みんなのインタビュー注目の記事

外壁塗装のプロに聞いた注意点とアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁塗装のプロへインタビューさせていただきました。外壁塗装をする際のオススメのサイトや業者の紹介、外壁塗装の塗料選びのコツ、地域の違いによる外壁塗装の注意点、外壁塗装の料金相場など外壁塗装についての貴重な情報満載です。

外壁塗装について調べるなら?

自分の家だから外壁塗装についてしっかり調べたいという人も多いと思うんですが、調べるのにおすすめのサイトなどはありますか。

サイトだと、「安田塗装」っていう会社のホームページと、あとは「初めての外壁塗装」っていうサイトと「外壁塗装110番」っていう、この3つを見れば大体知識は入ります。

※補足1:安田塗装
外壁塗装を検討する際に、見積もり請求の以前に費用のイメージも付かず心配な方におすすめなのが安田塗装です。外壁塗装の比較検討をするサイトではありませんが、外壁の面積と希望の塗料から、塗装にかかる具体的な金額が分かる料金表がサイトに掲載されています。塗料の説明も分かりやすく、何年くらいの耐久性があり、どんな特徴がある素材を使用しているのかも確認したうえで金額の確認ができるので、予算のイメージが付きやすくなっています。支払いは36回まで金利手数料無料で対応されており、その後の金利も表になって掲載されています。とにかく金額のイメージが付かず不安な方には、安心して考え始める事の出来る塗装業者です。

安田塗装の公式ホームページはこちら

※補足2:はじめての外壁塗装
外壁塗装を検討するときに、業者の選び方や考えられるトラブルなどの細かい知識を確認しておきたい方におすすめのサイトが「はじめての外壁塗装」です。初心者でも見やすいページで、塗装業者を選ぶ時のチェックポイントなどが紹介されています。また、検討の際に本当に塗装する必要があるのかをチェックできるポイントも掲載されており分かりやすい説明がされています。外壁塗装の専門家への相談コーナーも用意されているので、ある程度調べて、そのまま業者を探す場合にも頼もしいサイトです。

はじめての外壁塗装の公式ホームページはこちら

※補足3:外壁塗装110番
外壁塗装の専門知識が無くても、簡単に優良企業に出会える外壁塗装の専門アドバイザーが外壁塗装110番です。2~3件の見積もりを一度に請求することができるため、金額を安くしたい方や、補償内容をしっかりと考えたい方にも希望に合わせて選ぶことが可能です。中立な立場でアドバイスをしてくれるので知識が無い方でも優良業者に出会えるように相談を行います。満足度も高く、数か所を比較して考えることができるため初めて外壁塗装を注文する方にもおすすめです。

外壁塗装110番の公式ホームページはこちら

安田塗装さんは、かなり細かく書いていますね。塗装する時期とか、こういう現象とか劣化にはこういう風にした方がいいみたいなものが書いてあります。

「初めての外壁塗装」は、結構珍しいサイトで、DIYについて書いています。あと劣化についての写真とか結構いっぱい載っているので、ちょっと難しいので分かりにくいんですけど、これは結構便利な内容です。

自分でDIYでやることは、正直お勧めしないです。

理由が何点かあって、まず外壁塗装って、いきなり壁に塗るわけじゃなくて、最初に高圧洗浄といって、水で下地を綺麗にしてやるんです。

それをやらないでホコリとか付いている状態で塗ると、塗料が上手く乗らなくてすぐ剥がれてきちゃったりするんですよ。個人のレベルで高圧洗浄までやるのは難しいかな、と思います。

あともう1点、足場を組まないでやると、高いところに手を伸ばしたりするので結構危険なんですよね。

だから正直お勧めはしないです。一部の、木部だけとかだったらまだいいんですけど、全体をやるのは危ないですね。

110番に関しては、業者の選び方とかについてよく書かれています。

外壁のローンはあります。専門に業者が立て替えるパターンと、オリコとかのローン会社を通す場合があります。

既に住宅ローンとかを組んでいても、審査で通れば大丈夫だと思います。今までそのパターンはないんですけど、そこは審査通した例がないので分からないです。

プロだから無いとは思うんですけど、まだら模様になったとか、ひどい塗り方だった場合とか、クーリングオフや返金、やり直しなどの請求は可能ですか。

まだらまではいかないですけど、少し垂れているとか「ここちゃんと塗れてないんじゃないか」というようなところは、必ず最後の施工が終わる時に一緒に業者と見て回って確認します。

そこでもし問題があるようだったら、普通に塗り直してくれるパターンが多いです。

後から気付いた場合も、業者側に落ち度があれば大抵塗り直してくれます。塗りなおしは無料です。ただあくまでも良い業者の場合です。変な業者の場合は多分ダメですね。

あとクーリングオフですけど、最初塗る前に契約する契約書を書くんですけど、それから8日間以内なんです。

だから、例えば3回塗るところを1回しか塗っていないとか、最初白で塗ると言っていたのに真っ黒にされたとか、明らかに契約内容と違うような過失が業者側になければ、終わった後のクーリングオフはきついと思います。

外壁塗装にかかる日数は、一番多いのは延べ床面積30坪の家なんですけど、それで3週間ぐらいと結構かかります。足場を組み立てて、乾燥させなきゃいけないので結構かかります。

雨の日は全く作業できなくなるので、天候や運にもよるんですけど、雨の日がたまたま多いとその分延びます。

ズバリお勧めの塗料とは?

実際に外壁塗装に使う塗料についてですが、塗料選びで気を付ける点について教えてください。

まず自分の中で目的をはっきりさせた方がいいと思います。高くても長くもつ塗料を選ぶのか、それとも値段をちょっと安くして10年に1回ぐらい塗装をするスタンスにするのか、とかですね。

あくまで期待耐久年数なので、塗った瞬間から劣化するので、必ずそれだけもつという訳ではありません。

でも、今一番安くてよく使われているシリコン系の塗料で、大体10年ぐらいもちます。

フッ素という、それより上のグレードだと、15年から長くて20年もつものもあります。料金はその2倍まではいかないですけど、だいぶ変わってきますね。

フッ素加工というよりは、多分フッ素系の塗料で塗るということだと思います。フッ素はやはり高いんですが耐久性が長いので、お勧めといえばお勧めです。ただ高くなります。

塗装が剥がれてくるのが一般的にシリコンより遅い、その分もつという感じです。

あとは目的別というか、家の室温を下げる塗料とかもあるので、その辺の目的もはっきりした方がいいです。

あともう1つ、壁の種類とか劣化具合によっても合う塗料が違ってくるので、そこらへんは良い業者を見つけて、良い塗料を選んでもらった方がいいです。

断熱効果が高いので有名なのは、ガイナとアステックの2つです。あと日本ペイントのサーモアイシリーズも有名です。最初の2つは、使っている人は結構多いんじゃないかと思います。

塗料の質がいいんじゃないですかね。ガイナだと「NASAがどうこう」っていう、「宇宙のどうたらで使ってる」みたいな感じです。

アステックは日本より全然暑いオーストラリアで主流の塗料らしいです。それで性能がかなり良いと業者が言っていました。

光触媒というのもあります。結構難しいんですが、何かと言われると塗料の種類です。外壁って基本、外にあるので、雨水とかで段々汚れてくるんですよ。

この光触媒というのは、雨水とかで逆に塗料自体を勝手に洗浄してくれるという機能があって、雨が降ることで汚れが洗い流されるんですね。それで綺麗な壁をキープできるというのが売りなんです。

高いけど、耐久年数は長いです。お勧めはされているんですけど、実際のデータはあまり取れていないです。

お勧めの塗料は、これがまたすごく難しい質問で、業者によって見解も違うんですよね。

お客さん的にも、とりあえず長くもつ塗料という人にはフッ素系がいいし、安くてそこそこだったらシリコンがいいし、涼しくしたいんだったら断熱系のガイナとかアステック、という感じになって、その人それぞれなので、一概には言えないです。

色について、この前500人にアンケートを取ったんですけど、ダントツ1位はベージュですね。理由としては一番無難というか、家なので変な色にしたくないと思うんです。

ベージュの次が白だったんです。そこらへんの、白っぽい色が人気あるみたいですね。

3番目は色がない「クリア」です。透明っていうのがあるんです。それが3番目です。今の色のままにするんです。本当に無色透明です。

人気が無いのが黒とか濃い色です。全然少なかったです。黒の家とかあまり見ないですもんね。あと派手なピンクとか赤とかは少ないです。

外壁塗装で注意すべき点

色々なケースごとの外壁塗装で注意するべき点について教えてください。

一戸建て、小さなアパート、マンション、ビルとかありますが、特にこの建物だからこう気を付けるというのはないですね。

ビルとかマンションでも全部一緒ですね。ビル、マンションになると屋上が防水になるぐらいで、それ以外は特に違いがないんですよね。外壁がタイルの家とかも全然大丈夫です。

でも、30年ぐらい一切塗装していなくて、劣化が激しすぎてボロボロになっていたりすると、塗装だけじゃ無理ですね。貼り換えとかになります。

一回だけそういうのがありました。業者さんに見に行ってもらったら、塗装だけでどうにかできるレベルじゃないのでちょっとできない、みたいなのはありました。

隙間風とか雨漏りとかがある、そういうレベルだと思います。

寒い地域は気を付けないといけないですね。塗料の性質で、5度以下になると施工ができないんです。あと雪が積もっているともう駄目です。

だから北海道は冬になると塗装屋の仕事がなくなります。夏しかできないです。で、冬の間は関東の方に出張に行くとか、結構ありますね。

暑い分には大丈夫です。乾燥が早いし特に不具合はないです。特に有利にもならないですけど、可もなく不可もなくですね。

ただ、夏だと屋根とかすごく熱くなるじゃないですか。そういう時は夕方から塗装するとかするらしいです。熱すぎて長靴が融けたりするらしいんですよ。

逆に冬とかだと寒いから昼間に屋根を塗るとか、そういう工夫があるみたいですね。

あと、大きな点ではないと思うんですけど、東京とか大阪だと隣の家とメッチャ近いじゃないですか。高圧洗浄で水をバーッとやる時に隣の家に水滴が飛んでもめることが多いらしいんですよ。

そうならないためにも、最初に業者がちゃんとあいさつに行くとか、飛ばないように養生シートというのを貼るんですけど、そこをしっかり貼るとか、その位だと思います。

外壁塗装にかかる料金について

外壁塗装の料金相場はどれぐらいですか。

外壁と屋根の塗装、足場と高圧洗浄、例えばひび割れなどの軽い補修、木部を塗る場合ですと、シリコン系塗料なら30坪で70~80万、40坪で100~110万です。

1つ上のグレードでフッ素というのがあるんですけど、これになると30坪で100~110万、40坪でだいたい130~140万まで行きますね。2、30%アップですね。

外壁のみで屋根をやらない場合だと、足場と高圧洗浄を入れてシリコン系だと30坪で40~50万、40坪で50~60万です。フッ素系なら30坪で55~65万、40坪で60~70万、といった感じです。

インターネットで外壁塗装を検索すると一括見積サイトなどがありますが、ああいうので値引きは、正直にいうと可能です。結構安くしている業者もいます。消費税分ぐらいは安くなると思います。

色々とありますが、お客様の声の多さ、メディア掲載実績、業界内での評判など総合的に判断すると「外壁塗装110番」を選んでおけば、とりあえず間違いは無いかなと思います。

塗装業界をよくしてこうとしている「塗魂ペインターズ」という団体があるのですが、全国の優良塗装業者が集まって、年に数回ボランティアとかをやるんです。

※補足4:塗魂ペインターズ
塗装のプロたちが集まるボランティア集団、塗魂ペインターズでは日本全国の100社程の塗装業者が集まり、無償で塗装を行う団体です。主に幼稚園や公共の施設、東北の施設などを料金は一切発生せず、塗料や必要な機材等も参加する業者の協賛により作業を行っています。不特定多数の方々が利用する場所で、いくつかの条件はありますが希望を出して塗魂ペインターズでの承認が得られれば施工を行ってくれる形になります。参加する企業は大手企業を含む優良企業ばかりです。営業目的ではないので全てが施工されるわけではありませんが、みんなが使う場所を綺麗にしたい施設の方にはとてもおすすめです。
塗魂ペインターズの公式サイトはこちら

学校をボランティアで塗装するとか、そういうことをしている団体なんですけど、参加業者のレベルが全体的に高いんですね。

日頃塗装とかノウハウなどを共有したりしていまして、そういうのがあるので全体的に業者のレベルが高く、その中から業者を選ぶということが可能となります。

「外壁塗装110番」さんは「塗魂ペインターズ」全社が参加しているみたいなので、数ある外壁塗装のサイトの中でも信頼度も高いと思います。

業者の良し悪し関係なく、何でもかんでも紹介しているサイトもありますからね。

外壁塗装料金を安く抑えるためにおすすめの助成金や補助金などはありますか?

外壁塗装でも助成金とか補助金が下りるケースはあります。結構難しいんですけど、塗装する家がある地域の業者じゃないとダメなんです。都内だと区も一緒じゃないとダメなところもあります。

補助金に関しても、割と多いのはエコ塗料という、さっきの断熱とか室温を下げるやつですね。それでクーラー代とかを安くしようとか、そういう目的の場合が多いです。

いきなり外壁塗装するから補助金が出るとかよりは、エコ系の塗料で塗装すると安くなる、補助金が出るというのがほとんどだと思います。

申請は大変そうに感じるでしょうが、業者が全部やってくれます。特に難しいこともないですが、あまりタイミングよくできることっていうのは聞いたことがないですね。

値引きの交渉術

営業マン相手に上手に値引きしてもらう交渉術やコツはありますか。

それもやっぱり相見積もりですね。相見積もりで競わせる方が値段は安くなります。多いのは2社か3社くらいです。

よく飛び込みで営業の人が来て、そこで1社取って、その後にネットでちゃんと塗装屋さんに2社取って、合計3社というのが一番多いです。

多分飛び込みで来て、そろそろやらなきゃって言われて、不安になってネットで検索するという流れだと思います。

飛び込みの営業マンはよく回っていますね。特に土日が多いです。うちは相談の窓口もあるんですけど、大体、飛び込みが来たけどどうなの、っていう相談が多いです。

自分自身がマンションに住んでいるもので、さすがに飛び込みが来ることはないですが、一軒家に住んでいると思ったより多いんです。

一軒家に飛び込みに来て、もし不安に感じたらインターネットか相見積もりをするというのが一番いいですね。

勘違いされている方がいるんですけど、塗装を専門にやっている悪徳業者っていうのは結構少ないです。昔、15年ぐらい前だといたらしいんですけど、今はかなり減っているらしいです。

今、何が悪徳かというと、塗装屋じゃなくて営業専門に仕事だけ取ってくる営業会社ですね。悪徳業者のほとんどがそれです。

飛び込みでお客さんの家に行って「外壁ヤバいですよ」みたいなことを言って、「今だったらこの価格」とか言って仕事を取って、その後下請けに投げるだけの会社です。

悪徳なところの手口は色々あるんですけど、多いのが、最初に結構高い金額を吹っ掛けるんです。

外壁って相場が結構分かりにくいじゃないですか。例えば最初に「200万」と言っておいて、「今だったらキャンペーンだから100万でいいよ」と、ただ「今契約して」て言う。

結構ベタな手口ですけど、これで結構引っ掛かる人がいるんですよ。実際のところは70万位で済んだりするんですけどね。

安くなっているけど、相場よりちょっと盛っているとか、もしくは相場ぐらいなんです。

一番いいのは、飛び込みできたらまず疑う。他の塗装屋にちゃんと見積もりを取ってもらえば、ほぼ騙されることはなくなると思うんです。

特に飛び込みの業者の手口っていうのはワンパターンなんです。その手口が、まず飛び込みで来る。チラシとかでも出してる。

キャンペーンとか、「お宅の家は目立つ位置にあるのでうちが塗装すると宣伝効果がある」とか言って、「モニター価格で安くする」とか言うんですね。

こういうパターンと、あとは「大手では作れないオリジナル塗料を開発しました」「これだと30年はもつ」というのも結構あります。

あと、なぜか飛び込みの業者は「セラミック」という塗料を勧めていることが多いです。そこらへんのキーワードが何個か出たら、疑った方がいいです。

セラミック系、本当によくあるんです。セラミック系というのは一応ちゃんとしたものもあるんですけど、オリジナルって言っているのは多分そんないい塗料じゃないんですよね。

そういった点に注意ですね。あと外壁塗装で屋根を入れないで、外壁だけで100万超えるような場合は、間違いなく疑った方がいいです。

大手業者と小規模業者の違い

大手の業者と地域の小規模業者にお願いするメリット・デメリットは、それぞれありますか。

ハウスメーカーに行くと、営業会社とはまたちょっと違うんですけど、直接自社で塗らないんですね。

営業で仕事を取ってきて、下請けに投げるっていう、さっきの営業会社と中身は似ています。手数料が取られるということで、料金が高くなるんです。

ただ、値引きとして全くないわけではなくて、普通の塗装屋よりも保証が充実している時があります。

ただその分デメリットは料金が高いというのと、塗る人が自社じゃないので、大手に頼んでも、下請けに振るだけだから、質が一定じゃなかったりします。

逆に地域密着型というか、今まで何十年とやってきていますというような小さな塗装業者にお願いする場合は、優良店であればデメリットはほぼないですね。

保証もちゃんとしているし、自社施工なので品質も安定しているし、料金も相場内というか、そこそこ安くちゃんとやってくれるので、デメリットはないですね。

こういう地域の人にお願いするのが一番です。新規での会社はちょっと怖いかなと思いますけど、ただ、元はどこかの塗装店にいて独立したとかなので、営業店にお願いするよりは全然良いと思います。

インターネットの口コミとランキングサイトに関しては、今あるのはほぼ自作自演です。だからあまり参考にならないです。

ただ、飛び込みで業者が来るじゃないですか、そしたらその業者で検索すると、Yahoo知恵袋とかにけっこう出てくるんです。

あと関連検索ってあるじゃないですか、あそこがすごいことになります。「ブラック」とか「2ch」とか「評判」とか「手抜き」とか、だからそういう業者はやめた方がいいです。

関連検索を見れば本当に笑えるくらい一発で分かります。Yahooの虫眼鏡とかですね。3社ぐらいブラックありますけど、名前言っておきますか?(笑)

それはやめておきます、もめたらちょっとこわそうなので(笑)

見積書のチェック

外壁塗装のカタログや施工例でチェックすべきポイントはありますか。

施工例やカタログは特にないと思いますが、見積書をもらった時にちょっとチェックした方がいいかな、という場所はあります。

結構適当な業者って「一式いくら」という書き方なんですね。外壁屋根全部含めて一式いくらみたいな、それは多分あまりいい業者じゃないです。

ちゃんとした業者は、外壁何回塗り、大体3回なんですけど、外壁3回塗り、平米単価いくらで、どれぐらいの壁の面積があるからいくらになります、というのが書いています。

使う塗料も書いています。そういう見積書を選んだ方がいいです。

「一式」っていうのは確かに使える部分もあって、細かい部分は「一式」っていうのが普通ですが、本当に全部入れて一式というのはちょっと危ないです。見積書は注意した方がいいです。

外壁塗装は、築10年後位がベストだと思うんですけど、実際には12~13年でやるのが多いですね。1~2年だとそんなに変わらないですね。

壁を触った時、チョーキング現象といって白い粉が付く現象があって、それが始まるとそろそろ検討かな、という段階ですね。

チョーキングがあると、まだちょっと早いんですけど、そろそろ検討ですよというサインですね。

10年を例えば20年にしちゃうと、いろんなところが劣化しちゃうので、それを直してからの塗装になって、料金は高くなる可能性がありますが、例えば10年を11~12年で塗装してもそんなに大きな問題はないですね。

壁の層なんですけど、サイディングという壁を使ってる場合、壁と壁のつなぎ目の目地という部分があって、そこの劣化が壁よりも早くて、ボロボロになってきちゃうんです。

なのでそれがボロボロになってくると、さすがに打ち直して塗装も一緒にやっちゃった方がいいかな、と思います。

外壁の寿命は、壁の種類にもよりますが、ずっとは持たないと思います。でも大きく分けたらモルタルとサイディングの2つがあって、どちらもちゃんとやってれば多分60年位は持つと思います。

雨の多い時期でも塗ることは可能です。ただ、乾燥しなくなるので、塗料ってすごく雨や湿気が敵なんです。

だから梅雨や雨の多い時は、良い業者だとそこらへんはちゃんと分かってて、乾燥をしっかりするので大丈夫なんですけど、本当に乾燥をしっかりして施工する業者じゃないと、ちょっと怖いかなとは思います。

あと雨が降っている日は1日塗装できなくなるので、工期は延びます。

工期の間も家には住めます。今の塗料は、臭いはそこまできつくないと言われています。

それよりも養生とか足場とか立てて封鎖しちゃうので、窓が開けられないということはあります。窓が開けられない以外は、生活するのに特に不便なところは多少あるかないかぐらいですね。

夏だと窓開けられないからしんどいという人もいましたけど、たしかに暑いですからね。

瓦の屋根でも塗装?

屋根塗装についてですが、瓦の屋根でも屋根塗装ってしたりするんですか。

日本の瓦の場合はほとんどしないです。瓦は丈夫なので手入れしなくても100年とか持つんです。

だから塗る人はあまりいないんですけど、この前聞いたのが、瓦でも断熱効果の能力を上げたいと言って、断熱系の塗料を塗っている人はいました。

それで変わるのは1~3度だと思うんですけどね。それは珍しいと思います。

屋根の方がずっと日光を浴びているので、外壁よりも傷みやすいですね。シリコンとかだと7年から10年ぐらい置きに塗装になるかなと思います。

屋根って普通に生活していると見えないじゃないですか。それで劣化していないと思って12年とか放っておいて、外壁やるときに見たら、こんなに劣化していたの、っていう方も多いみたいですね。

屋根だけでやる人って少ないんですよ。足場を立てるんで一緒に外壁もやっちゃった方がお得なので、大体一緒にやります。屋根だけってあまり聞かないですね。

屋根抜きで外壁だけというのは、よくではないですが、あります。瓦とかは塗装しないから、そういう時は外壁のみの人はいますね。逆に屋根だけ塗るというのが本当に珍しいですね。

屋根塗装だけの料金相場は、出せと言えば出せますが、足場と高圧洗浄込みで、シリコン系なら30坪で30万~35万、40坪で40~45万、フッ素だと30坪で30~40万、40坪で40~50万ぐらいだと思います。

屋根塗装をDIYでやることは、超危険です。慣れている業者さんでも時々屋根から落ちたりするので、かなり危険ですね。お勧めはしないです。

最近流行りの太陽光発電のパネルが付いている場合、やり方としては2パターンあって、ほとんどの人は、太陽光パネルの下は日光が当たらないから劣化しないので、下の部分は塗装しないパターンが多いです。

気になる人は1回パネルを外して塗装して、又パネルを戻すという人もいますが、その場合取り外しと取り付け料金がかかるので、料金は高くなります。

だから太陽光を検討した段階で、先に塗っちゃう方がいいですね。太陽光のパネルが付いていれば劣化もかなり遅くなりますからね。

遮熱塗料系で室内温度は下がる?

よく聞かれるような質問は何かありますか。

遮熱塗料系が実際どのぐらい涼しくなるの、というのは聞かれますね。どれぐらい効果があるのか?

まだ楽天リサーチで取る途中なんですけど、大体うちの施工したお客さんに聞くと、体感で2、3度下がったと言っている人はいますね。今のところ全く効果がないという人はいないです。

熱を逃がさないような仕組みになっているので、冬も大丈夫らしいです。暖房の熱を内に押さえておく機能があるらしいので、夏は涼しくて冬は暖かいです。

外壁塗装を考えている人

これから外壁塗装を選ぶ人に対して総まとめとして、失敗しない選び方を改めて教えていただけますか。

失敗しない業者の選び方ですよね。まず絶対なのが、飛び込みでは即決しない。飛び込みは本当に疑った方がいいです。

飛び込みの特徴については、さっき言ったようなことを言って来たら、1回待った方がいいです。

まずネットで業者名を検索する。大体悪いうわさが出てくると思うので、そしたら止めた方がいいと思います。

その後に必ず、営業会社ではなく、塗装専門の職人がいる自社施工の会社を探すことをお勧めします。

複数社、2、3社取れば大体相場も分かってくるので、絶対相見積もりをしてください。

あと時々お客さんで「これぐらい値切れた」とか喜んでいる人がいるんですが、安ければいいというものじゃないです。

同じ塗料を使っても塗る人、職人の腕で左右される業界なので、値下げも確かに重要ですけど、それより職人と信頼できる関係を作って、しっかりやってもらう方がいいです。

職人に対して、おやつやお茶というのは昔の話で、今は業者がほとんど受け取らないらしいです。

結構優良業者になると、先に「ここからここまでは自分で準備するので不要です」とか言ってくれたりするので、そこは先にしっかり話しておいた方がいいですね。

あとは誰でもそうだと思うんですけど、疑ってかかられると業者としても気持ちよくないじゃないですか。だから信じるってことですね。

★当インタビュー内で紹介されていたサイト一覧

外壁塗装110番 ・・・ 数多くのメディア掲載実績を誇る外壁塗装の代表的なサイト
安田塗装 ・・・ 外壁塗装に関する知識が充実している安田塗装の公式サイト
はじめての外壁塗装 ・・・ 外壁塗装の専門家が運営するサイト
塗魂ペインターズ ・・・ 全国規模の外壁塗装のボランティア団体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

外壁塗装のプロに聞いた注意点とアドバイス

外壁塗装のプロへインタビューさせていただきました。外壁塗装をする際のオススメのサイトや業者の紹介、外壁塗装の塗料選びのコ...

インドネシアの駐在妻が使用人を雇った体験談をインタビュー

インドネシア駐在の家では使用人がいるのが当たり前です。常に人がいるというストレスのほかに、お金やコミュニケーションの問題...

住宅ローンについて地銀の担当者に聞きました

夢のマイホームを建てるためには、ほとんどの方が住宅ローンを必要としています。しかしいざ組むとなるとこれがけっこう難しい。...

電気屋さんが教える電気の節電対策

大震災をキッカケとして日々、当たり前のように使っていた電気について、誰もが色々と見直さないといけなくなりました。今より少...

宮城県石巻市の女性が語る東日本大震災

すべてが一変した東日本大震災。当時高校生だった女性が話してくれた壮絶な体験は、想像を絶するものです。大人でも醜い行動をと...

住まいカテゴリ 最新記事

ID1881

印象に残るプレゼントを買うならヴィレッジヴァンガードがおススメ

ヴィレッジヴァンガードのキャッチコピーは遊べる本屋です。限定品やユニークな雑貨などがごちゃごちゃと並べられているところ…
ID942

インドネシアの駐在妻が使用人を雇った体験談をインタビュー

インドネシア駐在の家では使用人がいるのが当たり前です。常に人がいるというストレスのほかに、お金やコミュニケーションの問…
ID1211

三井のリハウスで建売住宅を購入しました

建売住宅は注文住宅より安く購入できますが、モデルルームだった物件は、さらに雰囲気の良い家となっています。家は一生モノの…
ID1157

100円ショップ別のおすすめ商品をインタビュー

100円ショップはそれぞれのお店に特徴があります。また、日用品から食品、医療品等数多くの商品を売っています。後悔しない商品…
ID893

アズハウスで家を購入!想定外の出費が

一生において一番大きなお買い物と言ってもいいマイホームの購入。アズハウスという住宅メーカーで一軒家を建てられた方にイン…


Fatal error: Call to undefined function my_func_mokuji() in /home/minna-qa/all-interview.jp/public_html/wp-content/themes/allinterview_wk/footer-single.php on line 51