みんなのインタビュー注目の記事

自分好みの香りで作れる!保存料無添加の手作りコスメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保存料等を一切入れない手作りコスメは、お子さんといっぱい触れ合いたいお母さんにも安心しておすすめできます。作り方の基本はすべて同じで、意外と簡単に手早く作れるようです。手作りコスメのメリットなどについてお聞きしました。

手作りコスメの基本は同じ!

手作りコスメを作り始めるきっかけは何でしたか。

近所のショッピングセンターの中にアロマテラピーのお店が入っていて、そこは施術ではなくて、アロマオイルや手作りコスメを作れるような色々な用具が揃っているところでした。

出産をした後くらいからアロマに興味を持っていて、母乳の出が良くなるハーブティー等を良く飲んでいたので、そのお店もちょこちょこ覗いていたのです。

お店には、アロマオイルを使ったコスメのクラフト教室が月に2回くらい開催されていました。

ある日、炭酸ジェルパック作りの教室があったので、面白そうだと思って申し込んだのがきっかけです。

材料費や受講料全て込みで500円で、子連れでもOKだったので気軽に受講できました。お買い物帰りなどに立ち寄って教えてもらう感じでした。

そういったものを作った事はなかったのですが、すごく簡単で、レシピ通りに作ればあっという間に出来てしまう簡単なものでした。

教室の人数は15人ぐらいまでとあったのですが、私1人のこともあって、マンツーマンで教わることもあります。

今は自分でアロマオイルを使ったローションや保湿用のオイル、炭酸のジェルパックなどを手作りしています。

作り方は物によって違いますが、全部基本は同じです。

例えばローションは、香りの付いた精製水のようなフローラルウォーターと、エッセンシャルオイルと、化粧品にもよく入っている保湿剤のグリセリンを入れて、ただ混ぜるだけです。

保湿オイルはすごく簡単です。

ホホバオイルとかアーモンドオイル、オリーブオイル等をエッセンシャルオイルとして、自分の肌のバランスを考えて配合して、そこに自分の好きなアロマオイルを入れてかき混ぜるだけです。

それはマッサージにも使えるし、私はヘアーオイルにも使っています。

材料はアロマオイルやグリセリン

自宅でも作りたいと思ったら、材料等は何処で買ったらよいですか?

アロマオイルやエッセンシャルオイルは、アロマテラピーのお店に行けば全部揃っています。

ビーカーや、かき混ぜる為のスティックも、一式そこに揃っていると思います。

作るものによっては、グリセリン、重曹、クエン酸、精製水などはドラッグストアなどでも売っていますので、比較して安い方で買っています。

ビーカー等は、物によるのですが、基礎化粧品を作るだけなら1~2つあれば大丈夫です。

絶対にビーカーでなくてはいけない訳ではないので、食器棚に眠っているようなカップや、プラスチックの使い捨てカップで混ぜるだけでも大丈夫です。

そういったものなら、百円均一にでも売っています。

ただ混ぜるだけのような簡単なものでしたら、分量を測って混ぜるだけなので、5~10分あれば、あっという間に出来てしまいます。

炭酸ジェルパックは入れるものが多かったり手順があったりするのですが、それでも10分くらいで出来てしまいます。

ハンドクリーム等になると、湯せんで作るので時間がかかります。

保存料は一切入れていません。精製水というお水が入っているので、「2週間の内に使い切ってください」と言われています。

ローションやオイルは、1回に10㏄ずつ位しか作っていないです。

保存の時は、光を遮断するような色の付いた瓶があるのですが、それに入れておけば外からの光による劣化がないので、そういったものに入れています。

そうした瓶も、アロマのお店にいろんな色のものが売っています。

東急ハンズ等にも、そういったものがキットになって売っていたりします。ちょっと形の変わったものや大きな瓶等も、東急ハンズに売っています。

分量はきちんと量らないと、出来上がった時に肌へののり方が違います。固くなっちゃったり水っぽくなったりします。

アロマオイルも入れすぎると刺激になるので、分量は気をつけたほうが良いです。

オイルは最初は分離したように見えるのですが、思いっきりかき混ぜれば大丈夫です。結構混ぜてオイルの粒々をなくすのには、根気は要ります。

でもちゃんと混ざったら、そのあと分離はしないです。

アロマオイルは、すごく小さい瓶でも千円オーバーのものが殆どなので高いのですが、使用するのは1~2滴程度なので、長期的に見れば高価な化粧品を買うよりも断然安価になります。

お薦めアロマオイルはラベンダーやスイートオレンジ。レモン系は避ける

アロマオイルでお薦めなものはありますか?

その人の肌の状態や健康状態にもよるのですが、リラックスしたい時はラベンダーやスイートオレンジがおすすめです。

私は月経前症候群がひどくて、それを緩和したくて、ゼラニウムを入れて髪の毛に塗布しています。

寝ている間にゼラニウムの香りが漂ってくるので、脳の月経前症候群を起こしてしまう分泌物を抑えたりするので、好んで使っています。

それから、子供が風邪を引いたりして鼻の通りが良くない時に、私にアロマをつけて抱っこしたりしていました。

子供は3歳以上にならないと直接肌につけてはいけないと言われています。

その時の状況に応じてアロマは使い分けています。

お店などで症状を細かく伝えれば、それにあったアロマを教えてもらえますので、そういったものに沿って作るのも良いと思います。

使わない方が良いアロマオイルもあります。

レモンはビタミンCが多いので肌に良いイメージがあるのですが、レモンピール(皮)は、メラニンを吸着させてしまうそうです。

なので、レモンの皮が入ったようなアロマオイルを使ってしまうと逆にシミを促進させてしまいます。

妊娠中に吸引してはいけない香りもあって、セントジョンズワートというベースとなるキャリアオイルなのですが、そのオイルは子宮の収縮を促してしまうんです。

臨月期に入れば安産に繋がるのですが、安定期に入る前や調子が安定しない妊婦さんは使わない方が良いです。

そういった特異な状況にある方は、きちんと相談された方がよいと思います。

自分に合ったコスメが作れてお子様との触れ合いにも安心!

手作りコスメを使うようになって肌に変化はありましたか? メリット、デメリットも教えてください。

乾燥肌だったのですが、潤いが出てきた気がします。

特に髪の毛はすぐにパサパサする方だったのですが、ロングの状態で伸ばしているのですが、使い続けていたら、美容師さんから「パサパサが落ち着いてきたね」と言われました。

メリットは、自分の体の調子に合わせて香りを変えれば、自分の体の調子も良くすることができる点です。

また自分の好きな香りで化粧品を作ることが出来ます。

市販の化粧品は香りがきつかったり、アルコールがきつすぎて肌が痛くなる人がいると思うんです。

でも手作りだと、そういった添加物も一切入っていないし肌に刺激の強いものは一切入っていないので、そういった意味では肌のトラブルが少なくなりました。

デメリットは、多少手間がかかることです。瓶もすごくきれいに洗って使わないといけないので、手間がかかります。

小さいお子様がいる場合には、絶対に手の届かないところで作るのが基本です。

精製水などは触っても問題ないのですが、アロマオイルの成分によっては赤ちゃんが触ると皮膚がただれてしまったりします。

グリセリンや炭酸ジェルパックを作る時には「クレイ」という泥やクエン酸を使ったりするのですが、誤って飲み込んでしまったりすると危険なので、注意が必要です。

主婦の方は食品に入らないように気をつけなければなりませんね。

特に私は娘がまだ小さいこともあって、いっぱい顔を触ってくるんです。

ほっぺたをくっつけてきたり、手でベタベタ触ったりきたりするのですが、それが怖くて、市販の化粧品に抵抗がありました。

それでその代用として手作りのコスメを作るようになったのですが、子供に自分の顔を触られても抵抗なく接することが出来るようになりました。

お子さんがいる方で、「子供といっぱい触れ合いたいけど悪い刺激を与えたくない」と思っている方にはコスメを手作りすると、より一層お子さんと触れ合えると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

ノンシリコンシャンプーへ変更してから感じる効果や魅力

髪本来のハリや艶を活かすノンシリコンシャンプーについてお聞きしました。試供品をたくさん試して自分に合うものが見つかれば、...

手作り化粧水ってどう?美肌水の作り方と使用後の感想

水道水と尿素、グリセリンがあれば化粧水が自作できます。単価が安く作れるので、お金を気にせず贅沢に使えますし、男性にもおす...

自分好みの香りで作れる!保存料無添加の手作りコスメ

保存料等を一切入れない手作りコスメは、お子さんといっぱい触れ合いたいお母さんにも安心しておすすめできます。作り方の基本は...

フェイシャルエステの自己流の注意点は?

フェイシャルエステはお顔の悩みを改善するほか、リラックス効果も得られますが、自己流でやるときはいくつか注意点があります。...

アロマセラピー講師おすすめのオーガニックコスメは?

最近は自然派志向が強く、中でもオーガニックという言葉はハズせないキーワードになっています。そこで今回はアロマセラピー講師...

コスメ・スキンケアカテゴリ 最新記事

ID1170

手作り化粧水ってどう?美肌水の作り方と使用後の感想

水道水と尿素、グリセリンがあれば化粧水が自作できます。単価が安く作れるので、お金を気にせず贅沢に使えますし、男性にもお…
ID902

ノンシリコンシャンプーへ変更してから感じる効果や魅力

髪本来のハリや艶を活かすノンシリコンシャンプーについてお聞きしました。試供品をたくさん試して自分に合うものが見つかれば…
m175

フェイシャルエステの自己流の注意点は?

フェイシャルエステはお顔の悩みを改善するほか、リラックス効果も得られますが、自己流でやるときはいくつか注意点があります…
m57

アロマセラピー講師おすすめのオーガニックコスメは?

最近は自然派志向が強く、中でもオーガニックという言葉はハズせないキーワードになっています。そこで今回はアロマセラピー講…


Fatal error: Call to undefined function my_func_mokuji() in /home/minna-qa/all-interview.jp/public_html/wp-content/themes/allinterview_wk/footer-single.php on line 51