みんなのインタビュー注目の記事

イギリスのロンドンでフラットシェアをしていました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションなどを共有して住む、フラットシェアをイギリスでしていた方にお話を聞きました。家具などは揃っているので、スーツケース1つで住み始められます。個室がありながら家賃が安いところが魅力で、お互いを尊重することが重要です。

フラットシェアとは何ですか?

「フラット」というのは日本で言う所のアパートやマンションみたいなもので、それを複数人で共有して住む居住のパターンが「フラットシェア」です。

最近は日本でも空間を皆で共有して生活する事が流行っていますよね。

私の場合はイギリスでやっていたんですけど、海外ではメジャーなことで、特にイギリスは家賃が凄く高くて、若い人はフラットやハウスを共有して住んでいる方が多かったです。

日本でもルームシェアというものを聞く事があるんですけど、それとはまた違うんですか?

ルームシェアは1つの部屋を何人かでシェアするものでイギリスでもありました。

フラットシェアの場合は1人1部屋になります。

もちろんルームシェアの方が凄く家賃が安くなるんですけど、寝るのも他人と一緒になるので、もう少しプライバシーが欲しい場合はフラットシェアを選ぶ事になります。

英語ができなくてもできる物件探し

イギリスのどちらでフラットシェアをされていたのですか?

ロンドン市内の3箇所でフラットシェアをしました。

1軒目は日本人の人達と、2件目は韓国人とアイスランド人の女の子3人で、そして3軒目はフランス人とイギリス人の3人でフラットシェアしていました。

1件目は凄く静かな高給住宅街の近くに住んでいたんですけど、2件目は南東部にあるあまり治安のよくないハックリー地区という所に住んでいました。

そして3軒目もあまり治安のよくないブリクストンという地区でした。

治安のよさによっても家賃が多少変わっていくので、あまり治安がよくない所の方が家賃が安いんです。

初めてだったり、英語が不安な状態で住んでしまうとちょっと怖いかもしれませんが、治安が良くない地域は音楽やアートなどの発信地だったりする事が多く、若い人も多くてエネルギッシュな面もあります。

それが面白いと感じる人にとっては凄く魅力的な場所なんですね。

物件情報はどのようにして探すのですか?

物件情報は主にインターネットで探しました。

賃貸だけでなく、仕事や物資のやり取りに関する情報を集めた現地の情報掲示板のようなサイトがあるんです。

他に、日本人だけで暮らしている物件の情報や、日本人のフラットシェアのメンバー募集などを紹介している日本語サイトもあります。

全く英語が分からない場合は、そこで日本人が住んでいる所や日本語が通じる環境の場所を探せばよいですね。

物件を決める時に何か条件を決めていましたか?

最初は場所にこだわっていました。例えば中心部までどれぐらいで出られるのか、自分が落ち着いて暮らせそうな場所か、など。

右も左も分からない状態だったので、出来れば治安のいい所を探していました。

でも住み慣れてくると街の雰囲気がある程度分かってくるので、それからは家賃なども含めて2軒目、3軒目を探しました。

スーツケース1つで住み始められる!?

フラットシェアをするのに必要なものはありますか?

言ってしまえば自分の着るものだけですね。

フラットシェアの場合、家具などは揃っているのでスーツケース1つで「今日から住ませて下さい」と言ったらそれだけで住める雰囲気がありました。

大抵の場合は4人か5人でシェアしている事が多く、その内の1人が代表者となって大家さんとやり取りしているパターンが殆どなので、代表者以外は誰が変わっても問題ないんですよ。

大家さんと直接契約を結ぶケースもあるんですけど、そうでなければ本当にスーツケース1つでいきなり住む事が可能な所もあります。

もちろん見学もできます。さすがにどんな状況の所なのかは知らないと住むのが怖いすしね。

家賃と光熱費も割り勘になるので、計算方法や設備を見て納得すればお願いして住む事が出来るようになります。

ただフラットによっては新しく来る人と面接をするというメンバーもいるので、凄くドキドキ感がありましたね。正直「部屋を探しに来たのに何しているんだろう」と思ってしまう事もありました。

このように例外もありますけど、代表者がはっきり決まっていて、その人が完全に大家さんとやり取りしてくれるのであれば手続きも必要ないので凄く簡単です。

家賃の支払いはどのようにするのですか?

支払いは代表者の人に月の家賃を現金で渡す形になります。

その時に先ほどもお話した光熱費を人数分で割り勘した金額がリビングなどに掲示されるので、そのお金も家賃と一緒に渡す事になります。

ちなみに家賃の相場は、治安のいい所では4人でシェアした場合1部屋6畳ぐらいで月400ポンド、日本円で8万円ぐらいなので結構高いです。

これが治安の悪い所になると250~280ポンドと半額近くまで下がるんですよ。

住人同士の交流も

何人でシェアしていましたか?

オーストラリア人やニュージーランド人は家賃を浮かす為に1つの部屋に6人で暮らしているケースがザラにあるんですが、私は大体3~4人でシェアしていました。

シェアしている人たちとは、リビングで一緒に過ごす時間が長くなるにつれて飲み会う仲になり、週末ごとに飲んで語り合ったりしました。

最初は気を遣っていたんですけど、慣れてくるとそういう事が全くなくなります。

中にはもちろん男性もいるんですけど、同じトイレやバスを使う事に関しても全然気にならなくなりますね。

フラットシェアのルールは最初から決まっていたりするんですか?

「伝言があったらこうするように」とか家賃などの支払関係についてなど、色々と細かいルールはフラットごとに決められていました。

個人が使っていいものとそうでないもの、シェアしていいものとそうでないものの区別なども決められていましたね。

他にはゴミ出しや掃除当番なども大体1週間交代でカレンダーに書かれていました。

フラットシェアをしていて何かトラブルはありましたか?

誰かと揉めたりした事はなかったんですけど、イギリスの家ってオートロックが多くて、しかも普通の鍵でもう1度閉めないといけないタイプなんです。

それで近所に買い物に行く時、鍵を部屋に置いたまま閉めてしまった事があるんです。階段で鍵を忘れた事に気が付きました。

その時住んでいたフラットはキッチンとリビングが通りに面していたので、外で誰かがリビングに来るのを待っていました。その日は冬の凄く寒い日だったので凍えましたね。

しばらくして一緒にシェアしていたアイスランド人の女の子がリビングに来たので、大声で名前を呼んで鍵を落としてもらった経験があります。

それぞれの生活習慣には気になる部分も…

家電も一式揃っているんですか?

家電に関しては必要に応じて揃える事も出来るんですけど、大体一式揃っていますし、足りないものは皆でお金を出しあって買ったりしていました。

それぞれの個室にはベッドが1つと机が1つに小さな本棚が1つ、それからワードローブが1つありました。寝具もついていて、シーツなども自由に洗濯して取り替える事が出来ました。

大体どこのフラットでも最低限それだけは揃っていました。

もちろん部屋の大きさはフラットによって異なりますし、部屋の鍵はかかる所とかからない所がありましたが、基本的に他人の部屋は勝手にあけないというのが暗黙の了解でした。

日本だと毎日洗濯する事が多いんですけど、イギリスはどうでしたか?

外国人のみなさんは溜めてから洗濯する事が多かったですね。後は食器も溜める事が多くて、キッチンに行ったら洗い物の皿が山積みになっていたりしました。

私はそれが気になったので時々1人で洗い物をしていて、「ありがとう」と言われたり、お礼にご飯を作ってくれたりしてくれました。

外国の方は溜めるのが習慣なんでしょうか?

あるイギリス人の方はお皿に洗剤を付けて1日放置した後そのまま使うと話していました。

それは洗剤がそういうものなのか、それともただ無精なだけなのか未だによく分からなくて気になっていたんですけど、他の人に聞いてみると意外とそんな感じらしいんです。

この件に関しては結局フラットシェアで解決しなかった謎ですね。

ちなみにそのイギリス人が、シリアル以外のものを食べている所を見た事がなかったです。健康に悪そうだし、栄養が偏るんじゃないかなと思って見ていました。

フラットシェアはお互いを尊重しあって

フラットシェアのメリット、デメリットはありますか?

メリットは圧倒的に家賃が安い事ですね。それから色々な国の人と生活する事で、普段中々味わえない刺激を受ける事が出来るのもメリットの1つです。

デメリットはプライバシーが完全に守られない事です。

電話の内容なども他の人に聞こえたりしますしね。

フラットシェアを考えている方へのアドバイスをお願いします。

外国で暮らす事を考えたら圧倒的にフラットシェアの方が家賃が安いですし、本気で英語を話せるようになりたければホームスティか、色々な国の人と交流出来るフラットシェアも楽しくていい経験になると思います。

日本国内のシェアハウスでも同じですが、フラットシェアの注意点はお互いを尊重しあう事です。

暗黙の了解というものも色々ありますし、基本的には見えないふり、聞こえないふりをする事がフラットシェアで生活する上で大切な要素です。

場の空気を読んだ対応で、上手に生活をして頂きたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

外壁塗装のプロに聞いた注意点とアドバイス

外壁塗装のプロへインタビューさせていただきました。外壁塗装をする際のオススメのサイトや業者の紹介、外壁塗装の塗料選びのコ...

インドネシアの駐在妻が使用人を雇った体験談をインタビュー

インドネシア駐在の家では使用人がいるのが当たり前です。常に人がいるというストレスのほかに、お金やコミュニケーションの問題...

住宅ローンについて地銀の担当者に聞きました

夢のマイホームを建てるためには、ほとんどの方が住宅ローンを必要としています。しかしいざ組むとなるとこれがけっこう難しい。...

初心者ですがDIYで棚やテーブルを作ってます

半年前からDIYに本格的にチャレンジし、今では庭の塀から自宅の床まで作れるようになったという男性にインタビュー。小さな怪...

イギリスのロンドンでフラットシェアをしていました

マンションなどを共有して住む、フラットシェアをイギリスでしていた方にお話を聞きました。家具などは揃っているので、スーツケ...

住まいカテゴリ 最新記事

ID1881

印象に残るプレゼントを買うならヴィレッジヴァンガードがおススメ

ヴィレッジヴァンガードのキャッチコピーは遊べる本屋です。限定品やユニークな雑貨などがごちゃごちゃと並べられているところ…
ID942

インドネシアの駐在妻が使用人を雇った体験談をインタビュー

インドネシア駐在の家では使用人がいるのが当たり前です。常に人がいるというストレスのほかに、お金やコミュニケーションの問…
ID1211

三井のリハウスで建売住宅を購入しました

建売住宅は注文住宅より安く購入できますが、モデルルームだった物件は、さらに雰囲気の良い家となっています。家は一生モノの…
ID1157

100円ショップ別のおすすめ商品をインタビュー

100円ショップはそれぞれのお店に特徴があります。また、日用品から食品、医療品等数多くの商品を売っています。後悔しない商品…
ID893

アズハウスで家を購入!想定外の出費が

一生において一番大きなお買い物と言ってもいいマイホームの購入。アズハウスという住宅メーカーで一軒家を建てられた方にイン…


Fatal error: Call to undefined function my_func_mokuji() in /home/minna-qa/all-interview.jp/public_html/wp-content/themes/allinterview_wk/footer-single.php on line 51