みんなのインタビュー注目の記事

長久手温泉ござらっせとあぐりん村が大好き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県長久手市の日帰り温泉施設についてインタビューしました。インターから近く、地下鉄と無料のシャトルバスで行くこともできます。食事も美味しく、お子さんや漫画好きの方にもおすすめのリーズナブルな施設です。

長久手市にある日帰り温泉施設ござらっせ。自噴の天然温泉

――どちらの温泉に行かれましたか。

名古屋市の東側にある長久手市というところにある、長久手温泉のござらっせという日帰り温泉施設です。

家族が、温泉がすごく好きで、近くにある日帰り温泉施設を調べていて知ったのがこの施設だったんです。

名古屋市内などには天然温泉で営業しているところってなかなかないんですが、この長久手温泉は自噴の天然温泉を使っています。

それが分かってから頻繁に行くようになりました。

お湯自体はサラッとしたお湯であまり特徴はないんですけど、天然温泉なので柔らかいというか、刺激の少ないお湯です。

自宅から近くて、車で10分ぐらいです。

――遠くから行くにはどういうアクセスがありますか。

車で行く場合、高速道路の長久手インターというところがあります。東名高速道路のジャンクションから入れる名古屋瀬戸道路というのが通っています。

長久手市には、以前、「愛・地球博」という万博が開催された万博公園があります。

長久手インターを降りて右側に走っていくとその万博公園があり、インターを降りたらまっすぐ走って行けば5分ぐらいで着くことができます。

電車の場合は近くに駅がなくて、名古屋市の東山線という地下鉄の終点の藤が丘駅というところで下りると、無料シャトルバスが1時間に2本ぐらい出ていたと思います。それでここまで来ることができます。

長久手市民は150円割引。メルマガでさらにお得

――よく利用されるんですか。

大体毎週末に行っています。というのも、長久手市民だと、住所の分かるものを提示すれば150円割引になるんです。

700円かかるところを、入湯税の分が免除されて550円で入れます。毎週末とか、週に1回平日に、娘を連れて2人で行ったりもします。

子供を連れて行っても、ベビーベッドも脱衣所にあるので、そこで着脱することができますし、娘も生後3ヶ月位から通っています。

地元の方が多いので、娘を抱きながら自分の体を洗っていたりすると、抱っこしといてあげる、と声をかけてくれたりして温かく見てもらえます。

それがすごく有難くて、よく通っています。小さい子供連れさんも多いです。

――入湯料を改めて教えてください。

大人が700円です。子供もお金は要りますが、時々キャンペーンもあって、土日祝日に、子供は無料だとかいうこともあります。

メールマガジンに登録しておくと、キャンペーンの日を教えてくれて、この日は子供さん無料ですよとか、回数券がお得な期間があって買いに来てくださいというような、お知らせをもらえます。

使い方によってはすごく安く入ることができます。

――営業時間や定休日は?

月に1回、第1月曜日が休みです。営業時間は朝の9時から夜の11時までです。

結構遅い時間まで開いているし、ご飯を食べた後に行こうかということもできたりするので、かなり重宝しています。

サウナにはロウリュウのサービスも

――温泉以外の施設などもあるんですか。

温泉施設の館内にはお食事処が1つあって、そこは長久手市で取れた野菜とか地の物を使った食事をとることができます。

ちょっとした宴会スペースもあって、送迎バスとパックのプランで結構安く宴会ができます。

それからサウナの中で大きな団扇を使って熱風を送ってくれるロウリュウというサービスもあって、しっかり汗をかくことができます。

建物の外になると、駐車場を挟んだ向かいに「あぐりん村」というのがあります。

この近郊の名古屋市とか尾張旭市とか西尾市などの農家さんが、あぐりん村に朝どりの野菜を持ってきて、売っているという、農産物直売所のような施設です。

肉や魚もちょっとあるし、地元の方が漬けた漬物なども販売しています。ここは野菜も安かったりするので、週に2~3回は行っています。

――おすすめの食事はありますか。

温泉施設の中にお座敷や普通のテーブルなど、くつろぎながら食べられるスペースがあります。

食材の野菜はすべてあぐりん村で出荷されたものを使って作られていて、おそばなどがすごく美味しくて、よく食べています。

それからもう1つイタリアンのレストランのお店も入っていて、ピザとかパスタとか、かなり本格的で、旬の野菜を使って作られているので、すごく味がしっかりしていて美味しいです。

1000冊の漫画が置かれたコミック&くつろぎコーナー

――おすすめの休憩スペースはありますか。

普通の畳の上に大きなチェアみたいなのが置かれていますから、そこでのんびりすることもできます。最近できた施設では、コミック&くつろぎコーナーというのがあります。

無料で入れて、リクライニングのソファみたいな椅子がたくさん置かれていて、漫画が1000冊ぐらい置かれているんです。

温泉に入って、ちょっと漫画をのんびり見て、また温泉に入るということもできるようなスペースです。かなり好評らしいです。

温泉付きで、700円で温泉に入れて漫画が読み放題というのは、漫画好きの方にはすごくいいんじゃないかなと思います。

向かいの「あぐりん村」では新鮮な地元の野菜が豊富

――あぐりん村ではどんなものが買えますか。

先ほども言ったように、野菜ですね。スーパーの半額ぐらいで済んでしまいます。

地元の方が作って持ってくるような野菜なので、朝とれた物をその日のうちに買って調理することができるのがいいです。

旬の野菜ばかりで、なかなか普通のスーパーに売ってないような西洋の野菜のような、面白い野菜も売られていたりします。

例えばロシア料理によく使われるカブみたいなビーツという野菜とか。それからハーブもすごく種類が豊富です。

自宅では西洋料理を作ったりするんですけど、この野菜あるかなと思った時には、あぐりん村に行って探すと割とあったりします。

旬の野菜はもちろんですけど、そういう珍しい野菜も売っていたりするので、ここはかなりよく使っています。

卵もこだわりの農家さん、卵屋さんが持ってきていて、味が美味しいんです。

調理せずに普通に卵かけごはんで食べたいというような、黄身が立つというか、すごく美味しい卵も出ています。

フルーツも旬のものが運ばれて来ていて、そういうのって全部栄養があって旨味がしっかりありますから、娘は野菜があまり好きじゃないんですけど、ここのだったら絶対食べられます。

――そんなに味に違いがあるんですか。

違うみたいです。トマトも、なかなかスーパーで買ってきたものって食べてくれないんですけど、ここのトマトはガツガツ食べてくれます。それぐらい農家のこだわりの野菜が並んでいます。

――おすすめ商品は?

野菜はもちろんですけど、地元の方が漬けたお漬物のコーナーがあって、家庭の味がそれぞれ出ていてすごく美味しいです。とても自分ではこんなに上手に漬けられないというようなものがあります。

小さいパン屋さんがあるんですけど、長久手市って米粉を売りだしているんです。

米粉を使った料理を打ち出していて、農家さんで取れた米粉はあぐりん村にもたくさん販売されています。それを使って作った米粉パンがたくさん並んでいます。

すごくもちもちしていて、旬の野菜もパンに取り入れられてピザだとか、カボチャの時期だとカボチャのクリームのパンだとか、そういうものが出ていて美味しいです。

お弁当もすごく美味しいんです。お弁当もそこの野菜を使って作っているので、ヘルシーで美味しいです。

炭酸泉、露天風呂、地場産の野菜も魅力。フリマのイベントもあります

――ここで1日遊べそうですね。

そうですね。結構イベントも土日ごとにやっていて、フリーマーケットをやっていることもあります。

また、あぐりん村の方には前に広い芝生スペースがあって、昔のおもちゃみたいなものが置いてあるんです。

竹馬とか竹ぽっくりとかホッピングとかがあって、子供を遊ばせるのも結構楽しいです。

そこで遊んで、お弁当を買って食べる時もあるし、温泉施設の中で食べることもあります。それから温泉に入ってゆっくりくつろいで、1日十分遊べます。

――1日遊んで帰るとお金はどの位使いますか。

温泉を含めて3千円ぐらいだと思います。

芝生広場で遊ぶのは無料ですし、施設の奥に割と知られてないスペースがあって、ビオトープといって人口の小川みたいなものが流れていて、そこにカエルとかヘビとかトンボとか、色々な生き物がたくさんいたりします。

普段カエルなどは触る機会がないんですけど、子供もそういうところに行って見つけると喜んで、虫を捕まえたりして楽しく遊んでいます。

子供を遊ばせるには、無料で本当に1日中、さんざん遊ぶことができるので、楽しいです。お金を使うと言っても温泉と野菜を買うぐらいです。

――長久手温泉の魅力は?

温泉に限っていうと、割といろんなお風呂が楽しめます。

普通のお風呂もあればジャグジーみたいなものから、人工ですけど炭酸泉もあるし、露天風呂もあります。

何より地元の方が多くて温かい感じで、故郷の温泉に帰って来た感じがするお風呂なので、ゆったりくつろげると思います。

――これから長久手温泉へ行こうとお考えの方へアドバイスをお願いします。

温泉が目的ではあるかも知れないですけど、それ以外にも楽しめるものがあります。そこを見落とさず、しっかり遊んでほしいと思います。

くつろぎのスペースも充実していますし、700円で入館しても1日十分温泉だけでも遊べます。何を食べても美味しいです。地元の野菜を使ってこだわって作っているので、食事も楽しめます。

何より地場産の野菜を買うことができたり、作っている人も時々来ていたりするので、野菜の良さを直接聞けるという魅力があります。

ここなら食と温泉に関してはすごく充実した時間が過ごせると思うので、ぜひ行ってみたらいいんじゃないかなと思います。

■長久手温泉ござらっせ あぐりん村
http://www.nagakuteonsen.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

岩盤浴に10年通い続けている女性へインタビュー

女性はいつまでもきれいでいたいと思うもの。様々な方法が氾濫する中岩盤浴に興味がある人もいるのでは?そこで実際10年通い続...

冷え性、腰痛の方に岩盤浴がおすすめです

最近、サウナに変わって注目を集めているのが岩盤浴ではないでしょうか。今回は、岩盤浴へ通われている方にインタビューを行いま...

岩盤浴と酸素カプセルで新陳代謝に相乗効果が

美容やアンチエイジングに力を入れる女性たちに人気のサービス、岩盤浴や酸素カプセル。実際に体験した女性にその内容や効果につ...

リッチなスーパー銭湯!神戸市の「有馬温泉 太閤の湯」

神戸市の温泉街にある「有馬温泉 太閤の湯」は駐車場完備で無料シャトルバスあり、駅から徒歩10分という立地です。費用は高め...

長久手温泉ござらっせとあぐりん村が大好き

愛知県長久手市の日帰り温泉施設についてインタビューしました。インターから近く、地下鉄と無料のシャトルバスで行くこともでき...

銭湯・岩盤浴カテゴリ 最新記事

ID1680

リッチなスーパー銭湯!神戸市の「有馬温泉 太閤の湯」

神戸市の温泉街にある「有馬温泉 太閤の湯」は駐車場完備で無料シャトルバスあり、駅から徒歩10分という立地です。費用は高め…
ID1121

屋上から神戸の夜景が見渡せる万葉の湯

最近、気軽に温泉気分が楽しめるとして人気急上昇なのが、スーパー銭湯です。そこで今回は、「万葉の湯」を実際に利用された方…
ID1021

酵素浴の効果についてインタビュー

醗酵した米ぬかやおがくずの中に体を埋めて発刊する酵素浴は、肌のくすみやむくみが取れるそうです。料金はお高めですが一度で…
ID1020

冷え性、腰痛の方に岩盤浴がおすすめです

最近、サウナに変わって注目を集めているのが岩盤浴ではないでしょうか。今回は、岩盤浴へ通われている方にインタビューを行い…
ID621

岩盤浴と酸素カプセルで新陳代謝に相乗効果が

美容やアンチエイジングに力を入れる女性たちに人気のサービス、岩盤浴や酸素カプセル。実際に体験した女性にその内容や効果に…


Fatal error: Call to undefined function my_func_mokuji() in /home/minna-qa/all-interview.jp/public_html/wp-content/themes/allinterview_wk/footer-single.php on line 51