みんなのインタビュー注目の記事

うさぎの飼い方について聞きました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピーターラビットのモデルといわれるネザーランドドワーフというウサギを飼っている方にインタビューしました。可愛らしい仕草が魅力のウサギは、鳴かないし世話も比較的簡単なので、ペット初心者にも向いている動物のようですよ。

性格もウサギの種類によって違う?!シュッとしたピーターラビットのモデルになったウサギに一目ぼれ

―――ウサギを飼う事になったきっかけを教えて下さい。

子供が飼っているトカゲの餌を買うためによくペットショップに行っていたのですが、その時にいつもウサギを見ていて、そこにいる子ウサギが可愛くて飼いたいなと思っていたんです。

ある日、今飼っているウサギを見た時に「この子を絶対に飼いたい!」と強く思い主人に飼いたいとメールをすると、「今日買ってきても良いよ」と返信が来ましたので飼う事にしました。

いろんなウサギがいたのですが、多分入荷したばかりの今飼っているウサギに一目惚れしましたね。

子ウサギはみんなそうだと思うのですが、毛並みがフサフサで可愛かったのと、ガラス越しに見ていると寄ってきたりして、その見た目というか仕草に一目惚れしました。

―――以前にもウサギを飼った経験がありましたか。

子供の頃に実家で雄と雌の1羽ずつ飼っていました。あと、独身時に一人暮らしをしていた時に雌を1羽飼っていてました。

でも、その子は8年ぐらい生きていましたので、今の家でも一緒に暮らしていたのですが、死んでしまって5年ぐらいになります。

―――8年というと結構長生きするのですね。

長いと10年生きたという話を聞いた事があるのですが、平均5年~10年ぐらいだと思います。

―――今飼っているウサギの種類と性格を教えてください。

ネザーランドドワーフという種類の雄で、ピーターラビットのモデルだったそうです。シュッとしていています。

この種類のウサギはやんちゃだと本で読みました。家のウサギもその通りで、自分が好きなように遊びたいのか、かまったりするとピョンピョン逃げて、甘えたくなると撫でてという感じで寄ってきます。

ですので、私のイメージではネコの様な感じで気まぐれです。そして、ゲージから出すと飛び跳ねています。

今まで飼っていたウサギはゲージから出てもジッとして、「いつでも触っていいよ」という感じで、触っても身を委ねるように甘えていましたね。

前のウサギはミニウサギといって、穴ウサギの種類だとペットショップで聞いて飼ったのですが、多分雑種になると思います。性格も種類によって違うと思います。

ウサギ用のトイレ砂は消臭タイプ!役に立つアイテムはお散歩用のリード

―――どの様なペットショップでいくらで購入しましたか。

犬や猫や魚なども売っている結構大きいペットショップで30,000円ぐらいで買いました。前のウサギは9,800円ぐらいでしたので、だいぶ高いと思いましたね。

犬や猫の様な血統証は貰っていませんが、岡山県で生まれたなどが紙に書かれていました。

―――そのウサギは何ヶ月の時に買いましたか。

3ヶ月ぐらいだったと思いますが、両手の掌を広げると乗ってしまうぐらいの大きさでした。今では買って1年5ヶ月くらいで、20㎝くらいになって成長は止まっています。

―――ウサギを飼う時に揃えた物と必要なかった物を教えて下さい。

ゲージ、トイレ、餌入れ、固形の餌、牧草、トイレの砂、ゲージの下に敷くトイレシートの様なものと、ゲージに着けて水が飲めるボトルなどを購入しました。

ゲージは必ずいるという事と、トイレの砂は消臭タイプを使用しているのですが、おしっこの臭いがしなくなって良かったと思います。

特に役立ったのは、後で買い足したのですが、逃げる心配があったのでお散歩用のリードは買って良かったと思います。たまに河原に連れて行くのでとても役立っています。

でも、ウサギをお散歩している人があまりいないせいか、道行く人に「何かな?」と思われているのか、近づいてウサギだと分かるとビックリされます。

ウサギを飼うための物がセットになった物を買ったのですが、1キロ1,000円以上する餌が入っていて、そんなに高くなくても良いと思いました。今は3キロで500円~800円の餌を食べさせています。

あとは、牧草を円形のゲージにぶら下げるタイプの入れ物に入れていて、最初は遊べるので良かったのですが、大きくなるにつれてゲージが狭くなってしまったので必要なかったと思います。

今はスリムな縦型のタイプを使っています。

―――いろいろ買ったと思いますが、全部でいくらぐらい掛かりましたか。

全部でかかった費用は、1万円弱のゲージなどのセットとウサギと合わせて4万円ぐらいになります。

お世話やトイレのしつけ、掃除も意外に簡単?!

―――ウサギを飼う前に、本やネットなどで情報を調べたりしましたか。

元々飼った事がありましたのである程度は知っていましたが、子供たちにもウサギの事を知って貰いたかったので、図書館で本を借りました。

あとは、私がウサギ好きだと知っている知人からウサギのマメ知識が載っているカレンダーを貰ったので読んでいました。

―――トイレトレーニングの方法を教えて下さい。

ちゃんと教えればトイレでしてくれます。おしっこを吸ったおがくずを新しいトイレに入れて、おしっこの臭いがする所でする事を教えていく感じです。

連れてきたその日からトイレでしてくれました。

―――おしっこを飛ばしたりはしませんか。

今のウサギは飛ばしませんね。

でも、実家で飼っていた雄と雌のウサギのうち雄の方が飛ばしていましたし、雌がいると飛ばすという話を聞きましたので、つがいで飼っている雄は飛ばすかもしれませんね。

―――おしっこの臭いはキツイですか。

消臭タイプの砂であればほとんど臭いませんが、5日間ぐらい放っておくと臭いがしてきますね。

―――掃除はどのくらいのペースでどの様にされていますか。

ゴミの日が週に2回ありますので、ゴミの日の朝にトイレの掃除をするようにしています。でも、夏場はキレイにした方が良いと思うので2、3回はするようにしています。

トイレの掃除方法は、汚れたものを捨てた後にトイレの底に新聞紙や布を敷いて、上から砂を掛けて付属の網を乗せて完了になります。

トイレ以外は、汚れている所は拭いています。ゲージの下に引き出しに草や糞が落ちていますので、敷いてあるトイレシートと新聞紙を、週に1回ぐらいのペースで取り替えるくらいで、毎日掃除する必要はないです。

―――ウサギの鳴き声や音は気になりますか。

ウサギは、ほとんど鳴き声は無いですが、外に出してあげないとゲージの中で飛び回ったりします。でも、カタコトと音がするぐらいなのでうるさくはないですね。

―――ウサギはどの様に鳴くのですか。

職場でウサギを飼っていて、多分ケンカをしていたのだと思うのですが、ブタが鳴くような鼻が鳴ったようなブーというのを聞いた事があります。

―――ウサギが怪我や病気をしないように気を付けている事はありますか。

爪が凄く伸びるのですが、爪と一緒に中の血管も伸びるらしく、爪が折れた時に出血する事あるらしいので、伸び過ぎないようにウサギ専用の爪切りで切ってあげいます。爪を切る時に嫌がったりするので、飛び跳ねないように足で挟んで抑えています。

切る時に、爪の中に血管があるのが分かるのですが、太い爪は黒っぽいので血管が見えにくいので、切る時は怖いですね。血が出た事もあります。

あとは、歯が伸び過ぎないように、かじるための木を入れています。

―――体を洗ってあげる事もありますか。

実家のウサギは洗っていましたし、主人も昔飼っていたウサギを洗っていたと聞いたので、一度だけ洗った事があります。でも、「ウサギは洗わない方が良い、洗ったら死んじゃうよ」という事も聞きましたので、あまり洗わなくても良いと思います。

ウサギは汚れる事があまり無くて、ウンチが緩い時に少しお尻に付いている事がたまにありますが、その時はお尻だけ洗ったり拭いたりすれば大丈夫だと思います。

あと、ウサギの毛は乾きにくくて、タオルで拭いてあげても次から次へと水が出てきますし、ドライヤーでも中々乾かないので、濡らすとけっこう大変です。

―――毛の生えかわりの時期などはありますか。

季節の変わり目で春と秋にありますね。

詳しい事は分かりませんが、今のウサギは若いからなのかあまり抜けませんが、前に飼っていたウサギは凄く抜けましたので、飼っている年数が長くなると抜けるのか、雌と雄の違いがあるのか、などはあるかもしれませんね。

可愛い仕草にメロメロ!でも空腹時は要注意?

―――ウサギが可愛いと思う時はどの様な時になりますか。

撫でて欲しい時に私の手の下に頭を入れてくるので、「あぁ甘えてるな」と凄く可愛いと思います。

顔を洗ったり耳の毛並みを直すような仕草がとても可愛いです。

あとはゲージで寝ている時に、私がそばを通るとゲージに手を掛けて立ち上がったりするので、そういう時も可愛いと思います。

―――人を噛んだり物を噛んだりはしませんか。

私と娘が1回ずつ噛まれました。

娘は怖がりながら手を入れて触ったりするので、怖がっている事をウサギが分かっているのか、餌をあげたりするときにワッと寄ってきてカプッと噛まれました。

私の時は、ウサギがお腹を空かしている状態だったのですが、先に掃除をしてしまおうと思って始めたら、怒ったのか噛まれました。

ゲージの外に出して遊ばせている時に、目を離したすきに壁をかじられて無残な姿にされたのと、ホットカーペットのコードをかじられた事もありました。

あと、夏の間イグサを敷いて、これはかじられるなと思っていたので目を離さないようにしていたのですが、出した瞬間に走っていって穴を開けられました。

ゲージの外に出すと色々とやられます。

―――ゲージの外ではどの様に遊んでいますか。

自由に離す感じで走らせたり、子供は工作などのあまりの木でトンネルなどを作って、走りそうな所に置いて遊ばせたりしています。

あとは公園などに連れて行って、色々な臭いを嗅がせたりしています。

―――甘えてきたりはしますか。

撫でてと手の下に頭を入れてくるのもそうですし、洗い物などをしていると足元を八の字に回ったりするので、「何かな?」と思っていたら、「一緒に遊ぼう!」という仕草らしいいので、甘えているのだと思います。

―――ウサギを飼っていて良かった事を教えて下さい。

子供たちが世話をすることで、優しい気持ちになったり、命の大切さを学んだりする機会になったと思います。また、小動物なのですが、家族の一員だと子供達が考えているのも良い事だと思います。

―――これからウサギを飼おうと思っている方へアドバイスをお願いします。

ウサギは鳴かないですし音も気になりませんし、世話なども簡単なので飼いやすいと思うのですが、命があるものなので、最後まで愛情を持って飼ってあげて欲しいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

オウムを30年飼っていた女性にインタビュー

人の話し方を真似るオウムについて、オウムの特性、驚くような賢さの他に、オウムを飼うための基本的な知識や注意点等を、オウム...

夜中に見つけた狸を動物病院に連れていきました

深夜、帰宅中にケガをした狸を保護しました。バスタオルにくるんでキャリーに押し込み、夜中にあいている動物病院を探し連れて行...

うさぎの飼い方について聞きました

ピーターラビットのモデルといわれるネザーランドドワーフというウサギを飼っている方にインタビューしました。可愛らしい仕草が...

動物シェルターARKでのボランティア体験談

兵庫県の動物シェルター「アニマルレフュージ関西」のボランティアは誰でもできます。基本的な仕事は犬の散歩で山の中を歩くので...

ペットカテゴリ 最新記事

ID1830

夜中に見つけた狸を動物病院に連れていきました

深夜、帰宅中にケガをした狸を保護しました。バスタオルにくるんでキャリーに押し込み、夜中にあいている動物病院を探し連れて…
ID1799

動物シェルターARKでのボランティア体験談

兵庫県の動物シェルター「アニマルレフュージ関西」のボランティアは誰でもできます。基本的な仕事は犬の散歩で山の中を歩くの…
ID648

オウムを30年飼っていた女性にインタビュー

人の話し方を真似るオウムについて、オウムの特性、驚くような賢さの他に、オウムを飼うための基本的な知識や注意点等を、オウ…