みんなのインタビュー注目の記事

瀬戸内海を渡るカーフェリーの客室乗務員で8年勤務

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーフェリー会社で客室乗務員として働いた方にお話を聞きました。1回の勤務期間は4~6泊で、船内の業務全般を担当します。旅行が好きで体力に自信がある方に向いているお仕事です。

学校で薦められて応募

どんな船で働いていたんですか?

瀬戸内海を走って大分と神戸の区間を繋ぐ船です。少し大きめのカーフェリー会社で働いていました。カーフェリーは自動車ごと、旅客や貨物を運航します。

新卒採用の求人が学校に来ていて、担任の先生からここはどうかと薦められたのがきっかけでした。

正社員で待遇が良かったのと、船会社は面白そうだと思ったので応募してみたんです。

面接はどうでしたか?

待合室では体が硬直して震えるくらい緊張していました。でも実際に面接室に入ったら逆にリラックスできて、4、5名の集団面接だったんですけど楽しく受けられました。

面接で面白いなと思ったのが、家に馬か牛は飼っていますかと聞かれたことです。笑ってしまったら「面白いですか?」と聞かれて「はい、何か関係あるんですかね?」と答えました。

朝の早い仕事だから、家で馬や牛を飼っている人は慣れているからと採用の対象になったりするらしいです。

瀬戸内海を渡って

仕事内容はどんなことがありますか?

船内の業務全般です。甲板部、機関部、事務部と職務が分かれていて、私は事務部に所属していました。

事務部の担当は案内所やレストラン・売店での接客業務から客室の掃除です。

だいたい4泊5日から6泊7日間、船に乗りっぱなしの勤務です。

酔ったりはしませんか?

私は乗り物酔いが激しくて、先生に薦められた時も乗り物酔いするけど大丈夫かなと一瞬躊躇したんです。

でも実際に入社してみると瀬戸内海ですからそんなに波も強くないですし、当初は酔っている暇も無いくらい忙しくて大丈夫でした。

ずっと同じ場所に留まっていると酔いやすいのかなと思いますけど、あちこち歩き回っているとそれほど揺れを感じなかったです。

余裕ができた頃には慣れていました。

でも台風の時はさすがに酔いましたけどね。

どんな年代の人が働いていましたか?

男性は年配の方が多くて、女性は高校の新卒から20代前半が主でした。

客室乗務員は相部屋で先輩と4人部屋

何泊かするということですが、寝る部屋はそれぞれにあるんですか?

男性は船の地下で寝て、女性はキャプテンとか上格の船員さんと同じ一番上の区画で寝ていました。ドアがあって、ここからのスペースは女性社員の部屋というように、ちゃんと離れているんです。

私が入社した当初は相部屋で、先輩と4人で同一の部屋でした。仕事が終わっても先輩と一緒でプライベート空間がなく、仕事中も先輩と一緒で気を遣いますし、つらかったです。

2段ベッドが部屋の両脇にあって、先輩達はすぐに起きられるように下のベッドでした。

上のベッドは気を遣わないといけないですし、あまり動けないから新人用なんです。それでも、カーテンを閉めて自分のベッドに入った時が一番気が休まる時でしたね。

清潔感のある格好を

どんな服装で働いていたんですか?

制服がありまして、白いブラウスにジャケット、下はキュロットスカートで正面からみると巻きスカートに見える形でした。あとは明るすぎる髪色は禁止されていました。

マニキュアも禁止なんですが、洗い物すると爪が弱い人は割れちゃうんで、透明のマニキュアくらいだったら良いということになっていました。

ただレストラン業務もあるので清潔感第一で、爪は常に短く切っていないといけませんでした。

仕事で求められることはありますか?

乗客の数に比べて乗務員の人数が少なかったので、色んな仕事を広く浅くこなす人が求められていました。

案内所、売店、レストランなど全ての業務を日替わりでこなすんです。

1航海の間でも他の部署を手伝いにいくこともあったのでオールマイティ―に動ける人が求められています。

全ての用語や業務を完全に覚えるまでには1年くらいかかりました。でも当初は楽しくて仕方なかったです。

勤務シフト制で12時間くらい働いてました

体力は必要ですか?

体力が無いとまず無理な職種です。

今は寄港便がなくなって直行便になっているので睡眠時間も長く取れるようになりましたが、入社した当初は小刻みで、長くても4時間くらいの幅でしかありませんでした。

私はすぐ寝られるタイプなので大丈夫だったんですけど、寝られない子は体力面で駄目になって辞めていました。1年も持たなかったです。

私はたぶん体質的に合っていたんだと思います。船の揺れですぐに寝られました。合わない人はつらいですね、クマ作って辞めていく人が多かったです。

忙しい時間帯や曜日はありますか?

連休前後とお盆正月ゴールデンウィークは忙しかったです。

あとは大型の乗務員さんがいた関係で、金曜日の下り便と日曜日の上り便はいつも忙しかったです。

困ったトラブルはありますか?

お酒を飲んで絡んでくるお客様には困りました。

酔っ払って吐いたり、案内所に来てぐちぐち文句を言う方がいらっしゃいました。

なんとか丸めこむんですけど、手に負えない場合は上司を呼んで「すみません、助けてください」とお願いしましたね。

楽しいと思えることはありますか?

特殊な仕事で、今日は大分、明日は神戸と違う風景も見られますし、毎日オフィスに通うのとは違って気晴らしになるので楽しかったです。

あと私は案内所業務が多かったんですけど、お客様に感謝の言葉をいただくのが凄く好きで嬉しくて楽しくて、やってて良かったなと思いました。

例えばお財布をお忘れのお客様にコンタクトを取ってお届けしたら後日手紙が来たり、クレーム対応にあたったお客様がその後長いお客様になってくれたり、顔見知りのお客様が増えたり。

ありがとうと言われるとやっぱり嬉しいですよね。

収入と航海手当て

1日のどれくらいの時間働いていますか?

入社した当初は寄港便だったので朝4時半から夜0時くらいまでの間をシフト制で12時間から13時間くらい働いていました。もちろん手当ても出ます。

辞める前の3年間くらいは直航便になったので、朝の6時から夜の10時半くらいまでの間で8時間くらいに減りました。

休みは曜日で決まっていませんので、1航海が2泊3日で、だいたい2から3航海働いて1、2航海休みというサイクルでした。

休みの日は完全にフリーで、銀行振り込みなどの航海中にできない用事をまとめて済ませたり、旅行に出かけたり友達と会ったりしていました。

収入はどれくらいですか?

手取りで26万円から27万円くらいでした。でも時間外手当てや航海手当てや休日手当ても入っているので本給自体はそんなに高くなくて、20、21万円くらいです。

手当で給料の金額が上がる形でしたね。

働いて良かった事、イマイチだった事はありますか?

売店、案内所、レストランなど、色んな仕事が経験ができて良かったなと思います。

あとは、仕事の日は完全に船の中で過ごす分、休みは最低2日間あって、船が出航してしまえば電話で呼び出されることも全くないので、オンとオフの切り替えがもの凄くはっきりしているのが好きでした。

ただ、アフター5の時間が無いのはいまいちでしたね。

普通の会社だったら夜、食事や飲みに行ったりできますが、私は完全に休みでないと行けないのがちょっとつらかったです。

それでも私は船舶の仕事が好きでした。

特殊な仕事だし、出発前の乗船手続きの時はちょっと気持ちが沈むんですけど、下船の時の解放感が凄く好きで、楽しかったです。

人間関係が大事

働くうえで注意することはありますか?

家族よりも職場の人といる時間が長いので同社の人間関係は凄く大事です。人が合わないとまず続かないです。

向いているのは旅行が好きな人、体を使って働くのが好きな人です。

体力が無い人、ホームシックになりやすい人、環境が変わると眠れない人は向かないですね。

この仕事は長く働ける仕事ですか?

仕事に慣れて体質に合うかどうかと、人間関係次第ですね。

長い人は長くて、15年という先輩もいました。でも私の同期は1年で2人しか残っていなかったです。

私は8年半勤めてから退職しました。

他にやりたい事もありましたし、この仕事は体力勝負のところがあって、大人でも割と若い人向けで、そろそろ潮時かなと思ったのが辞めた理由です。

興味がある人へアドバイスをお願いします。

特別な資格がなくても、必要最低限のマナーがあれば出来る仕事です。

でも、ほとんど新卒採用なので中途での入社は少し難しいと思います。

どうしても入社したいという場合、直接会社に問い合わせればひょっとしたら空きがある場合があるので、契約社員として雇ってもらえる可能性があります。行動あるのみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

不動産会社で賃貸営業を5年していた女性にインタビュー

不動産会社で賃貸の営業をしていた女性にお話を聞きました。ノルマの厳しい時代、残業代も付かない中で頑張った5年間で、コミュ...

葬儀司会者になるために一番必要な事を現役司会者に聞きました!

葬儀を滞りなく進行していく葬儀司会者。穏やかな声で話しているその裏側に、私たちの知らない苦労や努力があるようです。葬儀司...

運送会社で1年間事務員をしていた女性にインタビュー

運送会社というと、いかついドライバーが沢山いて、なんとなく荒っぽい印象。その中で1年間事務員をしていた女性にインタビュー...

未経験でも年収500万円!JRの軌道整備士で6年働きました

電車の線路の修理や交換をする軌道整備士のお仕事についてインタビューしました。仕事が忙しければ月々のお給料もアップしますが...

大手自動車ディーラーの受付業務についてインタビュー

大手自動車ディーラーの受付と言ってもお飾りのような受付嬢ではなく、洗車や配車、整備士の資格取得など様々な仕事が。そんなお...

正社員カテゴリ 最新記事

goto108

転職エージェントを使った転職活動のコツをキャリアコンサルタントへインタビュー

某大手人材紹介会社で転職支援サービスでお仕事されている方へ転職エージェントの基礎知識から上手な活用法。さらには転職成功…
ID2496

お客様の喜ぶ顔がうれしい!ネイルケア専門サロンで働いていました

爪のケアやマッサージをするネイルケア専門店のお仕事は研修料がかかりましたが、役立つ知識が身に付きます。コミュニケーショ…
ID695

生鮮野菜・果物を扱う貿易会社で事務をしていました

様々な国と取引をする貿易会社の事務仕事についてのインタビューです。語学力だけでなくパソコンの基本的知識や貿易に関する法…
ID575

未経験でエステティシャンの正社員になった体験談

女性をきれいにする職業、エステティシャン。一度は憧れたことのある方も多いのではないでしょうか?実際のところ収入はどれく…
ID536

英語力を活かして貿易会社事務正社員で10年勤務

貿易会社の事務として、海外のお客様の対応や自社の社員のサポートをしていた方にお話を聞きました。パソコンスキルと英語力が…