みんなのインタビュー注目の記事

高校生のお寿司屋さんのアルバイト体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高校時代に回転寿司のお店でアルバイトをしていた方に話を聞きました。2年間バイト漬けで遊ぶ暇もないほどでしたが、色々なネタやメニューに詳しくなれたそうです。積極的に人と話せる人が向いています。

回転寿司屋のアルバイトに応募した動機と面接について教えてください。

特にお寿司屋さんを希望していたわけではありませんでしたが、高校生のバイトを募集しているところが家の近くにはあまりなかったので、求人に応募しました。初めてのアルバイトでした。

面接はあまり堅苦しくはなく、どれくらい勤務できるか質問されて、長めの髪の毛を切れるかと聞かれました。

誰でもいいというわけではなかったと思いますが、まずやる気があれば誰でも採用するというスタンスのところで、あまり深く突っ込まれて質問されることはなかったです。

学生は、スケジュールがどうしても学校中心になるので、どのぐらい入れるかということは問われました。

その店は、学生をたくさん採用しているお店でした。できるだけ正社員を削って、バイトでまわしていく方針だったのだと思います。多分、経費の削減で、人件費を縮小していたのでしょう。

できるだけたくさんシフトに入ってほしいと、最初に言われました。僕はお金が欲しかったので、たくさんシフトに入りたいと言ったところ受かりました。

3か月の研修後、握りや軍艦も任されました

どんな仕事内容でしたか。

朝は11時からオープンですが、土日は10時に出勤して掃除など準備から始めて、まずはホールからシフトに入りました。

最初の3ヶ月は研修期間で、バッチにも研修生と貼ってもらって、全部先輩に教えてもらいながら、様子見の状態でした。

最初はお皿洗いだとか、ホール係をしました。お客さんの前に出て、本日のおすすめの説明やお味噌汁の説明をした後、握りの担当のところへお客さんをご案内する担当でした。

お寿司を作るために米を炊いて、それをシャリにしてお酢をまぜたり、レジ打ちもしました。

結構、仕事の流れがわかってできるようになってきたら、握りや軍艦など、職人が担当する仕事もやらせてもらえるようになりました。

職場は男性が多く、職人は1人だけ女性でした。職人の仕事もやってみたいと言っていたところやらせてもらえるようになりました。融通がきく職場でしたね。

部長が20年前ぐらいから銀座で修業したという人で、真面目にやりたいと言っていて、朝市も5時から行って、お魚を見て買ってきたりするような人でした。

アルバイトしていたのは、今から10年近く前なので、回転寿司屋さんですが、まだ人が握っていました。なので、握りも担当していました。今は機械でシャリが握られて、ネタをのせるだけだったりしますね。

一番大変だったのは、忙しい時間になると、お客さんからいろいろな注文がどんどん入ります。

僕のところに来た注文は、20貫ぐらいは覚えて、早い方からどんどんこなしていきました。

最初は忙しくない時間帯でやらせてもらいました。慣れてきたら少し忙しい時間帯に、先輩に助けてもらいながら担当するようになりました。

どういう年代のかたが働いていましたか。

60代ぐらいのおばあちゃんとおじいちゃんもいましたし、正社員は2~3人、だいたい30代前後の方でした。

あとは学生でまかなっている店だったので、学生が10人近くいました。年齢は15歳から20歳ぐらいの、高校生から大学生ぐらいですね。

男性が8割ぐらいで、女性は5名もいなかったと思います。

身なりのルールはありましたか。

職場から上下白い制服を貸してもらって、専用の帽子もありました。

髪の毛は、衛生的に問題があるので、女性は束ねるかできるだけ短くして、男性は短髪でした。帽子をかぶるのに、前髪を出したい人もいましたが、必ず髪は後ろまで、隠すようにしていました。

そういうところは厳しかったですね。制服は白いので、2週間もすれば汚れが目立ちますから、すぐに交換して、できるだけ綺麗に見た目良く、お客さんにアピールするようにしていました。

まかないは店長作!お寿司を食べるときは自腹です

まかないはありますか。

お昼は、店長がご飯を作ってくれました。カレーだとか麻婆豆腐だとか、いっぱい作れるものでした。

お客さんに出すものだからということで、お寿司ではなかったですね。会計で最後に合わなくなると困るので、お寿司を食べたいのなら自分でお金を払うように言われていました。たまに食べたいときは、100円、200円払って食べていました。

月にどれくらいお給料は出ましたか。

平日は夕方6時から10時までの4時間、土日は朝10時から夜10時まで、休憩2時間含めて12時間ぐらい働いていました。

お休みは学校が終わってからの半日の休みだけで、安くても5万円はもらっていました。平均で7万円ぐらいでした。夏休みだとたくさん働けるので、200時間近く働けました。

ただ、田舎だったので、時給は650円でしたので、200時間近く働いても10万円いくかいかないかぐらいでした。

学業との両立は大変ではなかったですか。

大変でした。夜遅くまでバイトして、朝起きるのがしんどかったです。

僕は部活をしていなかったので、夕方4時くらいには帰宅して、ご飯を食べて、すぐにバイトに行っていました。あまり学生らしくない、生活だったと思います。

しかも土日はほぼ10時間立ち仕事ですし、お皿洗いも、ごちゃごちゃとあるテーブルを片づけて、走り回るような忙しい内容なのでした。

ご飯を炊くといっても、3升の大きなお釜で、2~30kgあるものを1日何回も炊くので体力も必要でした。

それに学生だったので遊びたい気持ちもありました。約2年間バイトをしましたが、その間お金は溜まっていくばかりで、使う時間がありませんでした。

お米の量と手順を覚え、家でも握りの練習。

職場で求められることはありますか。

僕の店では、できるだけシフトに入ってほしいということでした。

暇な曜日は水曜日で、土日は家族連れで混みますし、金曜日は次の日が休みだからか、やはり混みました。

水曜しか暇な日がないので、その辺りで休みをもらって、あとはほぼ毎日入っていました。

意欲があってどんどん仕事をしてくれる人が求めれらていました。

アルバイトだったので特に資格は求められません。ですが、握りがやりたいなら、練習を家でやる必要がありました。

だいたい、お米ぐらいの綿、布をまるめたものを渡されて、握るときにこのぐらいの量をつかめばいいという、大きさの感覚をつかむように指導されます。

握り方も手順が決まっているので、3つの手順をしっかり覚えて、その練習を家でやるようにと言われていました。

困ったトラブルはありましたか。

僕が働いていた時期よりも後に、お客さんに食中毒の症状が出たことがあったらしいです。そういうことがもし働いていた時期にあったら、大変だったろうなと思います。

衛生面はすごく大切なところだと思います。注意してやっていたと思いますが、それでも出てしまうので、食品の管理はすごく大変だなと思います。

朝まず出勤したら、アルコールで手を洗って消毒して、握りの人は握る前には絶対に手を洗ってから握っていました。洗剤はつけたくないので、水洗いです。

暇さえあれば、アルコールで消毒していました。何が原因だったかは、わからないです。

前日のものを冷蔵庫にしまって次の日出すこともありました。色が悪くなってきたら火を通せばと言って、炙るなりしていましたが、そのあたりかなとも思います。

楽しいと思えることはありましたか。

接客だったので、お客さんに美味しいと言ってもらえたときは嬉しかったですね。チームじゃないですけど、寿司屋一丸となって、1つの目標を持ってやっていました。

そういうところはサービス業ならではなのか、面白いところでした。

最初はサービス業はあまり乗り気ではありませんでしたが、やってみたら楽しいですし、話すことも好きになりました。積極的な性格にもなれたと思います。

寿司を握るのが好きで積極的に話せる人が向いています

働く上で注意するポイントはありますか。

コミュニケーションが必要ですね。何かミスをしても、隠さないで言わないと、後々で大きくなってしまうと思います。

体育会系なノリの職場だったので、うじうじしていても困るだけでした。何かあったら声に出して言ってもらわないといけないところがありました。

性格が内気で、周りから何がしたいのかと聞かれたときにうじうじしてしまうと、あまりなじめません。積極的に話せる人だとこの仕事には向いていると思います。

あまり話せない人は、自分ダメだなと思ってしまったりして、続けられないかなと思います。

それから長く続けるためには、寿司を握るのが好きじゃないと続けられないかなと思います。

正社員になったら、朝が早くなって、朝市に連れて行かれることになると思います。魚を見にいってどういう魚がいいのかなとか、そこまで踏み込めるなら、続けられるかなと思います。

最後に、お寿司屋さんに興味がある人へのアドバイスをお願いします。

僕はバイトがしたかっただけで、あまり、お寿司屋さんに興味があったわけではなかったですが、やってみたら、いろんなネタ、お寿司やメニューに詳しくなれました。

中学生の頃には、食べようとするのはマグロとサーモンだけでしたが、いろんなものを食べたいと思うようになりました。

お寿司に興味があれば尚更、もっと深い知識を得られるので、楽しいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

ファミレスのガストで4年間のアルバイト体験談

誰もが一度は行ったことがあるファミリーレストラン。そんなファミリーレストランで4年間アルバイトをしていた方にお話しを伺い...

初心者でも面接に受かった歯科助手のお仕事体験談

歯科助手としてアルバイトをしていた方に話を聞きました。全くの初心者で飛び込んだ世界で苦労したことは?実際どんな仕事をする...

無印良品でアルバイトをしていた女性に働くメリットをインタビュー

シンプルで信頼できる品質が人気の無印良品の製品。そのお店で働いていた女性に、無印良品の魅力をききました。商品の良いところ...

シュークリーム店のビアードパパでアルバイト体験談

女の子だったら誰でも一度は憧れたことがある、スイーツショップでのお仕事。今回はシュークリーム屋さんで実際に働いた方のイン...

スーパーのレジ打ちアルバイト体験談インタビュー

学生や主婦に人気のバイト、スーパーのレジ打ちをした方にインタビューしました。お金の受け渡しミスやお客様対応など大変な部分...

パート・アルバイトカテゴリ 最新記事

ナンバーワン

人気アルバイト求人サイト5社を調査して頂いた方へインタビュー

バイトル、タウンワーク、ジョブセンス、マイナビバイト、フロムエーの5つの有名アルバイト求人サイトを調査して頂いた方へイン…
ID1865

思ったよりもきつかった?テレアポの高給アルバイト体験談

一般のご家庭にとにかく電話をかけるテレアポはすぐ電話を切られますし、時には怒鳴られることもあります。時給は良かったので…
ID1054

ファストフード店でアルバイトをしていました

ファストフード店のアルバイト体験談です。お客さんやマネージャーに迷惑をかけてしまう失敗もありましたが仲間とのコミュニケ…
ID711

高校生のときマクドナルドの厨房でアルバイトしていました

マックで他と違う制服の方を見かけたことはありませんか?それは店員さんのランクの違いです。その他、厨房事情や人間関係など…
ID735

宴会コンパニオンのアルバイト体験談

綺麗な言葉遣いと良いサービスが求められる宴会コンパニオンについてインタビューしました。会話力や基本的なマナーなどが身に…


Fatal error: Call to undefined function my_func_mokuji() in /home/minna-qa/all-interview.jp/public_html/wp-content/themes/allinterview_wk/footer-single.php on line 51