みんなのインタビュー注目の記事

家庭保育所の経営者へインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭的な雰囲気でお子さんを預かる家庭的保育所は、自宅の一室など小さな空間で少人数を預かる体制が多いそうです。お子さんの命を預かり、保護者との信頼関係を築く必要もある保育所経営は割に合わない仕事ですが、子ども達から楽しみとパワーがもらえます。

家庭保育所とは?

家庭保育所とはどのようなものですか?

正に文字通りなんですけど、家庭的な雰囲気でお子さんを預かる場所として位置づけられている保育所です。

普通の保育所との1番大きな違いは人数の差ですね。

公立の大規模な保育所ですと地域によって異なるとは思うんですけど、例えば私の地域では100人以上子供がいたりするんです。

しかし家庭保育所ですと5人~10人の少人数制でやっている場合が多いです。

後は施設に関しても大きな保育所ほど大きな建物になりますけど、家庭保育所の場合は自宅の一室やマンションの1部屋、または学校の教室を借りるなど、非常に小さな空間で保育をしている点でも違いがあります。

経営の仕組み

家庭保育所の経営の仕組みについて教えて下さい。

自治体によって仕組みは変わって来るんですが、私の地域の場合家庭保育所を始める為にはまず市に申請する必要があります。

審査の結果認可が下りたら補助金を出してくれるようになります。

経営には、保育士の資格や看護師の資格を有している必要があります。

家庭保育所を経営する上で必要なもの

経営されている家庭保育所のお部屋の大きさはどのぐらいですか?必要なものは?

8畳の部屋を主に保育用に使っています。その他に6畳の台所や10畳のリビングなど家族が共有するような部屋も使用します。

設備としてまず必要なのはお子さんの着替えなどを入れる為の棚です。それから遊ばせる為の“おもちゃ”も必要になりますし、小さなお子さんを預かる場合は子供用のベッドがあった方がいいです。

後は救急箱や消毒液、ハンドソープなど子供の衛生面を守る為に必要なものも用意しないといけません。細かい事を言い出すとさらにたくさんのものが必要になりますね。

経営する上で気をつけている事を教えて下さい。

1番気をつけないといけないのは、お子さんに怪我をさせてはいけない事です。お子さんの命を預かっている訳ですので、非常に責任が重大です。

不慮の事故の可能性もありますけど、やはり親としては自分の見ていない所で子供が怪我をしたら悲しくなると思いますので、いつも子供達を注意深く見守って保育をするように心がけています。

従業員について

従業員は何人必要ですか?

預かる子供の年齢と人数に応じて必要な保育士の人数が決まっています。

0歳の場合は3人につき保育士が1人必要となります。

私の場合定員が5人で殆ど0歳の子を預かっているので、1日に必ず2人は保育士が常駐するようにしています。

従業員は市に依頼をして市政ニュースに求人広告を載せてもらって募集をかけました。

後は周りに保育士の友達がいたので、声をかけて雇った保育士もいます。

従業員が気をつける事はありますか?

個人情報の取り扱いについては十分注意するようにお伝えしています。

従業員の方には最初にお伝えする事なんですけど、お預かりしているお子さんやその親御さんの個人情報は絶対に外に洩らさないようにしなければなりません。

後、これも基本なんですけど、お子さんと親御さんの悪口を絶対に言わないように指導しています。

家庭保育所への入所について

お子さんは家庭保育所へどのように入所されるのですか?

まずは市役所に申し込みをします。するとその御家族が住んでいる地域の保育所の紹介をしてくれるので、その中から選んで申し込む事になります。

選ばれた保育所へは、市役所から「こういったお子さんが申し込みされました」という連絡が来ます。

その後実際にお子さんと親御さんにお会いして面接をした後、お互いが同意したらお預かりする事になります。

保育時間と保育料について

保育時間は何時から何時までですか?

朝の8時から夕方の5時半までです。

たまに仕事の都合でお迎えが遅くなったりする事はありますけど、大体その時間内で保育が出来ています。

保育料はどのように決められているのですか?

保護者の収入によって決められています。保育料を決めるのは市役所の仕事なので私は市役所から通知を受けるだけです。

料金は親御さんが直接私の所に納めてくれます。

また、延長料金についても決められています。うちの場合先ほどお話したように朝の8時から夕方5時半までの保育なのでその時間以外の保育の場合は30分につき数百円の延長保育料がかかります。

パート代くらいの金額ではありますが、親御さんによっては結構な負担になるかと思います。

保育所の子供の年齢層

生後何ヶ月のお子さんからお預かりされているんですか?

生後2ヵ月から1歳になるまでのお子さんをお預かりしています。だたし年度末までは1歳を越えてもお預かりする事が出来ます。

入所の月齢はその時々で違い、今のように育児休暇が取れない頃は生後43日目ぐらいの子供ばかり入ってきた事もありました。

でも最近は育児休暇を取りやすくなったり、パートのお母さんが増えた事から、6ヵ月を過ぎた赤ちゃんや1歳手前のお子さんが入所する事が増えてきました。

時代の変化に伴ってお預かりするお子さんの月齢も変化しています。

0歳児のお子さんをお預かりしているという事ですけど、何か行事をされる事はありますか?

うちは5人しかいない小規模な保育所なので大きな行事は中々出来ないです。

でも、七夕だったら笹飾りを飾ったり、クリスマスなら親御さんを呼んでクリスマス会をやったり、節分の豆まきやひな祭りなど季節の節目ごとの行事は簡単ですけどやるようにしています。

仕事をしていて楽しい事

お仕事をしていて楽しい事は何ですか?

子供達それぞれに個性があって、それを見ているだけで面白くて毎日楽しいです。

この仕事をしていると子供たちからたくさんパワーをもらっているような気がして、私こんなに元気でいいのかというくらいになります。

ただ、事務仕事は辛いですね。

やはり保育中は殆ど事務仕事が出来ないのでそれが終わった後に従業員さんのシフトを組んだり、給与や経費の計算をしたり、市役所に出す書類を書いたりしています。

中々進まなくて「明日でいいか」と思って先延ばしにすると、仕事が溜まって後で慌てる事も多いのでもっときちんとしないといけませんね。

後、強いて言えば保育中に赤ちゃんが泣き止まない時はしんどいなと思う事があります。

抱っこしたり、ミルクを飲ませたり、どんな事をしても泣く時は泣くんですよね。

でも赤ちゃんだから泣くのは当然ですし、自分の子供に比べればずっとましなのでそれほど辛いという訳でもないです。

保護者との関係について

保護者との関係は難しくないですか?

私はそれほど難しく感じた事はないんですけど、今はどこの保育所さんでも「保護者との関係が難しい」と悩んでいる事が多いですね。

10年、20年前に比べると保護者との関係を上手く構築していくのが難しくなってきているとよく言われています。

先ほどもお話したように以前は正社員のお母さんが多くて生活が安定していたので、収入面でも精神面でも基盤がしっかりしていて余裕があったんです。

でも今は給料も安定していませんし、お母さんもパートの方が殆どを占めるようになりました。また最近は母子家庭も増えてきましたし生活の基盤が不安定になって今を生きるのが精一杯というお母さんが子供を預けにくるケースが増えています。

保育士が「お宅のお子さんはもっとこうした方がいいですよ」と提案しても、お母さんはゆとりがないのできつい言葉で返してしまったり、関係がギクシャクしてしまう事もあるようです。

トラブルについて

保育所をしていく上でトラブルはありましたか?

どんなに対策をして大丈夫だと思ってもやはりトラブルは起こります。

数年前に男の子が女の子のほっぺたをきつく噛んで怪我をさせてしまった事がありました。

すると女の子のお母さんがお怒りになって次の日の連絡帳に「私だったら飛びついてでもこの子を守るのにどうしてそれが出来ないんですか」と書いてありました。

やはりきちんと見ていなかったこちらに責任はあるんですけど、私も「お預かりした以上100%安全にお子さんを保育しようとする気持ちはあります。でも私は100%完璧な人間ではないからこういう事もありえます」と断言しました。

そして「保育所に預ける以上そういったリスクもありえると思ってもらえないのであれば100%守ってもらえる保育所を探してそちらに移って下さい」と伝えました。

そしたらそのお母さんは「そういうつもりで書いた訳じゃなかった」と言われてそれまでの態度から一変して落ち着かれたんです。それからはそのお母さんと仲良くなって楽しく卒園まで付き合う事が出来ました。

このように本当にお子さんが別のお子さんをが噛んだり引っかいたりという事は頻繁に起こるので、それを出来る限り阻止していかなければと肝に銘じましたね。

保護者と上手く関係を築くコツ

保護者と上手く関係を築くコツはありますか?

お子さんの事を褒めまくる事ですね。

褒めるといっても嫌味な褒め方でなく、可愛いから褒めたり、何か仕草をした時に「凄く賢いからその仕草をしたんだ」という感じでとにかく保育所でお子さんがしてくれたどんな小さな事でも保護者に伝えて褒めてあげる事がいい関係を築くコツですね。

そうすれば保護者の方も「ああ、ここはしっかり子供の事を見てくれているんだ」「うちの子供とたくさん遊んでくれているんだ」という気持になります。

それを繰り返す事で除々に信頼関係が生まれていい付き合いが出来るようになっていきます。信頼関係があれば、何かあっても大きなトラブルにはなりにくいんですね。

やはり信頼関係を築く事が1番重要なポイントになる訳ですね。

保護者の方もそれぞれ個性があるので、私もドキドキしながらどうしたら心を開いてくれるんだろうと考えるんですよ。

中には最初からフレンドリーな方もいらっしゃるんですけれども、人見知りで口数も少なくて何を考えているのか分からないような人もいらっしゃいます。

そういった方とどう接していったらいいのか難しい所ではあるんですけど、心を開いてくれたら「私のやり方は間違っていなかったんだ」と嬉しく思いますね。

家庭保育所に興味のある方へのアドバイス

これから家庭保育所を経営してみたいとお考えの方や働いてみたい方へのアドバイスをお願いします。

小さな保育所ならではの暖かい雰囲気の中で、きめ細かくゆっくり保育出来るのが家庭保育所の利点です。

ただ大きな保育所での経験と小さな保育所での経験はかなり違ってくるので、出来れば両方を経験して色々な雰囲気を感じ取ってみた方が保育士としてのスキルアップにも繋がると思います。

それから経営を考えていらっしゃる方へなんですけど、正直家庭保育所は割に合わない仕事だという事を肝に銘じて下さい。仕事の量に対して給料は大した事はありません。半分はボランティアだと思って仕事をしないと長続きしませんね。

あくまでもお子さんが好きでお子さんと一緒に過ごすのが楽しいと思っている人なら大丈夫だと思いますが、保育所でお金をもうけようとお考えなら絶対に無理なのでやめて下さい。

それから保育所で働くにしても、経営するにしても命を預かる仕事であるという事は常に忘れないように、頭の1番大事な所に置いて下さい。

ご家庭の1番の宝物を預かる仕事なので常にその事を忘れずにしっかり見守らないといけません。

以上を踏まえた上で保育所を経営するなり、働くなりして頂けるのであればきっとお子さんと親御さんの助けになれると思いますのでぜひやってみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

倒産寸前の会社を立て直した経営者の体験談

ウェブ系の会社を経営されている37歳の男性に経営が苦しくなった状況からどのように立て直してきたのか?どん底から這い上がる...

15歳で遠洋漁業の漁師に!見習いでも年収500万円!

一度海へ出れば2ヶ月帰れない、遠洋漁業船に15歳で乗り込んだ方にインタビューしました。2ヶ月間の食事メニューは?どんな給...

友人との共同経営で大失敗した代表取締役の体験談

インターネット関連の会社を経営されている社長に友人と共同経営をして大失敗した時の貴重なお話を聴かせていただきました。友人...

桑沢デザイン研究所の卒業生へインタビュー

デザインを勉強したい!デザインを職業に生かしたい!と思っていてもどこに行って何を勉強すればいいのやら・・・そこで今話題に...

自宅でサロンを10年経営!化粧品で自分もキレイに!

美容に関心の高い方にぴったりの、自宅でのエステ経営。設備投資はどの程度必要なのか、顧客の確保の仕方、コミュニケーションの...

起業・経営カテゴリ 最新記事

ID955

桑沢デザイン研究所の卒業生へインタビュー

デザインを勉強したい!デザインを職業に生かしたい!と思っていてもどこに行って何を勉強すればいいのやら・・・そこで今話題…
ID779

タイのシルバーアクセサリーを買い付けしてネットショップを始めました

タイのシルバーアクセサリーの良さに気付いたことをきっかけに、ネットショップを開業した方にインタビューしました。いきなり…
ID723

専門学校で2年勉強後にグラフィックデザイナーのフリーランスに

自分の腕一つで仕事するグラフィックデザイナー。具体的にどんな仕事をするの?どうすればなれるの?そしてどうすれば仕事がも…
ID446

友人とその母親と土日限定でカフェ経営をしています

自分のカフェを持ち、のんびりとコーヒーやお料理を出し、好きな手作り雑貨も売り…北海道でそんな小さなカフェを営む女性にイン…
ID417

開始早々泥棒被害に?!訪問介護事業所を10年経営

妹の独立を手伝ううちになぜか自分が社長に?!結局10年間訪問介護事業所を経営することに。会社を起ち上げる時の苦労、経営時の…


Fatal error: Call to undefined function my_func_mokuji() in /home/minna-qa/all-interview.jp/public_html/wp-content/themes/allinterview_wk/footer-single.php on line 51