりました。

電話で何の動物か聞かれたので、轢かれていた狸なんですという話をしました。

今からそちらに向かうと到着が夜中の4時とか4時半になる事を伝えましたが、大丈夫なので連れてきてくださいと言われました。

あまり行ったことがない場所でしたし、私の車は当時ナビがついていなかったので、ナビのついている車に乗り換えてから高速道路で1時間半ぐらいかけて行きました。

ちょっと迷いながらもなんとか無事にたどり着けたは良いんですけど、そこで気付いたのが「私あまりお金持っていない」ということだったんです。

後払いでもいけるかなと凄くドキドキしました。

でも、ここまで連れてきた訳ですし、狸も段々元気がなくなっていたので、ひん死の状態だろうからその辺はどうにかお願いしようと思いました。

もしお金を取りに帰れと言われたら取りに帰るしかないなと思いながら、診察してもらうことにしました。

どんな診察でしたか?

まず連れていってびっくりしたのは、そこの病院は野生動物を無料で診てくれるという事です。

狸は野生動物に入るので、凄く安心しました。

だからできる限りの検査をしてもらえました。

レントゲンを撮ったり、ちょっとしたCTを撮ってもらったりしたようです。

結果は、車に轢かれて脊椎を骨折したようで、腰の骨がバラバラに砕けているとの事でした。

手術をして1、2ヶ月の長いスパンで治療に通えば治る可能性が高いと言われました。

ただ、そういう治療になると病院ではお預かりできないとの事。

例えば私が保護をしてそういう所に連れていった場合、もちろん自費になるのですが、そこまでやってもこの子が歩けるようになる保障はありませんとも言われました。

私にはこの狸を飼う事はできませんし、そこまでお金をかける事も正直無理でしたが、このままの状態で外に放り出しても動けないですし、カラスの餌食になってしまうのが目に見えていました。

もちろん賛否両論あると思いますが、私がその時最善だと思ったのが安楽死してもらうことでした。

先生からも安楽死を提案されたので、お願いしました。

安楽死を見届けたんですか?

「ご覧になりますか?」と言われたので、多くの人に看取られた方が良いかなと思ったのと、声をかけてあげたかったので、最後まで見届ける事にしました。

「大丈夫だよー、もうすぐ楽になるからね。次産まれて来たら絶対に車に轢かれちゃ駄目だよ」と言いながら見守っていたら、本当に眠るようにすっと亡くなって凄くほっとしました。

その前に先生から「狸は凄く虫が多いから、後であなたも消毒をして下さい。持ってきたキャリーも消毒しますし、車も消毒した方が良いですよ。」と言われていました。

そして、安楽死の後に「虫というのは生きている間は体にいるけど、死んだとたんに外に出てくるから見ててごらん」と言われて、本当にその狸が死んだとたんに、体中から小さな虫がうわーっと出てきて鳥肌が立ちました。

今まで見たことがないような羽虫みたいなものがうわーっと出てきて、私よくこんなのを車に積んでいたなと思いましたね。

その後、手とか体とかを消毒しました。

今日着ていた服は全て捨てるしかないなと覚悟しましたし、家の犬に移らないようにキャリーとかも綺麗に消毒してもらったんです。

それでさあ帰ろうかなと思ったら、先生から「亡骸というのはこちらでお預かりすることができなくて、来てくださった方ご自身でちゃんと葬っていただかなければいけないんです」と言われたので、ダンボールに入れてもらって狸をまた車に乗せました。

その後はどうされたんですか?

よく動物が車に轢かれて死んでいた場合、環境局に連絡しますよね。

すると環境局の方が、路上の動物の亡骸をゴミとして処理してくれるんです。

それで今回の狸は野生動物に入るので、直接環境局に持っていったら処理してくれるんじゃないかと考えました。

ただ環境局が開くのは6時で、その時まだ5時過ぎくらいだったので、しょうがないのでとりあえずまた高速で家の近くまで走りました。

途中で夜が明けて6時くらいになったので、環境局に電話をしました。

連れてきたらもちろん無料で回収してくれるということになったので、そこが開くまで30分くらい時間を潰して、7時くらいに連れていきました。

野生動物を保護する際の注意点はありますか?

まず、絶対に噛まれないことです。

それから、例えばツバメとかのヒナが巣から落ちていると凄く可愛そうですが、そういう子は体が弱かったりして生きていけないんです。

それに一度人間が触ってしまうと、元の巣に戻してもお母さんがちゃんと育てないこともあります。

今回の狸のように色んな虫がいたり、噛まれたらそこから酷いことになる可能性もありますので、野生動物にむやみやたらに手を出さない事も大切ですね。

怪我した野生動物を見つけた時はどうしたら良いですか?

まだ生きていて捕まえられそうであれば、今回のように救急の動物病院に連れて行けますし、野生動物は無料で診てくれると思います。

そこの先生と相談したり、動物園なんかで引き取ってくれそうな所があればそういう所に話をしてみたりするのがいいと思います。

アニマルシェルターというのがありますし、そういう所で動物を一時預かってくれるかもしれません。

そういった所をインターネットなどで検索して、ご自身が無理なくできる範囲で助けてあげるのが一番良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

オウムを30年飼っていた女性にインタビュー

人の話し方を真似るオウムについて、オウムの特性、驚くような賢さの他に、オウムを飼うための基本的な知識や注意点等を、オウム...

夜中に見つけた狸を動物病院に連れていきました

深夜、帰宅中にケガをした狸を保護しました。バスタオルにくるんでキャリーに押し込み、夜中にあいている動物病院を探し連れて行...

うさぎの飼い方について聞きました

ピーターラビットのモデルといわれるネザーランドドワーフというウサギを飼っている方にインタビューしました。可愛らしい仕草が...

動物シェルターARKでのボランティア体験談

兵庫県の動物シェルター「アニマルレフュージ関西」のボランティアは誰でもできます。基本的な仕事は犬の散歩で山の中を歩くので...

ペットカテゴリ 最新記事

ID1799

動物シェルターARKでのボランティア体験談

兵庫県の動物シェルター「アニマルレフュージ関西」のボランティアは誰でもできます。基本的な仕事は犬の散歩で山の中を歩くの…
ID467

うさぎの飼い方について聞きました

ピーターラビットのモデルといわれるネザーランドドワーフというウサギを飼っている方にインタビューしました。可愛らしい仕草…
ID648

オウムを30年飼っていた女性にインタビュー

人の話し方を真似るオウムについて、オウムの特性、驚くような賢さの他に、オウムを飼うための基本的な知識や注意点等を、オウ…


Fatal error: Call to undefined function my_func_mokuji() in /home/minna-qa/all-interview.jp/public_html/wp-content/themes/allinterview_wk/footer-single.php on line 51